« 北京オリンピックでの野球3位決定戦で日本のプロ野球の精鋭軍団は米国のマイナー級集団に完敗の恥さらし | トップページ | 自らの自己責任も自覚することの出来ない星野仙一なる女の腐ったような情けない男 »

2008年8月24日 (日)

男子マラソンで北京オリンピックほぼ終了。ラスト競技を最下位ランで飾る

北京オリンピックは後半に入ってからは興味のある陸上競技しか
見ていなかったのだが、短距離部門でのジャマイカ勢の大活躍な
どもあり実に楽しめる大会だった。元々日本は陸上では用なしな
のでメダルの期待も何もないから気楽に楽しめる。

とくに今回は女子マラソンで野口の棄権が決まった時点で日本勢
のメダルは雲散霧消決定だったしね。ハンマー投げにしても棚か
らぼた餅のアテネ大会での金など考えられない最近の成績だった
のでまずメダルは無理だったしね。

ジャマイカ勢の大活躍に比して凋落気味だったのがかつての短距
離王国の米国。ドーピング疑惑が多発した最近の動きが選手には
やはり微妙に反映したんだろうかまるでパワーを感じることがで
きなかった。それに反してカリブ勢、とくにジャマイカの選手た
ちの生き生きと走る姿は見ていても楽しい限り。あの人口も少な
く、貧しく、犯罪も多発の小さな国が世界最大の軍事国家をなぎ
倒すんだから気分最高だった。

期待もなかった日本勢で唯一感動させてくれたのが男子400メ
ートルリレー。36歳のアンカー朝原の怒濤のゴールインは凄か
った。

その感動も記憶にまだ残っている中での最後の競技男子マラソン
はスピードマラソンの潮流から遥か遠くに置き去り状態にある日
本が鮮明になってしまった。最初からすでにスピード勝負の趣に。
10キロ地点でさっさと先頭集団は8人に絞られ、日本の2人は
先頭ともう1分以上の差で、尾方は34位、佐藤が47位ともう
勝負は決まってしまっていた。なんとも消極的な姿勢で、最初か
ら先頭集団に付いて行こうともしないんだからどうしようもない。

元々最近のマラソンは男子は面白くもないのでほとんど見てもい
なかったのだが、これほど男子は退潮状態にあったのかと思うだ
け。この程度の実力だったのに、マスゴミは相変わらずのボケ極
まる煽り報道をしていた訳か。

35キロすぎからのワンジルのスパートがダントツだった。ワン
ジルは2時間6分32秒の五輪新記録でゴールし、ケニアはマラ
ソン初優勝。ワンジルはまだ21歳で、ケニアから日本に留学し、
仙台育英高を経て日本の実業団でも活躍していたそうで、インタ
ビューには流暢な日本語で答えていたのが印象的。なんだか日本
人が優勝したような雰囲気だった。

日本勢は参加選手3人が会見した翌日の試合直前に一人が棄権と
女子マラソンと同じ醜態になり、さらに今日のマラソン本番では
尾方剛がやっとこさの13位で、もう一人の佐藤敦之は最下位の
76位で有終の美飾る。世界とのあまりの差の大きさに唖然の結
果に。ただ、大スタジアム最後の競技で最後に走って全会場の目
を一身に集めるというのもなかなか出来る技じゃない。そこまで
の結果だったんだから、ゴール寸前でぶっ倒れて、這ってでもゴ
ールインするような大芝居をしても楽しかったんじゃないのかな。
まあ、日本選手にそんな遊び心がある訳もないか。

|

« 北京オリンピックでの野球3位決定戦で日本のプロ野球の精鋭軍団は米国のマイナー級集団に完敗の恥さらし | トップページ | 自らの自己責任も自覚することの出来ない星野仙一なる女の腐ったような情けない男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42256236

この記事へのトラックバック一覧です: 男子マラソンで北京オリンピックほぼ終了。ラスト競技を最下位ランで飾る:

« 北京オリンピックでの野球3位決定戦で日本のプロ野球の精鋭軍団は米国のマイナー級集団に完敗の恥さらし | トップページ | 自らの自己責任も自覚することの出来ない星野仙一なる女の腐ったような情けない男 »