« 南東北湯治主体温泉巡り10日間その14、肘折温泉「松井旅館」 | トップページ | 南東北湯治主体温泉巡り10日間その16、肘折温泉「葉山館」 »

2009年4月30日 (木)

南東北湯治主体温泉巡り10日間その15、肘折温泉「三春屋本館」

肘折温泉の中心部にある昔ながらの雰囲気がにじみ出る湯治
宿。これまで2回ほど玄関入ってすぐにある貸し切りの風呂
を利用しているが、その独自源泉を使用した風呂がお気に入
りで今回もお邪魔することに。

声をかけると、中国人だろうと思われる女性従業員が応対に
出て来たが、風呂の日の無料システムを知らないようで、ち
ょっと待ってねと奥へ行き、若女将が出て来て入浴どうぞに。

ここの目当ては玄関入ってすぐの左手にある三春屋独自源泉
の「三春屋源泉」が味わえる風呂。浴室は脱衣所から階段を
2〜3段下がったところにある少し密室感のある半地下状態
で、真ん中に一間四方の小振りな石作りの湯舟が。隅の岩作
り風の注ぎ口から静かに透明な湯が注入されている。

ごく薄く白濁の貝汁のような感じで、味は金気と炭酸風味が
する穏やかな湯。これまで2回入浴していて、静かに源泉が
湯舟に注がれて、湯面が鏡のようになっている静謐な湯舟の
趣がお気に入りの温泉。三春屋では組合源泉利用の3階にあ
るらしい浴室は利用したことはない。しかし、この素晴らし
い湯舟に浸かるだけで大満足。

浴室の窓の外は肘折温泉のメインストリートで、入浴してい
ると歩行者の話し声も聞こえて来る。そのなかで湯舟にじっ
と浸かっていると、聞こえるのはわずかに浴室内に響く湯舟
に注がれる湯音だけの至福の時間だ。窓ガラスからの光が満
ちる小振りな浴室は素晴しい。湯口に置いてあるコップで湯
を飲んでみると、わずかな鉄味に甘塩味で意外に美味い。

女性が利用する時には浴室の外に「女性入浴中」、家族利用
する時には「清掃中」の木札を置いておくので、安心して利
用できる。


Miharuyya1
Miharu1
Miharu2

|

« 南東北湯治主体温泉巡り10日間その14、肘折温泉「松井旅館」 | トップページ | 南東北湯治主体温泉巡り10日間その16、肘折温泉「葉山館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南東北湯治主体温泉巡り10日間その15、肘折温泉「三春屋本館」:

« 南東北湯治主体温泉巡り10日間その14、肘折温泉「松井旅館」 | トップページ | 南東北湯治主体温泉巡り10日間その16、肘折温泉「葉山館」 »