« 貧乏な温泉好きのお助けマン「自遊人温泉パスポート」を入手、早速近場の埼玉県内の温泉センタ−2カ所制覇 | トップページ | 米下院で金融安定化法案が否決され、ニューヨーク市場大暴落し、東京市場も大暴落。ブッシュへの不信極大化、新自由主義崩壊 »

2008年9月30日 (火)

久しぶりに覗いたら「株式研究掲示板」も9月30日で閉鎖か。かつて楽しくワクワクした日本株式市場終焉の象徴そのものだね

久しぶりに「株式研究掲示板」を覗いてみたら、今日9月30日
で閉鎖なんですね。インフォシークかな、その掲示板自体がなく
なるための閉鎖のようで、かつては全盛を誇った掲示板も終焉な
んですかね。最近ではこの手のものはブログですしね。しかし、
かつてはネット上の株式関係の中ではダントツに知名度の高かっ
たこの掲示板。私も一時はずいぶん楽しんだものだ。毎日おびた
だしい数の投稿があり、活気のある株式情報が溢れていて、株式
売買の面白さを象徴するような掲示板だった。

しかし、この2年以上に及ぶ個人投資家殺しそのもののような陰
惨な株式市場は、戦後60年にわたり日本の産業の発展とともに
幾多の仕手戦など波瀾万丈の面白さを見せて来たのだが、今や完
全に崩壊状態。私も1980年頃から投資を楽しんで来て、一所
懸命に勉強もし、戦後の多くの日本の有名投資家、海外のウォー
レン・バフェットのような投資家の栄枯盛衰を学び、体験し、い
つかは自分も仕手戦の仕手本尊のようなこともやってみたいなど
と夢見ていたが、以前のような仕手戦は封じられて市場の面白さ
もサッパリ、これも一種の官製不況みたいなものだろう。

そして、海外のゴロツキそのもののリーマンのような会社の振る
舞いには言う言葉もないだけ。こいつらユダヤ金融詐欺師どもは
カネを騙してふんだくり、トップ連中などが莫大な報酬をまさに
強奪していたくせに、その無責任なまでの崩壊ぶり。そこにはカ
ネがカネを生む錬金術を煽った新自由主義の傲慢と無責任が支配
していた訳だ。

その「株式研究掲示板」の中に、その主催者である草笛さんが書
いているのが個人投資家の諦めと絶望を良く表現している。
…………
私の相場失敗回顧録 投稿者:草笛  投稿日: 9月29日(月)22時22分24秒

1990年代のバブル崩壊のときの失敗は
「上場している銀行は絶対に倒産しない」という神話を信じて
ラストリゾート株として銀行株に資産を偏在させたこと。
ところが拓銀、徳陽シティ銀行、長銀、日債銀、とつぎつぎ銀行が倒産して紙切れになった。
戦後半世紀、上場している銀行が倒産するなんてことはなかったので判断を誤まった。

石井鐵工相場では小型株石井に830万株もの空売り残が積み上がり
売り建て玉の期日が12月から始まるので踏み上げ必至だと考えて強気で高値を買っていた。
ところが12月を迎える直前に石井相場は大崩壊した。
830万株の売り残があっての大暴落だった。
売り残をあてにし過ぎた失敗だった。
信用売り残の多さなんて、あてにならない時代になったとこのとき悟った。

2006年初頭、ライブドアの堀江氏が逮捕された。このとき、この事件で
マザヘラ合法証券詐欺商法が権力の手で弾圧されて、証券界が浄化される、と「誤解」した。
ところが合法証券詐欺はむしろ強化され、このあと個人投資家殺しが本格化した。
堀江氏逮捕、村上氏逮捕のときに、証券市場から人がいなくなることを察知し
株に見切りをつけねばならなかったのに、ずるずると株を売買して傷を深くしてしまった。

堀江氏村上氏逮捕は証券界浄化のためではなく
機関投資家が投資家殺しをやりやすくするための「めざわりな仕手筋弾圧の始まり」だったのだ。
これが見抜けずに大失敗した。

2007年に起きたサブプライム問題も軽く見すぎた。
ジャンクボンドは昔からあった。低所得者向けのローン債券がリスクが高いことは
プロの運用者なら合点承知之介のはず。
そんな当たり前のジャンク債を巡ってここまで金融界が混乱するとは想像外だった。
サブプライムローン問題の闇の深さを知っていたら昨年で株に見切りをつけることが出来た。

