« 今日の午前中はNHK教育テレビが温暖化対策だとかのアホこいて放送停止していた | トップページ | 国民苦吟の年末、アホーアッソーは読みもしない本を買うパフォーマンスしてさっさと休暇入りのお気楽ノーテンキぶり »

2008年12月29日 (月)

今日は久しぶりに映画「ローリングサンダー」を観てみた。コイズミの似非カイカクに疲弊した閉塞的状況下でさらにその素晴しさを確認

現在公開している映画と言うか、最近の映画にはサッパリ刺激も
精神の高揚感もないモノばかりで、乗るのも嫌な地下鉄に乗って
わざわざ高い交通費を払ってまで観に行きたいものがない。

ということで、昔の映画でお気に入りのものを家で酒でも飲みな
がらのんびりと観るのに限る。電車なんかに乗れば、風邪かイン
フルエンザに罹っている奴に限ってマスクを掛けてもいないし、
所構わず咳をしているアホーアッソーのような愚鈍馬鹿がわんさ
かいるので、風邪なんか移されたらたまらないしね。

天気も良かったので、部屋の片付け、掃除などしたあと、熱燗飲
みながら観たのが70年代のベトナム後遺症を扱った映画の中で
も大のお気に入りのひとつである「ローリングサンダー」だ。

今から30年ほど前の作品で、監督はジョン・フリン、脚本の一
人が「タクシードライバー」のポール・シュレイダーってだけで
映画の雰囲気が想像出来、期待感高まる作品。まあ、そんなこと
を公開当時観る前に思っていたわけではないが、観たあと、脚本
が「ザ・ヤクザ」「タクシードライバー」のシュレイダー、あの
ご機嫌な激渋アクション映画「組織」のフリン監督ってことを知
って、なるほどなと思った作品。つまりは、凄く素晴しい映画だ
ったってことで、ラストの復讐のアクションの高揚感、そしてそ
の刹那さと絶望感に打たれる作品で、映画館でたて続けに2度観
てしまったほどだ。

日本じゃ映画好きでもあまり知らない作品かもしれない。なにし
ろ主演が渋さ際立つウィリアム・ディヴェインで、脇に当時登場
したばかりの今や大スターのトミー・リー・ジョーンズだ。30
年前の日本じゃほぼ無視されただろうね。ディヴェインの方は一
応ヒチコックの最後の作品「ファミリー・プロット」で知ってい
た俳優だが、他のキャストは公開当時ほぼ知らなかった。でも、
映画ってのはそういう先入観なしで観るのが一番楽しいわけで、
そしてそれが良かった時のご機嫌なこと。

この映画を今日観たのはもうかなり以前に録画していたビデオテ
ープだったので映像の悪いこと。でもそれがかえって映画の雰囲
気にはあっていたのだが。NHKBSも同じ映画を何回も放送するな
らこういう隠れた名作を放送してほしいものだ。この映画、今の
売国奴コイズミに破壊されて、愚鈍馬鹿のアホーアッソーが国民
感情をまるで読めないまま首相椅子に居座り続けて、閉塞感ばか
り漂う日本の現状で観るとあまりにぴったり。ひととき気分爽快
にさせてくれる。


1

|

« 今日の午前中はNHK教育テレビが温暖化対策だとかのアホこいて放送停止していた | トップページ | 国民苦吟の年末、アホーアッソーは読みもしない本を買うパフォーマンスしてさっさと休暇入りのお気楽ノーテンキぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/43566683

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は久しぶりに映画「ローリングサンダー」を観てみた。コイズミの似非カイカクに疲弊した閉塞的状況下でさらにその素晴しさを確認:

« 今日の午前中はNHK教育テレビが温暖化対策だとかのアホこいて放送停止していた | トップページ | 国民苦吟の年末、アホーアッソーは読みもしない本を買うパフォーマンスしてさっさと休暇入りのお気楽ノーテンキぶり »