« コイズミマンセーに邁進の政権の狗民放でさえ、アホーアッソー(日本の首相をやっているらしいアソウという奴)の支持率調査で大下落。さすがの政権の狗でさえアッソーを見放したようだ | トップページ | オリックスのプチレンタなるカーシェアリングを環境重視とお門違いのまるでオリックスの広告企画の産經新聞の記事 »

2008年11月18日 (火)

年金政策の責任者だった天下りエンジョイ元厚生事務次官が殺されるっていうなかなかに意味深な事件発生

なかなかに意味深な事件発生。厚生省時代に年金問題の責
任者であった元厚生事務次官でこの10年は典型的な税金
ぼったくりの天下り生活をしていた元官僚が夫婦揃って殺
されたようだ。年金問題の根本を知る人物を消して、年金
問題を闇に葬るなんて筋書きも推理小説大好き人間は考え
てしまうイヤーな事件。

朝日新聞ウェブの記事で見てみると
…………
民家で2人刺され死亡、元厚生次官夫妻か さいたま
2008年11月18日13時6分
 18日午前10時20分ごろ、さいたま市南区別所2丁目の民家で、男女2人が上半身から血を流して倒れているのを、近所の人が見つけて110番通報した。浦和署員が駆けつけると、2人はすでに死亡していた。死亡したのはこの家に住む、元厚生事務次官の山口剛彦さん(66)と妻の美知子さん(61)とみられ、同署は身元の確認を急いでいる。
 同署などによると、2人は玄関で仰向けに倒れており、2人とも服の上から胸の付近を刺されたとみられる。男性は玄関から部屋に上がるところで倒れており、女性は玄関の床下に倒れていたという。同署は事件に巻き込まれたとみて調べている。男性はシャツにズボン姿。女性はスカートをはいていたという。玄関付近からは、凶器とみられるものは見つかっていないという。
 玄関のドア付近に血が流れていたため、近所の人が不審に思い、ドアをあけたところ、2人が倒れていたという。玄関は無施錠だった。山口さん宅は2人暮らしだったという。
 現場はJR武蔵浦和駅から徒歩5分ほどの閑静な住宅街。付近の住民によると、昔から住む人が多く、現場周辺は住民以外人通りの少ない場所だったという。
 山口さんは東京都の出身。65年4月に厚生省に入省。88年会計課長、92年年金局長、94年官房長、96年保険局長を歴任後、96年11月に事務次官に就任した。99年8月に同省を退任し、00年1月に社会福祉・医療事業団に入り、01年2月に同事業団理事長に就いた。
…………
コイズミ以降の問題のある事案に関してキーマンがなぜか殺
されたり、自殺したりと不審な状況で消えていく事件が多発。
政権にとってはあまりに好都合に肝心の人物が消えてくれて
いる訳だ。しかし、極めて不審な事件にも拘わらずたいてい
が簡単に自殺、物盗り的殺人みたいに片付けられてしまって、
すべて真相は闇の中状態に。今回もきっと強盗殺人とかで警
察は片付けてしまうんだろうな。

年金問題の闇を知悉する人物が消されたみたいなもんなんだ
が。社会保険庁の杜撰極まる体制やいい加減な年金管理シス
テムを作った人物のようだしね。そういう人物だが、年金問
題でまともに自分の責任を国民に向って言葉にしたことがあ
るだろうか。まあ、大蔵省の役人にしても、どの役人も政策
責任を取ったまともな官僚なんてのはこれまで一人もいない。
責任を取るどころか、天下り生活をエンジョイして税金寄生
生活をしている人間ばかりだがね。

アホのアベシンゾーがすぐにも問題を解決するような大馬鹿
をこいて、結局何の対処も出来ず、さらに事態が悪化、社会
保険庁や厚生省の役人どもが国民から預かった貴重な年金掛
け金をずさんに管理し、その年金資金をまるでテメエたちの
プライベートなカネであるかのように横領して食い物にして、
国民の老後生活に対する不安を極大化させている年金問題。
問題は拡大化する一方なのに、アホーアッソー(日本の首相
をやっているらしいアソウという奴)みたいな年金には何の
関心もない漢字もまともに読めない愚鈍が首相に居座り、さ
らに年金問題は放置だ。

そのうえ、経済音痴の売国奴コイズミを操って円安誘導をさ
せてたんまりと税金を自社利益に転嫁させ、巨額の政治献金
で政治にうるさく口出し、さらには莫大なテレビCF・新聞広
告などでマスゴミを支配・恫喝して恥じることのない売国守
銭奴トヨタの馬面オクダが、マスゴミは年金・保険問題をガ
タガタうるさく報道すんじゃねえとヤクザまがいの恫喝まで
して年金・保険問題を闇に葬ろうとまで画策発言。

その年金問題を闇に葬ろうとしたオクダ傲慢恫喝発言に合わ
せたかのように、年金制度政策の責任者だった天下りエンジ
ョイ元厚生省官僚が消されてしまったのはなかなかに意味深
で深い闇を感じさせる事件だ。大蔵省の天下り官僚にも日本
経済の闇を知り、責任放棄で口を噤んでいる人間は山のよう
にいる訳だが。

|

« コイズミマンセーに邁進の政権の狗民放でさえ、アホーアッソー(日本の首相をやっているらしいアソウという奴)の支持率調査で大下落。さすがの政権の狗でさえアッソーを見放したようだ | トップページ | オリックスのプチレンタなるカーシェアリングを環境重視とお門違いのまるでオリックスの広告企画の産經新聞の記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/43153320

この記事へのトラックバック一覧です: 年金政策の責任者だった天下りエンジョイ元厚生事務次官が殺されるっていうなかなかに意味深な事件発生:

» 元厚生事務次官の山口剛彦さん夫妻が自宅で殺害された事件。 [本質]
山口剛彦元厚生事務次官(66)=現在は全国生活協同組合連合会の理事長=夫妻が自宅 [続きを読む]

受信: 2008年11月18日 (火) 21時58分

« コイズミマンセーに邁進の政権の狗民放でさえ、アホーアッソー(日本の首相をやっているらしいアソウという奴)の支持率調査で大下落。さすがの政権の狗でさえアッソーを見放したようだ | トップページ | オリックスのプチレンタなるカーシェアリングを環境重視とお門違いのまるでオリックスの広告企画の産經新聞の記事 »