« アッソーの民営化見直し発言や森元首相の「民営化正しいと思っていたのはコイズミだけ」発言などで尻に火がついたのかコイズミが薄ら笑い引きつらせてアッソー攻撃 | トップページ | コイズミがかんぽの宿騒動もみ消しに必死の形相でアッソー攻撃した似非カイカク利権死守集会発言を垂れ流し状態のマスゴミ »

2009年2月13日 (金)

胡散臭い奴オンパレードのダイヤモンドオンラインで、タケナカ一派の一人、慶応の教員らしい岸博幸という人物がネットはゴミの山と国民愚弄の傲慢発揮

コイズミ・タケナカ売国一派には碌でもないクズばかりが蠢
いて吐き気を催すばかりなのだが、タケナカが執筆者の一人
として国民騙し文を書きなぐっている「ダイヤモンド・オン
ライン」ってゴミ評論の掃き溜めがある。

その中の一人で、経歴によると「1986年通商産業省(現経済
産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでM
BAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て
竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通
信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年か
ら慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から
現職。現在はエイベックス非常勤取締役を兼任」なる慶応大学
の教員をしている岸博幸なる人物が自分の連載の13日付けの
「クリエイティブ国富論」で「かんぽの宿騒動で分った!賛否
なき日本のネットはゴミの山」ってあまりにも国民見下しのボ
ケ記事を書いている。

その経歴でも明らかなように、タケナカヘーゾーの毒に侵され
たいわゆる似非カイカクマンセーの官僚上がりの竹中流れのエ
セ学者。その日本国民を見下し馬鹿扱いのゴミ文章の中でこの
タケナカの金魚の糞のような偉い先生は
…………
私は個人的に、“かんぽの宿”騒ぎを通じてその答えが明確になったと思っています。日本のネットはゴミの山であり、ジャーナリズムの担い手になり得ないことはもちろん、民主主義の強化に何の貢献もしていないと確信しています。

“かんぽの宿”騒ぎの
本当のインプリケーション

“かんぽの宿”はいよいよ大騒ぎになっています。もちろん、真実はまだ明らかにされていません。ただ、今回の騒ぎは別の点で教訓を提示していることに留意すべきです。

 皆さんもグーグルやヤフーで“かんぽの宿”を検索してみてください。検索結果の最初の数ページを開いてみると、驚くまでに同じような内容、具体的にはオリックス政商論、小泉—竹中—宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレードです。それも、評論家と称する一部の人たちの意見の引用と礼賛ばかりが目につきます。もちろん、丹念に探せばそれと反対の意見もネット上に出ているのでしょう。しかし、検索の上位に来なければ埋もれるだけです。

 民主主義が貫徹されるためには、どんな事象についても賛否両論が健全に展開されるべきです。そのためには、トーマス・ジェファーソンの言葉からも明らかなようにジャーナリズムが重要な役割を果たすのです。ところが、“かんぽの宿”から明らかになったのは、日本のネット上は同じような一面的な評論とその安直な引用ばかり、情報のゴミ溜めとなっており、今のままではマスメディアに代わってジャーナリズムを支え、民主主義を強化する器にはなり得ないということです。スキャンダルやゴシップの集積場でしかないのです。
…………
なんて偉そうに自分が民主主義の騎手であるかのように、日本
のトーマス・ジェファーソンのつもりなのかとことん日本人を
馬鹿にし切っている。というより一体この馬鹿は何を言いたい
わけなのだ。文章自体が支離滅裂。本当にこの馬鹿は慶応の教
員なのか。売国奴タケナカの小間使いというかお稚児さんして
いるだけじゃないのか。あまりに馬鹿度が炸裂している。

ネット上には賛否がなく、「かんぽの宿」に関しては「オリッ
クス政商論、小泉—竹中—宮内陰謀論、日本郵政不正論のオン
パレードです」だとさ。どこを見てこのボケナスは傲慢こいて
いるのだろうか。ネットウヨのゴキブリどもをはじめ、新自由
主義マンセーの朝日新聞や日経など、池田信夫なんていう5流
自称経済学者なんてのがわんさか「かんぽの宿」一括譲渡に問
題無しと喚きまくっているではないか。それよりも、コイズミ
独裁時代にネット上ばかりでなく、マスゴミすべてがコイズミ
マンセー状態になり、コイズミ批判者はマスゴミから消されて
しまった狂った状況こそコイズミ翼賛だけの民主主義が消えて
しまったのではなかったのか。この程度の教員から教育を受け
る慶応大学の学生はまことに不幸だ。

こいつにとって、コイズミ・タケナカ一派の一員として日本破
壊に貢献した戦果が今改めて検証されるのがよほど怖いのだろ
うか。しかし、この程度の碌でもない学者もどきが徘徊する慶
応大学ってのはなんともとんでもハップンの学者もどきのゴミ
タメではある。

|

« アッソーの民営化見直し発言や森元首相の「民営化正しいと思っていたのはコイズミだけ」発言などで尻に火がついたのかコイズミが薄ら笑い引きつらせてアッソー攻撃 | トップページ | コイズミがかんぽの宿騒動もみ消しに必死の形相でアッソー攻撃した似非カイカク利権死守集会発言を垂れ流し状態のマスゴミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/44043848

この記事へのトラックバック一覧です: 胡散臭い奴オンパレードのダイヤモンドオンラインで、タケナカ一派の一人、慶応の教員らしい岸博幸という人物がネットはゴミの山と国民愚弄の傲慢発揮:

» ある一人の改革派の苛立ち(2) [道はまよはじなるにまかせて]
2月になって、「かんぽの宿」問題がようやくマスコミでも取り上げられ始めますが、そ [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 03時31分

« アッソーの民営化見直し発言や森元首相の「民営化正しいと思っていたのはコイズミだけ」発言などで尻に火がついたのかコイズミが薄ら笑い引きつらせてアッソー攻撃 | トップページ | コイズミがかんぽの宿騒動もみ消しに必死の形相でアッソー攻撃した似非カイカク利権死守集会発言を垂れ流し状態のマスゴミ »