« 未成年者喫煙防止とかの馬鹿システムの典型パスポが今日関東圏でもスタートで全国展開とか | トップページ | 毎日新聞英字版の日本人侮蔑記事が騒動になっているのに、毎日の大記者らしい牧太郎は自己のブログで一言も触れないノー天気ぶり »

2008年7月 2日 (水)

フィレンツェ大聖堂落書き騒動でイタリアの新聞が日本では「間違いを犯した人間に対し哀れみはない」と報道

フィレンツェ大聖堂の落書き騒動で、高校野球の監督が解任され
たってのがあり、このブログでも「解任までするような問題か」
とあまりに過剰な反応と過剰処罰に疑問を呈した
が、今日の夕刊
フジウェブを見ていたら、共同通信の記事でイタリアの新聞がそ
の解任を日本では「間違いを犯した人間に対し哀れみはない」と
報道していると出ていた。

その夕刊フジウェブに出ていた記事は
…………
監督解任「厳し過ぎ」…伊紙が落書き問題で特集
 1日付のイタリア紙レプブリカは、同国フィレンツェの世界遺産登録地区にある大聖堂の壁に落書きした常磐大高校(水戸市)の野球部監督が解任された問題について「休みの日でも、地球の反対側にいても(落書きは)許されない」と日本の処分の厳しさを指摘する特集記事を掲載した。
 前監督は2006年1月にイタリア旅行中、名前を書くと幸せになれるとの話を聞き落書きしたという。同紙は「(監督の)男性は(高校職員の)職も失いかねない。(日本では)間違いを犯した人間に対し哀れみはない」とも伝えた。
 落書きされた「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁には日本語の落書きの量をはるかに上回るイタリア語、英語などの落書きがあるが、イタリアの世論は特に問題視している様子はない。
 一部の地下鉄車両や公共の建物などは、ほぼ全面に落書きされるなど、落書きに対する拒否反応は日本ほど激しくない実情もある。(共同)
…………
そらそうだよな。たかが落書きだ。しかも問題の大聖堂自体落書
きだらけなのだ。たまたま落書きした人間が特定出来るようなア
ホな落書きをしたのが見つかっただけだ。謝罪をし、大聖堂まで
出向き落書きを消すまでするとか対応しようとしているんだから、
あとは学校が戒告など処分すれば十分ではないか。大聖堂側も寛
容な精神で解任されることまで望んでもいないだろう。

日本の政治屋や官僚は日本の経済を破壊し、自殺まで国民を追い
込むような犯罪的政策をしてもまったく自己責任も感じずスルー
だ。それに比べ、この落書き程度で人生まで狂ってしまうような
処分はあまりに過剰だ。この落書き騒動では処分が甘すぎるとか
の電話が学校などに来ているそうだが、そういう電話をして来る
人間こそそれほどに倫理観も道徳も完璧な人間なのかと聞きたい
ぐらいだ。人の弱みに付け込む最低の人間だとしか思えない。売
国奴コイズミらが日本国民を煽った新自由主義による競争主義が
他人への優しさを日本人から奪ってしまったのかもしれない。

|

« 未成年者喫煙防止とかの馬鹿システムの典型パスポが今日関東圏でもスタートで全国展開とか | トップページ | 毎日新聞英字版の日本人侮蔑記事が騒動になっているのに、毎日の大記者らしい牧太郎は自己のブログで一言も触れないノー天気ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41715477

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェ大聖堂落書き騒動でイタリアの新聞が日本では「間違いを犯した人間に対し哀れみはない」と報道:

« 未成年者喫煙防止とかの馬鹿システムの典型パスポが今日関東圏でもスタートで全国展開とか | トップページ | 毎日新聞英字版の日本人侮蔑記事が騒動になっているのに、毎日の大記者らしい牧太郎は自己のブログで一言も触れないノー天気ぶり »