« 暴言、失言してからアホな言い訳、適当な謝罪をするなら発言をする前に頭を使え!どこまでも馬鹿な麻生太郎ら自民クサレ議員 | トップページ | リーマン破産、AIG公的資金投入などはまさに新自由主義崩壊の象徴。その新自由主義を煽り、ユダヤ外資のために日本を破壊したのがコイズミ・タケナカ一派 »

2008年9月19日 (金)

太田誠一レイプ賛美農相と農水省事務次官が同時辞任。まもなくウータン福田内閣終了の中途半端の時期で太田辞任は単なる選挙向け騙し

太田誠一レイプ賛美農相が19日、農薬などで汚染の猛毒米不正
転用問題をめぐる一連の農水省の対応の責任を取って、閣議後に
ウータン福田に辞任の意向を伝えたんだそうな。ウータン福田の
縁故採用で農相にしてもらって以来も暴言撒き散らしてもまとも
に謝罪もせずに居座っていたくせに、ウータン福田内閣がまもな
く放置しておいても崩壊する中途半端な時期に猛毒米のまともな
処理もせずに放擲して逃走とはまあ無責任の集大成の碌でなし集
団自民党の屑議員らしい出処進退のやり方か。

ウータン福田も同日中に辞任させる方針ってね、勝手に意味も判
らねえ首相辞任して首相の職務完全放棄状態にあるサル脳の馬鹿
ジジイに辞任の意向をアホ大臣が伝える完璧までに政権担当能力
ゼロの自民クサレ党。さらに農水相はあのノーテンキ馬鹿の町村
官房長官が兼任するってんだからこのアホ政権には国民の命の問
題なぞはまったく興味もないようだ。

猛毒米不正転用をめぐっては、太田レイプ賛美野郎が12日の民
放の収録番組で「人体に影響がないことは自信をもって申し上げ
られる。だからあんまりじたばた騒いでいない」などと国民目線
などまったく関係ネエ発言しているんだが、その発言自体にはま
ともには反省もしていねえよなこのふてくされ野郎は。まあ、暴
言しか出来ない馬鹿が大臣していても無駄なだけだし、こんな奴
に投票する福岡県民も次期衆院選では徹底的にこの馬鹿を排除す
る見識を見せるしかないやな。でも無理かな。エロ拓さえ議員に
して、さらにはレイプ賛美暴言後の選挙でもこのレイプ賛美野郎
を生き返らせた学習効果ゼロのアホ県民だものな。

ところで、この馬鹿大臣の役所らしく、事務次官も11日の記者
会見で「私どもに責任があると今の段階では考えていない」と、
一体じゃあ農水省の役目はなんじゃいなと呆れ返るウルトラボケ
発言していたんだが、その馬鹿役人の巣窟の象徴のようなボケの
白須敏朗事務次官もこの問題の責任を取って同日付で辞任したん
だとさ。辞任と言っても何の国家・国民の役にも立っていない税
金泥棒だったくせにがっぽり退職金はかっさらって行くんだろう
が。意味ねえ辞任だ。職務怠慢で関係職員ともども逮捕されて当
然の野郎どもなんだが。

この無責任やろう二人も相当のボケだが、リーマン問題、猛毒米
事件、北朝鮮のブタ首領様逝っちゃったかどうか問題等々政治経
済大きな問題山積状態の中、ウータン福田は完全に脳死状態なの
に国民に投票権などまるでない自民の内輪のボス選びでしかない
総裁選ゴッコにうつつを抜かしている自民党の馬鹿たちってのは
もう絶望的だな。

それより、NHKのニュースは一体なんなんだ。国民の関心が自民の クサレ総裁選ゴッコにしかないような自民翼賛のニュースばかり流 している以外に、この猛毒米事件でもニュースでこの猛毒米をNHK は「非食用米」としている。それじゃ猛毒に汚染されている実態が まるで隠蔽されているじゃないか。どこまで自民政権の広報ばかり するんだよ。それで視聴料を強制的なものに法改正しようと姑息な 企みでも図っている訳か。

|

« 暴言、失言してからアホな言い訳、適当な謝罪をするなら発言をする前に頭を使え!どこまでも馬鹿な麻生太郎ら自民クサレ議員 | トップページ | リーマン破産、AIG公的資金投入などはまさに新自由主義崩壊の象徴。その新自由主義を煽り、ユダヤ外資のために日本を破壊したのがコイズミ・タケナカ一派 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42524836

この記事へのトラックバック一覧です: 太田誠一レイプ賛美農相と農水省事務次官が同時辞任。まもなくウータン福田内閣終了の中途半端の時期で太田辞任は単なる選挙向け騙し :

« 暴言、失言してからアホな言い訳、適当な謝罪をするなら発言をする前に頭を使え!どこまでも馬鹿な麻生太郎ら自民クサレ議員 | トップページ | リーマン破産、AIG公的資金投入などはまさに新自由主義崩壊の象徴。その新自由主義を煽り、ユダヤ外資のために日本を破壊したのがコイズミ・タケナカ一派 »