« 自民カルト癒着腐敗政権ゴマスリ三昧でハイ状態のマスゴミはまっこと日本の恥 | トップページ | 久しぶりに予定なしでぶらぶらと北東北方面へ温泉巡りドライブ旅行へ »

2008年9月 7日 (日)

大相撲での不可解な展開が続く大麻騒動。真相は別にして、北の湖理事長の潔さのない姿は日本のトップ共通なのか

ウータン福田が辞任会見をしたと思ったら、その形骸化を図るか
のように大相撲で大麻疑惑騒動発覚。自民党に都合の悪いことが
あると、マスゴミのエサになりそうなゴミ騒動が発生して、自民
カルト癒着腐敗政権の問題隠蔽にぴったりのマスゴミ大騒ぎとな
る。なんとも都合の良い真実だ。

大麻なんてのは大した害もなく、日本以外ではまったく犯罪にも
ならないところもある。所詮日本での大麻規制は形式犯みたいな
ものだ。まあそれでも一応法律で違反なんだから違反なことはし
ないのが良い訳だが。

現役横綱時代はふてぶてしいまでの態度と圧倒的な強さで好きな
関取だった北の湖なのだが、理事長という管理職としてはどうも
責任の取り方が潔くないようだ。まあそれは首相や日銀総裁、経
団連会長などどいつもこいつも日本のトップに居座る連中には共
通のもののようで。

今回の騒動も今ひとつ良く分からない部分もあるのだが、弟子の
ことは部屋の責任のようなことを普段から公言していた北の湖な
んだから、ドーピング検査のやり直しなどに拘る姿勢なんかはど
うも潔さがない。理事長職の旨味がよほど大きいのかと思われる
だけなんだが。それでも、今回の大麻騒動には相撲の利権を巡る
ものが裏で蠢いているような感じもあり、ロシア勢だけに疑惑が
集中する展開も不可解だ。

共同通信の記事では
…………
両力士の検査やり直す意向 大麻疑惑で北の湖理事長
 日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は4日、抜き打ちの簡易尿検査で大麻に陽性反応を示した幕内露鵬と十両白露山について、8日にも判明する精密検査の結果にかかわらず、両力士の検査を新たにやり直したい意向を明らかにした。
 白露山の師匠でもある北の湖理事長は「2人は『絶対に大麻を使用していない』と一貫して否定しているんだから、もう1回きっちりと調べ直さないといけない」と話した。また注目される自身の進退問題や処分について「(8日に)結果が出てもすぐには決めない」と述べた。
 また露鵬が腰痛の治療薬を服用していたことが3日に明らかになったことに加え、白露山が痛めている左ひざの鎮痛剤とビタミン剤を8月上旬から3週間以上も服用し続けていたことも4日、分かった。北の湖理事長は「事実は本人(白露山)に確認した。このことも含めて徹底的に調べ直す必要がある」と話した。
2008/09/04 23:01 【共同通信】
…………
ドーピング検査は五輪でもそうだが、異常なまでに過剰検査が
あるのかちょっとした薬さえ飲めないような状態だ。大相撲な
んてしょせん興行スポーツ。だいたいあんな肥満体を作り上げ
ること自体が大食などしないと出来ない訳で、そのほうが大麻
程度を嗜むのよりよほど体に悪いと思うけどね。折角異国の日
本に来て頑張っている外人力士にはなんだか可哀想な気分にも
なって来る。しかも大麻は所持・譲渡は犯罪だが、吸引は対象
外だからね余計だ。

そんなこんなで尿検体を精密分析した結果は陽性反応。時事通
信の記事では
…………
2力士、精密分析でも陽性=露鵬、改めて否定−大相撲大麻問題
 大相撲の幕内露鵬(28)=本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ、ロシア出身、大嶽部屋=と十両白露山(26)=ボラーゾフ・バトラズ・フェーリクソビッチ、同、北の湖部屋=から簡易尿検査で大麻の陽性反応が出たことを受け、日本相撲協会がドーピング(禁止薬物使用)検査機関に依頼していた精密分析でも陽性反応が出たことが6日、分かった。
 露鵬は同日、東京都江東区の大嶽部屋で取材に応じ「やっていない。自分はこの結果を信用しない」と、改めて大麻使用を否定した。師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)も「本人がそう言う以上、信用する」と述べた。
 両力士は2日に相撲協会が実施した抜き打ち検査で陽性反応を示した。簡易キットによる検査だったため、4日に国内唯一の世界反ドーピング機関公認検査機関へ精密分析を依頼していた。
 白露山の師匠でもある北の湖理事長(元横綱)は5日に「何度でも調べてもらう」と語り、精密分析で陽性と出ても、別の機関に再検査を依頼する考えを示している。
 協会の通報を受けた警視庁も両力士から任意で事情を聴き、両力士の所属部屋などを家宅捜索したが、両力士は大麻の所持、使用などを全面的に否定している。
 警視庁は協会の正式な連絡を待ち、2力士を含む関係者から事情聴取をする方針だ。
 相撲協会は先月18日に同じロシア出身の元幕内若ノ鵬(解雇)が大麻所持容疑で逮捕されたことから、十両以上の力士を対象に検査を実施した。 (了)(2008/09/06-14:04)
…………
日本で唯一の検査機関の結果を無視するなら検査の意味自体な
いのだが、治療薬などでも反応が出るらしいから、相撲ファン
としては本人たちの言葉を信じてやりたい気分も。

マスゴミにとってはこれほど騒ぎやすい話題もない訳で、大横
綱大鵬と北の湖の部屋なんだからますますネタにしやすい。こ
の騒ぎで自民カルト癒着腐敗政権の国民騙しの総裁選との大騒
ぎ相乗効果で自民のクサレぶりを忘れやすい国民はどんどん忘
却してくれる効果も大きいと来る。

ところで、逮捕されてしまった若ノ鵬のほうは、サンケイスポ
ーツの記事によると「大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕さ
れた大相撲の元幕内力士、若ノ鵬のガグロエフ・ソスラン容疑
者(20)=ロシア国籍、先月21日付で解雇=について、東
京地検は、勾留(こうりゅう)期限満期の8日にも、不起訴処
分(起訴猶予)とするもようだ。所持していた大麻が微量だっ
たことなどを考慮したとみられる。」なんてのが出ていた。不
起訴処分の前にさっさと解雇されてしまい、折角努力して関取
になった若者の一生も破壊だな。マスゴミで人格否定、罵倒さ
れた若ノ鵬が生け贄にされたようなものか。そして気持ちの悪
い貴乃花が秋場所開催中止もなどといかにもの正義漢ヅラして
おシャベリしてます。

|

« 自民カルト癒着腐敗政権ゴマスリ三昧でハイ状態のマスゴミはまっこと日本の恥 | トップページ | 久しぶりに予定なしでぶらぶらと北東北方面へ温泉巡りドライブ旅行へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42407249

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲での不可解な展開が続く大麻騒動。真相は別にして、北の湖理事長の潔さのない姿は日本のトップ共通なのか:

« 自民カルト癒着腐敗政権ゴマスリ三昧でハイ状態のマスゴミはまっこと日本の恥 | トップページ | 久しぶりに予定なしでぶらぶらと北東北方面へ温泉巡りドライブ旅行へ »