« リーマン破産、AIG公的資金投入などはまさに新自由主義崩壊の象徴。その新自由主義を煽り、ユダヤ外資のために日本を破壊したのがコイズミ・タケナカ一派 | トップページ | 車のヘッドレスト背後にまでテレビディスプレイを設置していた驚異の馬鹿車発見 »

2008年9月21日 (日)

売国奴コイズミの国民蔑視の後期高齢者医療制度を見直すなんて今頃ほざく麻生、舛添の口先だけ選挙用国民騙し

解散・総選挙におどおどしているのか、自民クサレ議員どもが選
挙用国民騙しのごまかしアドバルーンを大安売りで飛ばしている。
コイズミの国民蔑視の最たるものである後期高齢者医療制度を見
直すなんて戯れ言を麻生や舛添がさも国民のことを考えているか
のような嘘顔晒してほざいている。

どこのマスゴミでも良いのだが、共同通信の記事では
…………
後期高齢者医療、見直し必要  麻生氏が見解

 自民党総裁選で優位に立つ麻生太郎幹事長は21日、フジテレビ番組やNHK番組で、75歳以上を対象に4月に導入された後期高齢者医療制度を抜本的に見直す考えを示した。
 麻生氏は「国民が反発し、納得いただけない。駄目だと分かったら、さっさと抜本的に見直す必要がある」と述べ、新制度創設を検討する意向を示した。舛添要一厚生労働相は19日、「麻生氏と合意した」として後期高齢者医療制度の廃止を打ち出したが、これを裏付けた形だ。
 麻生氏は現制度の問題点として(1)年齢による線引き(2)年金天引きの強制(3)世代間の反目-の3点を指摘した。ただ廃止していったん旧老人保健制度に戻すとの民主党案については「さらに混乱を招く」と否定的な考えを強調した。
 麻生氏は消費税率に関し「ある程度、高齢者にも負担してもらわなければならない」と述べ、将来的な引き上げが必要との認識を示した。
2008/09/21 13:15   【共同通信】
…………
あまりのミエミエの国民騙しだけの選挙用詐欺広告みたいなもん
だ。だいたい、売国奴コイズミ政権が強行採決までして導入した
外資詐欺ユダヤ保険会社が日本国民を騙してカネふんだくるシス
テムをわざわざ作ってやるために、いかにも売国奴コイズミらし
いやり方で無理矢理導入した制度だ。

その強行採決に何の疑いも抱かず、国民の健康のことなどまるき
り頭の片隅にもなく強行採決に賛成したんだろう麻生太郎も舛添
要一も。しかも舛添は厚労相として「必要な制度」とまで言い切
っていたんだろうが。

それが、なんだ。解散・総選挙の波がジワジワ迫って来た今頃に
なって、強行採決したことも「必要な制度」とまで言っていたこ
とも忘却か。都合の良い野郎どもだ。そのテメエたちの都合だけ
で口先で国民を騙す手法なんだから、選挙が終われば「そんなこ
と言ったかな」でチャンチャンだろうが。国債発行に関する公約
の最重要事項に違背しても「公約なんて大したことない」とヘラ
ヘラと嘯くコイズミにケツの毛まで抜かれて腑抜け状態になって
いる自民クサレ議員どもが何を言っても嘘八百でしかないわな。

それより、それほど姥捨て高齢者皆殺し政策を見直すと言うなら、
根本的に「コイズミカイカク」そのものを間違いであった、日本
国民を不幸にした売国政策であった、コイズミカイカクを否定す
ると断言しない限り、お前ら自民クサレ議員どもの口先だけの言
葉には一切信用が置けないってことなのだ。

|

« リーマン破産、AIG公的資金投入などはまさに新自由主義崩壊の象徴。その新自由主義を煽り、ユダヤ外資のために日本を破壊したのがコイズミ・タケナカ一派 | トップページ | 車のヘッドレスト背後にまでテレビディスプレイを設置していた驚異の馬鹿車発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42544683

この記事へのトラックバック一覧です: 売国奴コイズミの国民蔑視の後期高齢者医療制度を見直すなんて今頃ほざく麻生、舛添の口先だけ選挙用国民騙し:

» 次期総裁確実の麻生氏後期高齢者医療制度見直し明言:舛添えの猟官運動の結果 [自分なりの判断のご紹介]
今日の各紙によれば ってよらなくてもそうですが 午後の自民党両院議員総会で ほぼ麻生氏が自民党総裁に なることになります。 「麻生総裁」きょう誕生、与謝野・石破氏入閣へ... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 01時53分

« リーマン破産、AIG公的資金投入などはまさに新自由主義崩壊の象徴。その新自由主義を煽り、ユダヤ外資のために日本を破壊したのがコイズミ・タケナカ一派 | トップページ | 車のヘッドレスト背後にまでテレビディスプレイを設置していた驚異の馬鹿車発見 »