« iPhoneゲットの人たちやはり楽しそうで羨ましいね。マスゴミのゲット記事で笑えるのが変態記事で話題の毎日新聞 | トップページ | サミット後世論調査でフクダ内閣支持率回復せず。さすがの御用マスゴミも実態を糊塗できず »

2008年7月14日 (月)

暑苦しい鬱陶しい時期の清涼剤的お馬鹿話題「モナのラブホテルろう城飲酒事件」で、一人衒学嵌り込みの祭り状態の「世に倦む日日」が笑える

山本モナのラブホテルろう城飲酒事件は、経済政策ゼロで原油価
格高騰、物価高騰にもなんの手だても出来ない薄のろボケジジイ
ウータン福田内閣下の閉塞するだけの政治状況下でしかも暑苦し
いばかりのなか、お馬鹿話題としてはマスゴミには格好のゴミシ
モネタ。世間の人もモナのちょっと間抜けなバンプぶりを楽しん
でいるだけ。過剰反応で大騒ぎし、バラエティからもモナを消し
てしまうマスゴミにはうんざり。

だいたいちょっと性道徳に欠ける男好きなハーフタレントが自由
恋愛で遊んだだけのどうでもいい話だ。たまたまニュースショー
のキャスターを自らの知性を把握も出来ずに身の程知らずにも引
き受けていたのが不味かった訳だ。そんなキャスターなんてのは
降板すれば良いだけだし、あとは自身のキャラを活かせるお馬鹿
バラエティで稼いで行けば良いだけの話だ。テレビもバラエティ
タレントとしてなら今回の事件は山本モナのタレント価値を上げ
ただけで、起用も何の問題もないだろうが。それがまたまた日本
のマスゴミのいつものことで過剰反応で、バラエティからも山本
モナを一斉に消してしまった。だいたいテレビ業界の奴らに山本
モナの今回の行動を責められるほどまともな奴がいるってのか。
とくに不倫が会社の成立基盤のようなフジテレビが偉そうに言う
に及んではおこがましいにも程がある。

このはっきり言ってどうでもいいヒマネタそのものなんだが、そ
れをあの“自身のブログが政治を動かしている”と勘違いしまくり
のKYなブログ「世に倦む日日」が3連ちゃんでまるで大事件でも
あるかのように大仰に記事にしていていつものKYぶりにかなり笑
える。

その3連ちゃん記事の3回目「ハタモノにされた山本モナ - ビー
トたけしの陰謀とフジの情報工作」
には萌えますね。だいたいタ
イトルからして『ハタモノにされた山本モナ』と来た。ハタモノ
ね。滅多に使わない言葉だ。機物からきたんだろけど、広辞苑で
は「磔用の材」とあり、それからの連想で、どこかの社会学かな
にかの本が“さらしもの、いじめの対象”とかの意味合いででも使
用して、それをこの「世に倦む日日」の筆者がいつもの衒学趣味
でテメエだけがマスかくように粋がって使っているんだろう。

その記事の終わりのほう
…………
ヤクザで支離滅裂な商売をしてボロ儲けをしている民放テレビが、普通の民間企業の仕事をやっているような言い方ができるのか。そもそも山本モナを不倫のイメージで使って商売していたのはテレビとオフィス北野の方ではないか。状況を見ていると、どうも山本モナと「サキヨミ」の女性スタッフとの間で若干の軋轢が最初からあったような気配があり、第一回の生放送が終わって、本当は反省会を予定していたところを山本モナが勝手に先に帰って、スタッフの意向を無視して新宿のバーに飲みに行ったという話が伝わっている。女性スタッフの山本モナへの私怨と復讐がこの事件の背景にある。

