« ジャーナリズムの矜持があるならメディアは自民総裁選の宣伝になるような報道をするな | トップページ | 普通70歳の定年まで務めるはずの最高裁判所判事の一人が病気でもないのに途中退官へ。社会保険庁長官経験者の穀潰し官僚上がりか »

2008年9月 4日 (木)

ウータン福田の情けない言い訳・責任転嫁辞任会見での「人ごとにしか聞こえない」質問は、同じするならもっと前にしてほしい

情けない言い訳、野党への責任転嫁、実績ゼロのくせにボケ状態
丸出しの自画自賛とアホのアベシンゾーと同様の馬鹿殿ぶりを晒
して辞任表明会見をしたウータン福田が、その会見の最後で、記
者から「会見がいつも他人事のようだが」と質問されたのに対し
て、「私は自分を客観的に見ることができる」と何を言いたいの
かサッパリ判らない居直り発言をして、さらには「あなたとは違
うんです」とこれまた記者の名前さら知らないはずなのにまるで
その記者の内面、才能等まで知悉しているかのような首相会見と
は思えないようなトンデモ発言までする始末で、その馬鹿っぷり
を世界に発信してくれた。

その質問をしたのがどの会社の記者か知らなかったのだが、ネッ
トで見ていたら、中国新聞(シナじゃないよ、広島のブロック紙
だよ)の記者だそうで、その記者がその質問したことに関する雑
感を書いていた。
…………
記者手帳:首相の辞任会見に思う'08/9/2
 「総理の会見は国民には『人ごと』のように聞こえる。この辞任会見も」。一日夜、福田康夫首相の辞任会見で、そんな質問をぶつけた。首相は「私は自分を客観的に見ることができる。あなたとは違う」と気色ばんだ。生意気な質問だという指摘を受けるかもしれないが、あえて聞いておきたかった。
 昨年十月、米民主党のオバマ上院議員が大統領候補指名を争う中、「米国は核兵器のない世界を追求する」と発言した。首相はどう感じたか、夕方の「ぶらさがり会見」で尋ねた。返答は次のようなものだった。
 「そりゃ、そういう世界が実現すれば、それにこしたことはないと思います。まあ、いずれにしてもですね、核兵器を保有する、その競争をするような世界では、あまりよくないと思いますけどね」。被爆国の首相の言葉としては、あまりに物足らなく感じた。
 福田首相は確かに自身の置かれた状況を客観視し、慎重に発言する人だと思う。しかし、それだけでは務まらないのが首相の重責だろう。国民に自身の明確な意思を伝える必要に常に迫られている。辞任会見を聞きながら過去の取材経験がよみがえり、どうしても聞かずにはおれなかった。(東京支社・道面雅量)
…………
まあ国民の誰もが「お前は首相だろうが、なんなんだそのすべて
他人事のようなボケ発言は」と思っていたことを確認してくれた
訳だ。しかし、そういうことを聞くなら、辞める最後の最後の会
見ではなく、昨年から自民党のたらい回し首相をやっていた訳だ
から、いくらでも質問する機会はあった訳だ。あの毎日の立ち会
見なんてのはまるでお追従だけの質問しかしていないではないか。
「物価上昇は仕方ない」という究極の首相の職務放棄の他人事無
責任アホ発言の時でさえだマスゴミのとくに政治屋と癒着するし
か能のないゴロツキ政治部記者どもはまるでスルーしていたでは
ないか。国民としてはそういう政治部のゴロツキ記者ども(今は
自民党の支持率維持のためだけの総裁選ゴッコをまるで国民の最
大の関心事であるかのごとく騙すゴミ記事を書いている訳だ)こ
そ「日本の政治を人ごとのようにしか把握していないんじゃない
のか」と言いたいな。

|

« ジャーナリズムの矜持があるならメディアは自民総裁選の宣伝になるような報道をするな | トップページ | 普通70歳の定年まで務めるはずの最高裁判所判事の一人が病気でもないのに途中退官へ。社会保険庁長官経験者の穀潰し官僚上がりか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42376877

この記事へのトラックバック一覧です: ウータン福田の情けない言い訳・責任転嫁辞任会見での「人ごとにしか聞こえない」質問は、同じするならもっと前にしてほしい:

« ジャーナリズムの矜持があるならメディアは自民総裁選の宣伝になるような報道をするな | トップページ | 普通70歳の定年まで務めるはずの最高裁判所判事の一人が病気でもないのに途中退官へ。社会保険庁長官経験者の穀潰し官僚上がりか »