« 与謝野経済トリプル大臣がタケナカの詐欺理論「トリクルダウン効果」を国会答弁で一蹴 | トップページ | 「解散というものは総理大臣の専権事項」がスローガンになったヒョットコ野郎アッソー。国民には虚しさ、閉塞感が増すばかり »

2009年2月25日 (水)

企業絡みの面白い記事満載のサイト「東京アウトローズ」が郵政のニシカワ社長の過去の悪辣ぶりを3回連載で解説

かんぽの宿疑惑噴出のなかで、郵政の公社時代からのその
国民資産があまりにも一部のハゲタカどもに私物化されて
来たことが暴露されて来ているのだが、そのかんぽの宿疑
惑問題では当初公正な入札だと嘯いていたくせに、国会で
そうではなかったと白状してしまった郵政のニシカワ社長
の過去の悪辣なやり方を東京アウトローズという企業絡み
の話で面白い記事の多いサイトが3回連載で解説してくれ
ている。実に読み応えのある記事だ。

【特別寄稿】日本郵政・西川善文社長の「犯罪」を糺す(上)

【特別寄稿】日本郵政・西川善文社長の「犯罪」を糺す(中)

【特別寄稿】日本郵政・西川善文社長の「犯罪」を糺す(下)

|

« 与謝野経済トリプル大臣がタケナカの詐欺理論「トリクルダウン効果」を国会答弁で一蹴 | トップページ | 「解散というものは総理大臣の専権事項」がスローガンになったヒョットコ野郎アッソー。国民には虚しさ、閉塞感が増すばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/44177451

この記事へのトラックバック一覧です: 企業絡みの面白い記事満載のサイト「東京アウトローズ」が郵政のニシカワ社長の過去の悪辣ぶりを3回連載で解説:

« 与謝野経済トリプル大臣がタケナカの詐欺理論「トリクルダウン効果」を国会答弁で一蹴 | トップページ | 「解散というものは総理大臣の専権事項」がスローガンになったヒョットコ野郎アッソー。国民には虚しさ、閉塞感が増すばかり »