« 役人どもの間だけの前例主義でしかない内規に反するというだけで制服に付けるワッペン作り替えで貴重な都税3400万円を無駄遣いしたアホの象徴都下水道局 | トップページ | 2チャンネル荒らし、将棋名人戦サイン事件等々、最近とみに劣化度が激しい朝日新聞。その劣化度はコイズミ似非カイカクをいまだにマンセーする愚かさにも鮮明 »

2009年4月11日 (土)

将棋名人戦の真剣勝負の対局中に朝日新聞の観戦記者がサインを羽生名人におねだりの前代未聞の大失態のボケ曝し

ニュースサイトを見ていたら、昨日開催された将棋の名人戦の“対局
中”に朝日新聞の将棋観戦記者が羽生善治名人に扇子を差し出してサ
インをおねだりする驚天動地のアホな恥さらしをした「ホンマかい
な」とちょっと信じられない事件があったようだ。

共同通信の記事では
…………
将棋名人戦で記者が失態 対局中にサイン求める

 10日午前に東京都文京区の椿山荘で行われた将棋の第67期名人戦7番勝負の第1局で、フリーの観戦記者(75)が対局中の羽生善治名人に扇子を差し出してサインを求める失態を演じた。観戦記を依頼した主催の朝日新聞社は同日、この記者を厳重注意し、サインに応じた羽生名人と挑戦者の郷田真隆9段に陳謝した。
 羽生名人は「突然のことだったので戸惑ったが、10秒、20秒のことなので対局に影響はなかった。個人的には特に気にしていない」と話した。
 対局中の棋士にサインを求めることは常識では考えられず、この場面がテレビ放映されたこともあり、日本将棋連盟にも問い合わせがあった。2009/04/10 23:33 【共同通信】
…………
記事を読んでいるだけではどうもその場の雰囲気などが分らない。
のシーンがNHKBSで午前9時から放送の中のことだったようなので、
Youtubeにアップされていないかなと「名人戦」で検索してみるとト
ップに出て来た。

見てみて、これは酷いの一言。真剣勝負の将棋の対局中、しかも長考
中の羽生名人に声をかけて、扇子とペンを渡して本当にサインを頼ん
でいるじゃないの。どんだけ馬鹿なんだよこの観戦記者。ボケ観戦記
者の右に座っている若手棋士は顔を伏せてしまっているが、あまりの
馬鹿らしさに笑いをこらえているんだろうな。しかし、観戦記者のマ
ジ顔見ていると、完全にボケているよこの耄碌ジジイ。

NHKも今日放送したようで、その一部では
…………
 対局中にサインを求めたのは、朝日新聞が委託している75歳のフリーの記者です。この記者は、10日に東京で行われた将棋の名人戦第1局の2日目を取材している際、対局中の羽生名人に扇子とペンを差し出してサインを求めました。羽生名人は、少し驚いた様子を見せましたが、扇子にサインをして、そのまま対局を続けました。
対局は、10日午後10時前に158手で、挑戦者の郷田真隆九段が投了して、羽生名人が勝ちました。朝日新聞は、この記者に対して、礼を失した行為だとして口頭で厳重注意しました。この記者は、昭和51年から朝日新聞の嘱託として将棋の観戦記などを書き、その後、フリーとなって今回も観戦記を委託されていたということです。
…………
なんてなっている。フリー記者とかになっているが、長年朝日新聞の
記者として観戦記を書いて来た訳で、フリーとか関係ない。朝日新聞
の記者そのものであって、こんなアルツハイマー状態の耄碌ジジイを
雇っている朝日の責任なんだが、コイズミ以来自己責任なんて元から
なかったものがさらに消滅した朝日の劣化ぶりを示す見本のような事
件だ。

将棋の対局って言えば、そのシリアス度合いは並じゃない。そんな場
でサインを求める、しかも観戦記者がそれをするってもうお笑いでし
かない。例えれば、野球でバッターボックスに立っている選手にサイ
ンを求める、リングで戦っている最中のボクシング選手にリング上で
サインを求める、そういう破廉恥極まるアホ行為だ。それを、朝日新
聞は口頭で注意ね。馬鹿新聞マスゴミの典型だな。

さらいにスポーツ報知の記事の一部では
…………
サインを求められてから書いて渡すまで、約1分ほどという。記者は郷田9段の手番の最中と勘違いしたようで、同社の担当者が、昼休み休憩に、記者に「対局中に対局者に声をかけるような行動は慎んでほしい」と注意。記者は「うかつでした」と話しているという。
 この記者は76年から99年まで、同社の嘱託として観戦記などを書き、その後はフリーの観戦記者として活動。羽生名人とは、名人がプロになって以来の親しい関係とのことで、サインを頼んだと見られる。
…………
「うかつでした」って、アルツハイマー状態か。この馬鹿記者は羽生
の手番じゃないと勘違いしたそうなんだが、そういう問題じゃないが
な。対局中にサインを求めること自体が基本アホだし、観戦記者なの
にまともに対局も把握していない訳でさらに馬鹿、そして羽生名人と
親しい関係と言いながらサインを求める(それも対局中に)ことの記
者としてのプライドも何もない究極の馬鹿であることをこのボケ老人
は証明しているんだから、将棋の世界から追放するのが一番ってこと
だろう。どんだけ甘いんだよ朝日新聞は。それより、すべての記事で
このボケ老人観戦記者の名前を出していないな。無罪推定の逮捕段階
で些細な事件でも大げさに名前まで出して(無罪になってもそのこと
はその後報道もしない訳で、無罪でも名前出された人間の人生破壊)
報道するくせに、身内だと名前も出さないマスゴミの醜さ。

|

« 役人どもの間だけの前例主義でしかない内規に反するというだけで制服に付けるワッペン作り替えで貴重な都税3400万円を無駄遣いしたアホの象徴都下水道局 | トップページ | 2チャンネル荒らし、将棋名人戦サイン事件等々、最近とみに劣化度が激しい朝日新聞。その劣化度はコイズミ似非カイカクをいまだにマンセーする愚かさにも鮮明 »

コメント

こんにちは。
この映像、何度見ても笑えましたけど。
不謹慎でしょうか。
ドリフのコントで「もしも・・」とかいうパターンが有りましたが、それを彷彿とさせますね。(笑)
しかし、またもや朝日のスキャンダルですね。2チャンネル書き込みも、まだ記憶に新しいのに。

投稿: something | 2009年4月11日 (土) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/44635922

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋名人戦の真剣勝負の対局中に朝日新聞の観戦記者がサインを羽生名人におねだりの前代未聞の大失態のボケ曝し:

« 役人どもの間だけの前例主義でしかない内規に反するというだけで制服に付けるワッペン作り替えで貴重な都税3400万円を無駄遣いしたアホの象徴都下水道局 | トップページ | 2チャンネル荒らし、将棋名人戦サイン事件等々、最近とみに劣化度が激しい朝日新聞。その劣化度はコイズミ似非カイカクをいまだにマンセーする愚かさにも鮮明 »