« ウータン福田の情けない言い訳・責任転嫁辞任会見での「人ごとにしか聞こえない」質問は、同じするならもっと前にしてほしい | トップページ | 「急に総理大臣が辞めちゃったとか」と審議会で投げやり発言する“自分を客観視出来る”さすがウータン福田 »

2008年9月 4日 (木)

普通70歳の定年まで務めるはずの最高裁判所判事の一人が病気でもないのに途中退官へ。社会保険庁長官経験者の穀潰し官僚上がりか

普通70歳の定年まで務めるはずの最高裁判所判事の一人が病気
でもないのに途中退官とのニュースが。

ヨミウリの記事では
…………
横尾・最高裁判事が退官へ、任期2年7か月残し
 最高裁は4日、横尾和子判事(67)について、内閣に依願退官の手続きを取ったと発表した。
 70歳の定年まで約2年7か月の任期を残していたが、既に在任期間が約6年9か月と現職の最高裁判事の中で最も長くなっており、「事件処理の区切りもつき、重責から離れることにしたい」として退官を申し出たという。
 最高裁判事が任期途中で辞めるケースは、2001年に依願退官した大出峻郎氏(死去)以来で10人目。横尾判事は、閣議を経て、天皇陛下の認証により退官する。行政官出身のため、後任の人選は内閣で進められる。
 横尾判事は1964年に厚生省(現・厚生労働省)に入省し、94年~96年に社会保険庁長官を務めた。アイルランド大使を経て、2001年12月、最高裁判事に就任。最高裁で唯一の女性判事として、今年6月にはNHK教育テレビが放送した戦争特集番組の改編を巡る民事訴訟の判決で裁判長を務めた。また、国籍法の規定を違憲とした同月の大法廷判決では、合憲とする反対意見を述べた。
 元社保庁長官の経歴を巡り、年金記録漏れ問題の責任を問う声もあったが、最高裁は「退官とは直接関係ない」としている。
(2008年9月4日14時19分  読売新聞)
…………
社会保険庁問題がこれほど大きくなった責任のひとつに同庁長官
の職務把握能力の欠如、無責任などがあるのだが、これまで誰一
人その責任を取ったものもいない。さすがに無責任の集大成であ
る官僚である。

その無責任官僚の一人であったこの女性判事はこれまで自らの責
任を感じることもなかったようだ。なのに突然の退官。不思議だ
と思っていたら、昨日付けの産經新聞の正論で政治評論家の屋山
太郎が「最高裁の判事たる資格を問う」とこの羞恥心ゼロの女性
判事の辞任を迫るコラムを書いていたんだよね。

この屋山のコラムは
…………
年金記録漏れ問題は、日本の官僚制度始まって以来の無責任、悪質な事犯ではないか。どこかで大きな汚職事件が起これば、犯罪はいずれ摘発され犯人は処罰され決着する。しかし年金記録漏れは全国民を不安に陥(おとしい)れ、いつ収拾するかの見通しも立たない。この間、きっちり始末がつくまで全国民が我慢と辛抱を強いられるというような行政の失敗は、どのような悪質犯罪に勝るとも劣らない。
 昨年6月、年金記録問題検証委員会(座長・松尾邦弘元検事総長)が発足し、同年10月報告書をまとめた。私もこの委員会に加わったのだが、精緻(せいち)で濃密な調査を行ったと思っていた。ところが、その後に「やっぱりそうか」と思い当たる事件が続々と発覚したのである。
 記録漏れの原因の一つは組合(旧自治労国費評議会、現全国社会保険職員労働組合)のオンライン化に対する徹底した非協力である。第二は当初、漢字入力したが具合が悪いというのでカナ入力に切り替えたこと。その際不完全に入力された漢字を元にカナ入力された。名前が消えた原因のほとんどはこの入力切り替え失敗に起因している。漢字入力が失敗だったのだから、再入力に当たってはもう一度原簿に当たるのが筋だ。民主党の長妻昭議員は当初から原簿から再調査せよと主張していたが、これには2000億円もの費用がかかるといって厚労省は反対していた。最重要なのは信用の回復であって費用の問題ではないだろう。

