« プロレスラー三沢光晴試合中倒れ、救急搬送。心肺停止状態とか、心配だ | トップページ | 千葉市長選で民主党推薦の31歳の前市議が自公推薦候補に圧勝。自民幹事長や官房長官は「国政に影響ない」と必死 »

2009年6月14日 (日)

プロレスラーの三沢光晴が試合中のバックドロップで倒れ、意識不明のまま死亡

昨夜午後10時頃ネットニュースをなにげに見ていたら、毎日
新聞の記事にプロレスラーの三沢光晴が試合中に倒れて救急搬
送され、心肺停止状態なんてのがあり、「マジ?嘘だろう」と
かつては熱狂的なプロレスファンだった身としては信じられな
いニュースがあり、回復を祈っていたが、結局意識不明のまま
亡くなってしまった。橋本の急死にも驚き哀しかったが、なん
とも言いようがない。合掌。

その毎日新聞の死亡確定記事は
…………
プロレスラー:三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島

2009年6月13日 22時1分 更新:6月14日 0時29分

 13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送された。県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。

 大会関係者や観客によると、三沢さんはこの日タッグマッチに出場。相手のバックドロップを受けて頭を強く打ち、動けなくなった。レフェリーが三沢さんに「動けるか」と聞いたが、三沢さんは「動けない」と答えた。試合はそのまま中断。医師だという観客の男性が自動体外式除細動器(AED)で蘇生を試みたという。当時、約2300人の観客がいた。

 三沢さんは栃木・足利工大付高でレスリング部に所属し、81年に全日本プロレスへ入門。84年にマスクマンのタイガーマスク(2代目)となり、人気を博した。90年からはマスクを脱ぎ、本名で活動。ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田両選手(ともに故人)に次ぐエースとして活躍した。00年に全日本を退団してプロレスリング・ノアを設立し、社長を兼務。受け身のうまさには定評のあるレスラーだった。

 試合会場では、観客の看護師、竹本麻紀さん(31)=東広島市=は「子どものころからプロレスが好きでよく見に来ていた。まさかこんなことになるなんて」と涙を流しながら語った。広島市安佐南区の男子大学生(20)は「バックドロップで頭を打って意識不明になった。救急隊が長い間、心臓マッサージをしていた。三沢さんは試合中、頭を振る仕草を見せ、調子が悪そうだった」と話した。【加藤小夜、星大樹】
…………
プロレスは受け身のスポーツであり、鍛えた体で華麗な技を楽しませる
究極のエンターテインメントスポーツだ。八百長とか馬鹿を言っている
奴らが昔からいるが、魅せて楽しませる一種の芸能スポーツなんてこと
は最初から分って見て、楽しんでいる訳で、毎日のように興行するわけ
で、そんなもので真剣勝負などしていられる訳ないじゃないか。

しかし、その魅せるスポーツに徹して、体を鍛え、過酷で華麗な技や凶
器攻撃などのギミックさえこなす訳だ。最近の体も出来ていないのに、
なんだかおちゃらけ気分でプロレスゴッゴみたいな団体が湧き出て来て
からかつての面白かったプロレスが消えてしまい、すっかり興味も消え
て来ていたのだが。

いくら体を鍛えているプロレスラーでも一番鍛えるのが難しいのが首。
だからこそバックドロップやブレーンバスターのような首攻撃の荒技が
掛けられるわけだ。あの受け身が巧いと言われていた三沢が慣れている
はずのバックドロップで死ぬなんて信じがたい。雑誌などで最近の写真
を見たときなど、ちょっとメタボすぎるんじゃないかと思ったし、社長
業と兼業で練習も少なかったんじゃないだろうか。そして、よほど体調
が悪かったのか。46歳の年齢では戦い方を変えておくべきだったので
はないか。今となっては遅いが、晩年の馬場のようなスタンスを取って
いればと思わざるを得ない。三沢の試合は生では若いころのを一度しか
見たことはないが、当時の動きは華麗だったな。冥福を祈るだけ。

P.S.:
試合中倒れてそのまま亡くなってしまった三沢選手の追悼番組をしてく
れるかなと、普段見たことのない午後11時からの日本テレビ(かつて
ノアの放送をしていたしね)「ZERO」を15日夜見てみた。予想通り
に少し長めの追悼特集をしてくれた。それにしてもかつて放送をすべて
見ていたジャイアント馬場、ジャンボ鶴田も亡くなり、その弟子の三沢
も若くて死んでしまうなんてちょっと悲しすぎるね。この追悼特集で最
近のノアの試合風景を初めて見たが、なんとも小さい会場で試合を開催
しているんだね。馬場全盛時代のハーリー・レイス、ファンクスからハ
ンセンなど多彩な外人勢が参加して熱狂させてくれたころの華々しさは
全くなくなっていた。訳の分らない素人に毛の生えたようなプロレス団
体が林立して興味も急速に消えて行ったんだが、プロレスに過去の栄光
が甦ることはもうないのかな。キックボクシングみたいな、キメ技には
ほとんど寝技に入ってからなんていう格闘技系には見ていてもまったく
面白くもなくて興味もないし、なんとか多彩な技が爆発する面白いプロ
レスが復活して欲しいものだ。

|

« プロレスラー三沢光晴試合中倒れ、救急搬送。心肺停止状態とか、心配だ | トップページ | 千葉市長選で民主党推薦の31歳の前市議が自公推薦候補に圧勝。自民幹事長や官房長官は「国政に影響ない」と必死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/45332547

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスラーの三沢光晴が試合中のバックドロップで倒れ、意識不明のまま死亡:

» 三沢光晴さんが急死 [虎哲徒然日記]
斜陽傾向が否めないプロレス界を、必死で支えていた屋台骨といえる存在が、大きな音を立てて折れてしまった。 13日午後8時35分ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)で開かれていたプロレスリング・ノア広島大会で、レスラーの三沢光晴さん(46)...... [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 19時17分

« プロレスラー三沢光晴試合中倒れ、救急搬送。心肺停止状態とか、心配だ | トップページ | 千葉市長選で民主党推薦の31歳の前市議が自公推薦候補に圧勝。自民幹事長や官房長官は「国政に影響ない」と必死 »