« 女子柔道63キロ級で谷本歩実がすべて一本勝ちの格好良さで金メダル獲得して2連覇 | トップページ | 野口みずきは出場辞退になるしで何だか気抜け状態のオリンピック »

2008年8月13日 (水)

北京オリンピック開会式での足跡花火がCGだったとか、歌を歌った女の子は口パクだったとか偽装シナらしさが話題に

お国自慢満載の長時間の中華自画自賛だった北京五輪の開会式で、足跡
花火の映像は実はCGだったとか、少女の歌は口パクだったと暴露記事が
相次ぎ批判噴出とか。まあどうでもいいんじゃないの。五輪の開会式の
ド派手ショー自体が基本的に不必要なもので、ちょっとしたセレモニー
と選手入場、聖火点火だけで良いんだし。毎回華美、過剰になるショー
にはうんざりだし、その意味自体理解しがたいしね。そのショーの一部
に偽装があったところでどうでもいいじゃない。あのチャン・イーモウ
監督のショー自体が最近の監督の内容空疎なだけの映画であまりに多用
のCGやワイヤーアクションでごまかしているモノに通じるんだし。

でも、あの開会式を・・映画監督の張芸謀の演出が素晴らしい。大国中
国が「百年待った」興奮と熱気がひしひしと伝わり、この生中継を目撃
する幸運に恵まれてよかったと思う。・・云々と大絶賛するような“自
分のブログが政治を動かしている”みたいな勘違いしまくりのアルファ
ーブロガー「世に倦む日日」みたいなウータン福田なみのKYもいる
んだ
けどね。

閑話休題。まずは、テレビ放映された花火だ。北京市上空に打ち上げら
れた足跡のような形で花火が街中を移動しながら五輪メーン会場まで行
くのを空撮で表現したものだ。それを英国のメディアなどがその映像は
CGによる合成映像だったと暴露して、五輪映像効果担当者が、合成と認
めたらしい。その足跡花火は実際に打ち上げられたが、航空管制などで
空撮ができないので、合成したようだ。まあ別にそれでもいいんじゃな
いの。単なるセレモニーだし、コピー商品など当たり前の愛国無罪のシ
ナだ。シナデフォルトってもんだ。

もうひとつの騒ぎは、中国国旗が五輪メーン会場に入る際、9歳の少女
が歌曲を歌う場面で、実際に歌っていたのは北京大付属小学校1年の楊
沛宜ちゃんで、“口パク”だったと判明したことだ。

中国の通信社、中国新聞社の報道のようで、開会式の音楽を担当した中
国の作曲家が「外見的理由から(開会式出場のための)選考に漏れた。
国益のための措置だった」と説明しているそうだ。06年トリノ冬季五
輪開会式で歌ったルチアーノ・パバロッティが口パクだったことがある。
しかし、声が別人なのはちょっとやり過ぎの感もあるが、映画「マイフ
ェアレディ」で主演のオードリー・ヘップバーンの歌の声が別人だった
なんてのもあるし、とりわけ批判することもないやね。どこまでもどう
でもいいショーだしね。それより、その口パク少女のあまりに人工的な
まるで北朝鮮の子供みたいな引きつったような笑顔の表情のほうがよほ
ど気持ち悪かったけどね。

|

« 女子柔道63キロ級で谷本歩実がすべて一本勝ちの格好良さで金メダル獲得して2連覇 | トップページ | 野口みずきは出場辞退になるしで何だか気抜け状態のオリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42155502

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック開会式での足跡花火がCGだったとか、歌を歌った女の子は口パクだったとか偽装シナらしさが話題に:

« 女子柔道63キロ級で谷本歩実がすべて一本勝ちの格好良さで金メダル獲得して2連覇 | トップページ | 野口みずきは出場辞退になるしで何だか気抜け状態のオリンピック »