« 総選挙いつでもありかもの微妙極まる時期に政治的公正のはずの検察が次期政権確実の野党党首を狙い撃ちってどう考えても検察不信爆発だ | トップページ | 自民・公安の使い走り狗のマスゴミ中の究極のゴミ産經新聞が小沢一郎秘書逮捕事件では、見境もない小沢一郎攻撃で、西松建設から自民党議員へのカネ問題は完全に無視のキチガイ状態 »

2009年3月 4日 (水)

定額給付金絡み法案衆院で再可決。ヘタレの小心者コイズミは欠席の情けない限りの対応。同調はゴミ議員一人だけ

定額給付金絡みの第2次補正予算法案が衆院再議決で3分の2以
上で再可決された。その再議決では予定通り堂々と否決すること
もなく、小心者丸出しの売国奴コイズミが欠席という姑息極まる
女の腐ったようなこの汚らしいクズ野郎らしいやり方をした。そ
のクズに従ったのは小野次郎っていう銀座のボッタクリ寿司屋の
傲慢オヤジと同じ名前(寿司屋のオヤジは二郎だが、店の看板と
しては見栄えがいい次郎にしている)のコイズミ散るドレンの一
人だけの情けなさ。

時事通信の記事で
…………
給付金法が成立=衆院再可決、小泉・小野氏が造反
 定額給付金や高速道路料金引き下げの財源を確保する2008年度第2次補正予算関連法は4日午後、衆院本会議で成立した。午前の参院本会議では野党の反対多数で否決。その後、与党は憲法59条の規定に基づき、衆院本会議で3分の2以上の賛成により再可決した。再議決に異論を唱えた自民党の小泉純一郎元首相は衆院本会議を欠席、同氏の秘書官を務めた小野次郎議員は途中退席したが、党内から多数の造反者は出なかった。
 参院は4日午前の本会議で、2次補正関連法を民主、共産、社民、国民新各党などの反対多数で否決。衆参両院の議決が異なったことから、衆院に直ちに返付された。午後の衆院本会議ではまず、民主党提出の両院協議会を求める動議が与党の反対多数で否決された。その後、関連法が再可決された。
 関連法から給付金部分を除いた民主党など野党3党提出の対案は参院本会議で可決され、衆院に送られたが、与党は審議せずに廃案にする方針。 
 小泉氏は同日午前、自民党と衆院事務局に「所用のため」本会議を欠席するとの届け出を提出した。また小野氏は、採決棄権の理由を「給付金は国民の理解や支持を得られる形で実施するのが望ましい」と説明した。これに先立って、同党の大島理森国対委員長は国会内に衆院当選1回生議員を集め、「みんなでスクラムを組み国民への責任を果たすことが、民主党との違いを示す最大のポイントだ」と党方針に従うよう呼び掛けた。
 2次補正関連法は、財政投融資特別会計から約4兆円を一般会計に繰り入れる内容で、2兆円の給付金や、大都市圏を除く高速道路料金の値下げ(土日祝日は上限1000円)などの財源となる。
 一方、参院は同日午前の予算委員会で、09年度予算案の趣旨説明を行い、審議入りした。
…………
大事な衆院の議決で「所用のため」に本会議を欠席ってなんだよ。
議員の職責を果たせよクズ野郎。国会の仕事より大事な仕事が議
員にあるってのか。

それにしても、郵政民営化をさらにゴリ押しして私利私欲を完遂
しようした推進ゴキブリ議員集会の1回目に集まったのが70人
弱、先日のコイズミがアッソーの見直し発言を「笑っちゃうしか
ない」ともう必死の形相で言った2回目のゴキブリ議員集会に集
まったのが20人も満たず。

それが、わざわざ利権漁りに行ったロシアで「欠席する」とかま
した(欠席なんてこと自体がもう小心者そのもので、ビビりまく
っている証拠)コイズミだが、その郵政民営化すなわち国民資産
の私物化に拘るコイズミに同調したのがなんとゴミのような存在
でしかないヘタレ議員一人だけ。

まあ、小心者コイズミだから、除名処分だけは勘弁願います、馬
鹿息子の自民党公認も是非お願いいたしますだ、と自民の選挙対
策幹部にでも土下座でもして頼んだんじゃないのか。こいつの願
いは一族郎党が税金寄生して生活出来る議員に執着することだけ
だからな。

今回のコイズミの欠席は情けない限りの対応だが、とにかく自民
党議員としては造反だ。このコイズミが郵政民営化に反対するま
ともな議員を抵抗勢力と措定して除名、刺客などあらゆる手段弄
して排除したよな。ならば、今回のコイズミらの二人も立派な造
反、抵抗勢力だ。即除名処分、刺客立て、コイズミの馬鹿ガキの
自民公認無しにしないと筋が通らないな。さあさあ、矜持のある
アッソーは断固とした処分が出来るかな。コイズミなんてもう誰
も見向きもしないヘタレでしかないぞ。決然とした処分すれば一
気にアッソー支持率も上昇するけどな。

P.S.:
そして自民党の処分が決まったって記事を時事通信の記事で
…………
小泉氏処分せず、小野氏は戒告=自民
 自民党の細田博之幹事長は4日午後、国会内で記者団に対し、定額給付金関連法を再可決した衆院本会議を欠席した小泉純一郎元首相の処分を見送る一方、衆院本会議を途中退席した小野次郎衆院議員は戒告処分とすることを明らかにした。 (了)
(2009/03/04-15:41)
…………
もう最低のクズどもだね。コイズミが土下座でもして馬鹿ガ
キの公認もらうこと、処分無しをお願いしたんだろう。アホ
らしすぎる自民クサレ党。コイズミの処分無しはこれまでの
功績に免じてだとよ。あまりのアホらしさにドッチラケ。コ
イズミの功績ってなんだよ。倒産、自殺増加、外資への国家
資産なだれ込みの売国システム造り、医療・介護・保険シス
テム破壊、財政赤字拡大などが功績かい。功績どころから犯
罪そのものだろうが。

|

« 総選挙いつでもありかもの微妙極まる時期に政治的公正のはずの検察が次期政権確実の野党党首を狙い撃ちってどう考えても検察不信爆発だ | トップページ | 自民・公安の使い走り狗のマスゴミ中の究極のゴミ産經新聞が小沢一郎秘書逮捕事件では、見境もない小沢一郎攻撃で、西松建設から自民党議員へのカネ問題は完全に無視のキチガイ状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/44242083

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金絡み法案衆院で再可決。ヘタレの小心者コイズミは欠席の情けない限りの対応。同調はゴミ議員一人だけ:

« 総選挙いつでもありかもの微妙極まる時期に政治的公正のはずの検察が次期政権確実の野党党首を狙い撃ちってどう考えても検察不信爆発だ | トップページ | 自民・公安の使い走り狗のマスゴミ中の究極のゴミ産經新聞が小沢一郎秘書逮捕事件では、見境もない小沢一郎攻撃で、西松建設から自民党議員へのカネ問題は完全に無視のキチガイ状態 »