« オバマ大統領からすでに就任1週間経つのに最大のアメリカの友邦である日本の首相には電話もなし。売国奴コイズミがブッシュのただの狗でしかなかった証明みたいなもんだ | トップページ | 「かんぽの宿」の疑惑一杯の一括譲渡問題で頑張る鳩山大臣。「その経緯を全然知りません」とアホこき、責任回避するだけのアホーアッソー »

2009年1月28日 (水)

ちょっと外出して買い物ついでに「007慰めの報酬」など映画2本鑑賞。その間にアホーアッソーが無意味な施政方針演説をしたそうな

今日は朝から外出して、ちょっと電気部品の買い物ついでに映
画2本を鑑賞。鑑賞した映画はレオナルド・ディカプリオとケ
イト・ウィンスレットの「タイタニック」コンビが久しぶりに
共演の「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」と
ダニエル・クレイグのボンド第2弾「007慰めの報酬」の2
本。感想はまた後ほど。

その外出している間にアホーアッソーが衆参両院で就任後初の
施政方針演説をしたそうな。時事通信の記事によると
…………
消費増税へ「景気回復に全力」=野党に協議呼び掛け−首相施政方針

 麻生太郎首相は28日午後の衆院本会議で、施政方針演説を行った。首相は、持続可能な社会保障制度実現のため、経済状況の好転を前提に2011年度からの消費税増税の必要性を強調、「11年度に向けて景気が回復するよう全力を尽くす」との決意を表明した。
 首相は、国会対応について「不況から脱出するためにも、(09年度)予算や関連法案を早急に成立させることが必要だ」と野党に協力を要請、「野党にも良い案があるなら大いに議論をしたい」と協議を呼び掛けた。昨年9月の就任直後の所信表明演説では「民主党は政局第一」などと断じて対決姿勢を前面に出したが、政権の実績を上げることを優先し、軌道修正した。 
 首相は演説の冒頭、政権の理念として、世界にあっては「新しい秩序創(づく)りへの貢献」、国内では「安心と活力ある社会」の実現をそれぞれ掲げた。その上で、国内的には、弱者への配慮などの点で「わが国はなお不十分」と認め、「政府の重点を生活者支援へ移す」と述べ、小泉構造改革路線からの事実上の転換を宣言した。
 また、急激に悪化した雇用情勢に対応するため、今後3年間で160万人の雇用創出や、「新たな成長戦略」の策定も打ち出した。
 一方、「新しい秩序創りへの貢献」として、ソマリア沖の海賊対策のため「新たな法制の整備を検討する」と力説。オバマ新大統領が就任した米国との同盟強化や、領土問題の最終的な解決を目指しロシアと交渉を進める方針なども示した。
 首相は最後に、戦後日本の繁栄を理由に「日本の底力は、必ずやこの難局を乗り越える」と経済危機克服への自信を改めて表明。「新たな国づくりに全力を傾注する。私は決して逃げない」と政権維持に強い決意を示し、演説を締めくくった。(了)(2009/01/28-13:37)
…………
「安心と活力のある社会」ね、ああそうですか。お前が口先だ
けの大口叩き続けて、経済対策何もしないで年末放置して、ヤ
ルヤル詐欺首相のくせに良く言うよ。お前が首相に居座り続け
ること自体が、安心欠如、活力減退の日本になっているのが分
らないボケ馬鹿殿状態にはもううんざりするばかり。

PS:日刊ゲンダイによると、アホーアッソーが施政方針演説で
またまた漢字の読み間違いをしたとか。それも参画を「さんが」
と読むなど、4連発!とか。中川財務相も渦中を「うずちゅう」
って読んだそうな。もう馬鹿総出演のアッソー内閣。

|

« オバマ大統領からすでに就任1週間経つのに最大のアメリカの友邦である日本の首相には電話もなし。売国奴コイズミがブッシュのただの狗でしかなかった証明みたいなもんだ | トップページ | 「かんぽの宿」の疑惑一杯の一括譲渡問題で頑張る鳩山大臣。「その経緯を全然知りません」とアホこき、責任回避するだけのアホーアッソー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/43892110

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと外出して買い物ついでに「007慰めの報酬」など映画2本鑑賞。その間にアホーアッソーが無意味な施政方針演説をしたそうな:

« オバマ大統領からすでに就任1週間経つのに最大のアメリカの友邦である日本の首相には電話もなし。売国奴コイズミがブッシュのただの狗でしかなかった証明みたいなもんだ | トップページ | 「かんぽの宿」の疑惑一杯の一括譲渡問題で頑張る鳩山大臣。「その経緯を全然知りません」とアホこき、責任回避するだけのアホーアッソー »