・・中略

検証委員会は過誤は当初からあったとの認識に立って、昭和37年以降の厚生大臣、事務次官、社保庁長官の名前を報告書に列挙した。これを元に厚労省が遡(さかのぼ)って退職金の返還を求めたり、当事者が責任を感じて自発的に返還することを期待したのだ。社保庁は「返還があった」ことは明言しているが、誰がいくら返したのか、寄付したのか総額についても発表しない。
 こうした空前絶後の“犯罪”について責任を問えないのは現行公務員法の処罰規定がおかしいと断ずるほかない。責任者に“恥を知れ”といいたい。彼らは少なくとも公職から去るべきだ。
 社保庁長官から次官になった者もいるが、通常、社保庁長官は次官レースからはずれた人のポストで、ここで箔(はく)をつけて華麗で重厚な天下り人生が始まる。この中で平成13年最高裁判事に“天上り”を遂げたのが横尾和子氏である。横尾氏は昭和61年に厚生省年金局企画課長に就任し、基礎年金制度改正を担当した。
 引き続いて同氏は大臣官房政策課長を経て、平成6年から約2年間社保庁長官を務めた。基礎年金番号が導入されたのは平成9年1月で、横尾氏は長官として基礎年金番号の導入の検討に参画した。この作業が国民に未曾有の不安を与える“大犯罪”となったのだ。
 その人物が最高裁判事を務めているから、他の社保庁長官経験者が公益法人に天下っていることを咎(とが)められない。横尾氏は最高裁判事を務める資格は全くないと知るべきだ。即刻、辞任を求める。
…………
まあ自民カルト癒着腐敗政権の応援団のような御用政治評論家の
ひとりで、さも偉そうなことを言いながら、審議会などに入って
エサはたっぷり貰っているのだが、今回の正論の主張に関する限
りは実にまともな見解だ。サンケイではつい先日も星野仙一を辛
辣に批判する記事を掲載したり、今回のこの正論とやればマスゴ
ミではなく、まともなマスコミ的見解も書けるではないか。

この正論の主張が出たせいかどうかは知らないが、これまで社会
保険庁の犯罪的行為がいくら言われても、その最高責任者であっ
た社会保険庁長官経験者がまるで自分たちは責任なんて関係ネエ
よの放置態度を取って来た訳で、この女性判事も今頃になって責
任逃れ丸出しで逃げるってことか。

最高裁判事とはこの程度の官僚上がりの本質的には法律の専門家
でもない人間が老後のお仕事的に出来るような仕事じゃないだろ
う。刑事法の権威団藤重光のようなそれなりの人物が引き受ける
べきものだ。それなのに、この女性判事は自らの能力も顧みず判
事職を引き受けたことに忸怩たるものがなかったのだろうか。社
会保険庁問題は大きくなってもスルーし続けて来たような人物だ
し、まあ税金を貪るだけの穀潰し官僚上がりでしかない訳だが。
それでも、この女性判事は多額の退職金を恥も感じず頂戴するん
だろうが。それにしても素晴らしい官僚天国日本だ。

|

« ウータン福田の情けない言い訳・責任転嫁辞任会見での「人ごとにしか聞こえない」質問は、同じするならもっと前にしてほしい | トップページ | 「急に総理大臣が辞めちゃったとか」と審議会で投げやり発言する“自分を客観視出来る”さすがウータン福田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42377210

この記事へのトラックバック一覧です: 普通70歳の定年まで務めるはずの最高裁判所判事の一人が病気でもないのに途中退官へ。社会保険庁長官経験者の穀潰し官僚上がりか:

« ウータン福田の情けない言い訳・責任転嫁辞任会見での「人ごとにしか聞こえない」質問は、同じするならもっと前にしてほしい | トップページ | 「急に総理大臣が辞めちゃったとか」と審議会で投げやり発言する“自分を客観視出来る”さすがウータン福田 »