« 山本モナと巨人二岡選手のラブホテルろう城飲酒事件で山本謹慎処分。フジテレビはまるでスルー | トップページ | 暑苦しい鬱陶しい時期の清涼剤的お馬鹿話題「モナのラブホテルろう城飲酒事件」で、一人衒学嵌り込みの祭り状態の「世に倦む日日」が笑える »

2008年7月12日 (土)

iPhoneゲットの人たちやはり楽しそうで羨ましいね。マスゴミのゲット記事で笑えるのが変態記事で話題の毎日新聞

ネット上ではiPhoneを10数時間も炎天下の下並んでゲットし
たとの歓喜の声が満ちている。新しいモノ好きにとっては羨ま
しい限り。1年に1万円分通話のプリペイド携帯電話でさえ残
ってしまうほどのこちらとしては、必要もない携帯電話なのに
何だか無性に欲しくなって来るのが悩ましい。

姿形機能そっくりだが携帯電話機能のないiPodtouchでも買っ
て物欲を満足させるしかないかな。しかし、DAPはもう何台か
持っているしな。うーんどうするか。

表参道のソフトバンク店には並んでいる人たちの激励にソフト
バンクの孫社長が深夜にやって来たんだね。さすがアメリカ仕
込みのビジネスマン。ジョブズ張りのパフォーマンスだ。アッ
プルファンたちの心を掴むのが上手いや。

テレビニュースではNHKも含めてこの騒ぎを報道していたが、
iPhoneの機能の斬新さを短いニュース枠で上手く表現してい
たのはNHKだけだったような。担当の記者がわりにこの手の
電子製品に詳しいんだろうね。

ネットニュース見ていたら、各新聞も記者が並んで購入しての
記事を書いている。それを読んでみると、まるで電子製品音痴
の記者もいるようで、お前が取材に行くんじゃねえよと突っ込
みたくなるような記事もあった。

その典型が、変態記事騒動の渦中にある毎日新聞。その記事は
…………

11日に世界一斉発売されたアップル社の携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」。筆者も「ソフトバンク表参道」(東京都渋谷区)に15時間並んだ末に手に入れた。徹夜明けのぼんやりした頭のまま早速、使ってみた。【内田剛樹】
 まずは、カウンターで手続きを終え、手渡されたアイフォーンですぐにデスクに電話をする。電話のアイコンを押すと、パッドが数字のキーに切り替わった。「電話なんだ」と当たり前だが、何となく感動。
Eメールのアドレスの変更にも挑戦。だが、説明書を読んでも、どこを触ればいいかもわからず悪戦苦闘。原稿を書くため、いったん断念し、同僚に設定を頼む。同僚が、ソフトバンクモバイルのサイトにある設定方法の案内を見ながら、無事設定してくれた。メールを打つときの文字変換は、「あかさたな…」キーが表示され、「あ」を長押しすると、十字に「いうえお」と表示され、はじくように文字を選択できる。従来通りに「連打」でも変換できるが、アイフォーン式の操作の方が楽しい。
…………
なんてのが記事の一部。「同僚に設定を頼む」って、そんな奴が
記事を書いているってのがまず笑える。さすが変態記事も放置の
毎日新聞ってとこか。

これとは違ってかなり判って書いているのが時事通信の記事。購
入直後に書いているのに毎日新聞とはレベルがちょっと違うがな。

|

« 山本モナと巨人二岡選手のラブホテルろう城飲酒事件で山本謹慎処分。フジテレビはまるでスルー | トップページ | 暑苦しい鬱陶しい時期の清涼剤的お馬鹿話題「モナのラブホテルろう城飲酒事件」で、一人衒学嵌り込みの祭り状態の「世に倦む日日」が笑える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41812594

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneゲットの人たちやはり楽しそうで羨ましいね。マスゴミのゲット記事で笑えるのが変態記事で話題の毎日新聞 :

« 山本モナと巨人二岡選手のラブホテルろう城飲酒事件で山本謹慎処分。フジテレビはまるでスルー | トップページ | 暑苦しい鬱陶しい時期の清涼剤的お馬鹿話題「モナのラブホテルろう城飲酒事件」で、一人衒学嵌り込みの祭り状態の「世に倦む日日」が笑える »