独断と偏見で決め付ければ
アメリカの金融機関の役員や運用担当者がボーナス(億単位)お手盛りのために
お互いがつるんで(格付け機関もやらせ格付けをやって)、国家規模の金融犯罪に手を
染めたと言えよう。

銀行や保険会社が倒産しても、すでに受け取った役員報酬や運用担当者の巨額ボーナスは
返さなくていいのだ。数年後に紙切れになると予測できても、短期的に利回りが良い
サブプライムローンで資産運用したのだろう。
あとは野となれ山となれ。国がなんとかするべえ~~という感じでやったんだろう。
…………
草笛さんのような玄人同然の個人投資家でさえこの2年の動き
には対応出来なかったのだ。私も25年以上に渡り、バブル崩
壊も乗り切りながら日本企業の発展に希望を抱きながら投資し
てある程度の果実も得て来た。しかし、06年春以降はすべて
の見通しや予想が大外れ。以前の投資基準や罫線理論などまっ
たく関係ネエ世界になり、25年の経験も意味なさない世界に
なってしまった。それにしても、株式中毒とも言えるような草
笛さんが「株に見切りをつけねばならなかった」と言うほどの
市場の悲惨さはよほどなのだ。

そんな中での「株式研究掲示板」の閉鎖はまあ時代を象徴する
ような感じで、この2年以上はかつての株式の勉強自体がまる
で役立たないような市場の中で、株式売買もたまにやる程度で
ほぼ放置に近いというより、株式に絶望状態に陥っていた私も
草笛さんと同じ気持ち。

草笛さんの書いている「マザヘラ合法証券詐欺商法が権力の手
で弾圧されて、証券界が浄化される、と『誤解』した。ところ
が合法証券詐欺はむしろ強化され、このあと個人投資家殺しが
本格化した。堀江氏逮捕、村上氏逮捕のときに、証券市場から
人がいなくなることを察知し株に見切りをつけねばならなかっ
たのに、ずるずると株を売買して傷を深くしてしまった。」と
の感慨が私の感慨そのもの。村上ファンドなど利用するだけ利
用してボロ儲けだけして勝ち逃げした日銀総裁みたいな奴だけ
が黒い果実を得る世界になっていた。

今や私も株へ見切りをつけたも同じ状態。現時点での持ち株の
ことなどもうどうでもいい気分だ。8年ちょっと前に会社を辞
めて、収入は株式売買だけとなった時点で所有していた総資産
額に対して、現在所有の銀行・証券にある現金がその8年前の
総資産額以上あるだけでまあ良いかとの想いだ。現金だけで退
社時点の手取り年収にして9年以上分。マスゴミにいた年収で
のことだからある程度の額だしね。この8年以上は株式売買を
していなかったと諦めればいい訳だ。それで、8年以上遊んで
暮らせて来たんだからまあそれも良いかということで、あとの
現在所有の株式は元手ゼロだし、まあ放置してどうでもなれだ。
日本の政治、経済への冷徹な見切りが出来なかった馬鹿だった
だけな訳だ。詐欺師同然の似非売国学者タケナカなどが跋扈し、
コイズミ以来の自民クサレ党が支配し、トヨタやキャノンのよ
うなエゴイズム満開の企業が政治を巧く利用し、リーマンのよ
うなユダヤ詐欺金融が闊歩する世界で株式市場が草笛さんの書
くように“国家規模の金融犯罪”の場でしかなくなったことに
気付くのがあまりに遅かった我が不覚はこれから回復すること
もまずなかろう。30年近く株式売買を楽しめ、ある程度の果
実を得たことだけでまあ十分か。コイズミ以降株式市場のこと
などまるきり無関心の馬鹿首相ばかりというのも日本の資本主
義がいかに本質を欠いていたかの証明でもあり、そこでの株式
売買のアホらしさに早く気付くべきだったのだが。

|

« 貧乏な温泉好きのお助けマン「自遊人温泉パスポート」を入手、早速近場の埼玉県内の温泉センタ−2カ所制覇 | トップページ | 米下院で金融安定化法案が否決され、ニューヨーク市場大暴落し、東京市場も大暴落。ブッシュへの不信極大化、新自由主義崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42639169

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに覗いたら「株式研究掲示板」も9月30日で閉鎖か。かつて楽しくワクワクした日本株式市場終焉の象徴そのものだね:

« 貧乏な温泉好きのお助けマン「自遊人温泉パスポート」を入手、早速近場の埼玉県内の温泉センタ−2カ所制覇 | トップページ | 米下院で金融安定化法案が否決され、ニューヨーク市場大暴落し、東京市場も大暴落。ブッシュへの不信極大化、新自由主義崩壊 »