一方、二岡智宏の方だが、7/13(日)の東スポで、山本モナが釈明FAXで示した当夜の状況説明に対して、「事実とは違う」と反論を展開する行動に出た。自分から山本モナを口説いたのではなく、山本モナの方が自分を誘ってきたのだと言っている。この態度はあまりに愚劣で、せっかく7/11(金)に頭を丸坊主にしてマスコミに写真を撮らせ、ファンとチームと首脳陣に反省と恐縮の意を見せながら、わずか二日でそれをご破算にしてしまった。二岡智宏に同情する声は全く消えてなくなった。この反論記事は、二岡智宏の同僚を通じた東スポへのリークになっている。無論、「同僚」は二岡智宏に「反論」公開の同意をとっているに違いないが、東スポに記事を書かせたこの「同僚」とは誰かということである。上原浩治だ。こんなヘマをやらかすのは上原浩治以外に考えられない。友人の二岡智宏の立場挽回を意図したつもりだろうが、状況が見えてない上原浩治の頭の悪さが出ている。二岡智宏と上原浩治は同期入団で、最初に入った巨人軍の合宿所で相部屋だった。そこで二人は悪友になり、サボってラクをして金を稼ぐことばかりを上原浩治は二岡智宏に教えるところとなった。

経済的に没落して貧困層に落ちていく日本人は、生活苦のストレスの捌け口を探し、集団で罵倒する対象を求めていて、「ハタモノ」が設定されるとピラニアが獲物に食いつくように、猛り狂ったように攻撃を浴びせて行く。それはスポットライトを浴びていた人間が地に墜ちるのを見る喜びであり、特にそこに性的にダーティなイメージを被さるとき、「ハタモノ」にされた側は容易に反論できず、「祭り」のエネルギーは膨張して行く。騒動はまだ続くだろう。
…………
ときた。「女性スタッフの山本モナへの私怨と復讐がこの事件の背
景にある」とはね。まあ、よそ者をキャスターに起用されたんだか
ら当然そんなこともあるだろうけど、それとモナ自身の意思で行っ
たラブホテルろう城飲酒が何の関係があるっての。そこまで“サキ
ヨミ”するってのもね。

また、あの信用度ゼロの東京スポーツの記事を元に(しかも東スポ
はHPで記事の内容は読めない。このオッサンは東スポまで購入し
ているってことか)して、「東スポに記事を書かせたこの『同僚』
とは誰かということである。上原浩治だ。こんなヘマをやらかすの
は上原浩治以外に考えられない」と、まるでその記事が真実である
との前提で上原のヘマとまで断定するってのはかなりのKYな“サキ
ヨミ”し過ぎの変なオッサンだ。ネタ元東スポでそこまで言うかふつ
う。

そして、締めの
…………経済的に没落して貧困層に落ちていく日本人は、生活苦のス
トレスの捌け口を探し、集団で罵倒する対象を求めていて、「ハタモ
ノ」が設定されるとピラニアが獲物に食いつくように、猛り狂ったよ
うに攻撃を浴びせて行く。それはスポットライトを浴びていた人間が
地に墜ちるのを見る喜びであり、特にそこに性的にダーティなイメー
ジを被さるとき、「ハタモノ」にされた側は容易に反論できず、「祭
り」のエネルギーは膨張して行く。騒動はまだ続くだろう。…………
にいたっては口あんぐり。生活苦の人間がこんなクズネタに構って
いる暇もねえだろうし、別に集団で罵倒もしていないがな。むしろ
モナちゃんの自由奔放な性生活を羨望の目で楽しんでいるだけじゃ
ないの。「ハタモノ」なんて一人衒学趣味に嵌り込んで、一人悦に
入る文章を書いて舞い上がっているのはあんただけ。祭りのエネル
ギーは膨張して行くだろうなんて、一人祭り状態のあんたこそお祭
りオッサン。

|

« iPhoneゲットの人たちやはり楽しそうで羨ましいね。マスゴミのゲット記事で笑えるのが変態記事で話題の毎日新聞 | トップページ | サミット後世論調査でフクダ内閣支持率回復せず。さすがの御用マスゴミも実態を糊塗できず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41832769

この記事へのトラックバック一覧です: 暑苦しい鬱陶しい時期の清涼剤的お馬鹿話題「モナのラブホテルろう城飲酒事件」で、一人衒学嵌り込みの祭り状態の「世に倦む日日」が笑える :

« iPhoneゲットの人たちやはり楽しそうで羨ましいね。マスゴミのゲット記事で笑えるのが変態記事で話題の毎日新聞 | トップページ | サミット後世論調査でフクダ内閣支持率回復せず。さすがの御用マスゴミも実態を糊塗できず »