« 女性タレントのプロフィールの記憶自慢する愚鈍ヒョットコ野郎首相が、天皇の前での結婚50年記念祝辞でまたまた漢字の読み間違えの切腹ものの大失態 | トップページ | 将棋名人戦の真剣勝負の対局中に朝日新聞の観戦記者がサインを羽生名人におねだりの前代未聞の大失態のボケ曝し »

2009年4月10日 (金)

役人どもの間だけの前例主義でしかない内規に反するというだけで制服に付けるワッペン作り替えで貴重な都税3400万円を無駄遣いしたアホの象徴都下水道局

テレビニュースを見ていたら、都の下水道局が制服に付ける所属
ワッペンをどうでも良い内規に反していたというだけで作り替え
るのに貴重な都税3400万を無駄遣いしていたというニュース
を流していた。

それを時事通信の記事で読んでみると
…………
「線1本」作り直しで3400万円=ワッペン2万枚無駄に−都下水道局
 東京都下水道局職員の制服に付けるワッペンのデザインが都の内部規定に違反するとして、同局がワッペン約2万枚を約3400万円掛けて作り直していたことが10日、分かった。石原慎太郎知事は同日の記者会見で「悪い意味での律儀さは世間では通用しない。ばかな無駄を行った役人を訓戒処分くらいは当然する」と述べ、作り直させた職員の処分を検討する考えを示した。
 都下水道局は、今年4月から導入する制服に付けるため昨年、イチョウをかたどった都のシンボルマーク入りのワッペン2万枚を作製。マークの横の「東京都下水道局」の文字の下には、水色の波線を添えた。しかし、マークの使用基準を示した内規に照らすと、波線が「ほかの要素を加えない」とする規定に抵触することが分かり、波線のないワッペンに作り直した。(2009/04/10-18:30)
…………
報道ステーションでもこのニュースをやっていたが、そこでコメ
ントしていた下水道局労務課長ってのが笑ってしまうほどの小役
人らしい馬鹿ぶりを満開させていた。

内規に従ったまでとシラッと言う顔には感情も何もないまさに役
人のアホの象徴のようであった。コイツラは内規そのものに疑問
さえ感じないほど鈍感になっているのだろうか。

時事通信の記事に出ていた件のワッペンの写真では役人の前例主
義のアホでしかない内規に反するワッペンの方が青色の波線がい
かにも爽やかな水をイメージさせるもので、それを廃棄してまで
無駄に税金を費消して作り替える馬鹿どもの精神構造にはほとほ
と呆れ返るばかり。このような腐り切った精神構造が社会保険庁
のウジ虫どもの間にも蔓延していたのだろうと思うと絶望感のみ。

20090410

|

« 女性タレントのプロフィールの記憶自慢する愚鈍ヒョットコ野郎首相が、天皇の前での結婚50年記念祝辞でまたまた漢字の読み間違えの切腹ものの大失態 | トップページ | 将棋名人戦の真剣勝負の対局中に朝日新聞の観戦記者がサインを羽生名人におねだりの前代未聞の大失態のボケ曝し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/44630365

この記事へのトラックバック一覧です: 役人どもの間だけの前例主義でしかない内規に反するというだけで制服に付けるワッペン作り替えで貴重な都税3400万円を無駄遣いしたアホの象徴都下水道局:

« 女性タレントのプロフィールの記憶自慢する愚鈍ヒョットコ野郎首相が、天皇の前での結婚50年記念祝辞でまたまた漢字の読み間違えの切腹ものの大失態 | トップページ | 将棋名人戦の真剣勝負の対局中に朝日新聞の観戦記者がサインを羽生名人におねだりの前代未聞の大失態のボケ曝し »