« オリックスのプチレンタなるカーシェアリングを環境重視とお門違いのまるでオリックスの広告企画の産經新聞の記事 | トップページ | 同じ日に元厚生事務次官経験者の自宅が立て続けに襲撃され、夕刻の事件では妻が刺されて重傷。年金問題に絡む連続襲撃事件か »

2008年11月18日 (火)

殺害された元厚生事務次官を「年金のスペシャリスト」と書くマスゴミだが、そのスペシャリストが作ったのが犯罪組織社会保険庁であり、混乱の年金制度なんだが

元厚生事務次官殺害事件のニュースをネットで見ていたら、毎
日新聞の記事の中で
…………

年金課長時代に85年の年金制度大改正を手がけ、省内では「年金制度のスペシャリスト」と呼ばれていた。
…………
とか。

また別の記事では
…………

元厚生官僚トップの身に何が起こったのか。さいたま市の自宅で18日朝、殺害されたとみられる元厚生事務次官、山口剛彦さん(66)は現職時代、「年金のスペシャリスト」として知られた有能官僚だった。一方、「歯に衣(きぬ)着せぬ物言い」で知られた。
大物元次官の悲報に、厚生労働省は重苦しい雰囲気に包まれた。山口さんをよく知るキャリア官僚は「岡光元次官の不祥事の後に次官になり、省の信頼回復のために頑張っていた姿が印象的だった。年金問題についてはプロ中のプロだった。とにかく驚いている」と悲痛な表情で語った。
…………
なんてのがあった。「年金のスペシャリスト」「年金問題のプ
ロ中のプロ」ってのはつまりは年金制度政策の親玉ということ
だ。しかし、その制度を作ったのがいかにいい加減なものだっ
たかが現在の年金問題の迷走ではないのか。

社会保険庁の犯罪者たちの犯罪さえまともに監視出来ることも
出来ないような杜撰な制度にし、貴重な年金資金を横領して私
腹を肥やした犯罪者の集団にしてしまったのがこの山口という
人物ではないのか。何がスペシャリストだ。

プロ中のプロということは制度の裏の裏まで判っている訳だか
らこそ、貴重な年金資金が1円の無駄もなく国民の年金資金と
して利用される体制を造る責任があったのではないのか。

それをまともにすることも出来ず、退官後は官僚として天下り
してノーテンキに高額な報酬を得て、自分の作った年金制度が
瓦解している様を放置して恥じることもなかった訳か。

スペシャリスト、プロ中のプロと言われ、自認もしていたなら
天下りしていても制度の責任者だった責任を果たすべきではな
かったのか。国民の年金だけはグジャグジャにしておいて、役
人と議員の年金だけは手厚く温存していたその無責任は知らん
顔だった訳か。この最近の年金問題沸騰の中で、年金制度の責
任者だったこの人物の反省の弁など一度も聴いたこともない。

まさに無責任の集大成天下りエンジョイの高級官僚の見本のよ
うな人物だった訳だ。この事件が口封じか、強盗か、恨みかど
うでもいいが、無責任状態のまま社会保険庁の犯罪を無視した
まま犯罪で手に得たようなカネを手にしたまま安楽を貪ってい
る元社会保険庁長官や保険庁の犯罪に覚えのある役人たちにも
いつか自分たちにも天誅が下るかもしれない。

|

« オリックスのプチレンタなるカーシェアリングを環境重視とお門違いのまるでオリックスの広告企画の産經新聞の記事 | トップページ | 同じ日に元厚生事務次官経験者の自宅が立て続けに襲撃され、夕刻の事件では妻が刺されて重傷。年金問題に絡む連続襲撃事件か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/43155193

この記事へのトラックバック一覧です: 殺害された元厚生事務次官を「年金のスペシャリスト」と書くマスゴミだが、そのスペシャリストが作ったのが犯罪組織社会保険庁であり、混乱の年金制度なんだが:

« オリックスのプチレンタなるカーシェアリングを環境重視とお門違いのまるでオリックスの広告企画の産經新聞の記事 | トップページ | 同じ日に元厚生事務次官経験者の自宅が立て続けに襲撃され、夕刻の事件では妻が刺されて重傷。年金問題に絡む連続襲撃事件か »