« アメリカで元ファンド投資家が株価下落で一家無理心中。これからも同様の事件は多発だろう | トップページ | 馬鹿そのものの反応しか出来ない暴言症候群野郎麻生首相の記者とのやり取りのあまりのお粗末ぶり »

2008年10月 8日 (水)

株式大暴落の中で日本人に大きな勇気を与えるノーベル物理学賞を日本人3人が同時受賞の快挙。さらに化学賞でも日本人が受賞と来た

どこの記事でも良いのだが、毎日新聞の記事のリード部分では
…………
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、08年のノーベル物理学賞を、米シカゴ大の南部陽一郎名誉教授(87)=米国籍▽高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)の小林誠名誉教授(64)▽京都産業大理学部の益川敏英教授(68)の日本人3人に授与すると発表した。素粒子の理論で先駆的な役割を果たしたことが評価された。日本人のノーベル賞受賞は、02年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授(物理学賞)、田中耕一・島津製作所フェロー(化学賞)以来6年ぶりで、3氏を含め受賞者は計15人。日本人が同じ分野の賞を共同受賞するのは初めて。
 南部氏の受賞理由は、物質の最小単位である素粒子の「自発的対称性の破れの発見」。小林、益川両氏は「CP対称性の破れの起源発見」。素粒子の世界に存在する「破れ」と呼ばれる非対称性の理論化に取り組んだ3氏の業績は、理論物理学の発展に大きく貢献、初めての日本人3人同時受賞につながった。
…………
受賞理由のことなどまるでチンプンカンプンだが、アメリカ
発の株式崩壊の真っ暗闇の中で、日本人が3人同時受賞なん
てのは日本人としてこれほどの喜びはない。政治、経済と日
本の劣化状態の中で日本人に大きな勇気を与えてくれる。

小学生の頃なんて、日本人のノーベル賞受賞者は湯川秀樹博
士だけであり、天上の星のごとくに思っていた。それが、今
回の受賞で日本人の受賞者は15人(南部博士は米国籍だが)
にもなり、受賞者の名前を覚えるのも大変なことに。それは
嬉しいことでもあるが。

基本的に文系人間なのだが、理系の話を本で読むのは大好き
で、中学時代から岩波新書などで数多くの理科系の啓蒙書は
読んで来た。ということで、書棚をちょっと探してみたら、
ブルーバックスで小林教授の「消えた反物質」と南部教授の
「クォーク」があった。どちらもかなり以前に読んでいたの
で記憶が薄れていた。まあ、中身は当然にサッパリ判らない
のだが、この手の本てのは読むだけで刺激たっぷりで楽しい
んだよね。

なんて書いていて、NHKの午後7時のニュースを見ていたら、
ノーベル化学賞受賞者の一人に日本人だとの報道が。受賞し
たのは、生物学や医学の実験に使われるクラゲの緑色蛍光た
んぱく質を発見した米ウッズホール海洋生物学研究所の下村
脩元上席研究員(元名古屋大助教授)で、これで日本人の受
賞者は16人に。なんだか日本人凄いじゃないか。

|

« アメリカで元ファンド投資家が株価下落で一家無理心中。これからも同様の事件は多発だろう | トップページ | 馬鹿そのものの反応しか出来ない暴言症候群野郎麻生首相の記者とのやり取りのあまりのお粗末ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/42725348

この記事へのトラックバック一覧です: 株式大暴落の中で日本人に大きな勇気を与えるノーベル物理学賞を日本人3人が同時受賞の快挙。さらに化学賞でも日本人が受賞と来た:

« アメリカで元ファンド投資家が株価下落で一家無理心中。これからも同様の事件は多発だろう | トップページ | 馬鹿そのものの反応しか出来ない暴言症候群野郎麻生首相の記者とのやり取りのあまりのお粗末ぶり »