« 自民の狗テレビマスゴミの中でも最近とみに劣化著しいTBSが「ニュースキャスター」に中川秀直のみ生出演させる超偏向ぶり | トップページ | 暑いこの時期はエアコンかけて冷えたビール飲みながらテレビで大相撲観戦が一番 »

2009年7月19日 (日)

日本政界最凶のヘタレクズ政治屋安倍晋三撲滅で戦う「長周新聞」の山口4区記事

自分自身は「お母ちゃんお腹痛いのデチュ」とかの泣き言
吐いて政権放り出した無責任で小心者のくせに、他人には
愛国心だ道徳だとテメエが一切持ち合わせないものを強制
し、戦争を煽るアホのアベシンゾーなる日本政界でもっと
も危険な悪辣な政治屋は日本の平和と安全という面では売
国奴コイズミなんて目じゃないほど最凶の存在だろう。衆
院選ではコイズミの馬鹿ガキを落とす以上にこのヘタレク
ズ政治屋を政界から吐き捨てるのが最重要事だ。

そのヘタレクズ政治屋の選挙区が山口4区で、その下関を
本拠に安倍晋三撲滅に孤軍奮闘しているジャーナリズム精
神溢れるローカル新聞「長周新聞」の15日付け記事では
アベシンゾーの愚かぶりを剔抉している。その記事全文を
◆◆◆◆◆◆◆
全国的な影響が大きい山口4区の衆議院選挙  2009年7月15日付

 衆議院選挙が8月30日投開票となった。4年前の「刺客」騒動をやった郵政選挙以来の選挙である。この選挙は、小泉の構造改革、安倍の戦争政治に代表される、聞く耳のない売国と貧困と戦争の政治にたいする国民の審判を下すことになる。
 安倍元首相が出る山口4区は全国的にもっとも注目される選挙区となる。安倍代議士は小泉内閣の自民党幹事長、官房長官を経て首相となった。小泉元首相が引退するなかで、小泉とともに日本をメチャクチャにしてしまった自民党売国政府の最高ポストを代表する顔である。この選挙をやる主人公は下関市から長門市に至る市民であるが、単にこの地域をどうするかを超えた、国の進路を左右する影響力の大きい選挙となる。
 安倍氏の選挙では、首相在任時にやった防衛庁を防衛省に昇格させたこと、教育基本法を改定し「教育再生をやった」こと、憲法改定に必要な国民投票法を成立させたことなどの実績を自慢し、それにたいする支持を正面から訴えている。またこの選挙に際しては集団的自衛権を争点にすべきだと主張してきた。安倍氏が登用したという田母神は下関の講演に呼ばれて核武装を訴え、仲間議員は北朝鮮への先制攻撃を唱える。この小泉・安倍政治を掲げて、大逆風にたいする真向勝負の選挙を挑んでいる。
 しかし世間常識の評価は、参議院選挙で惨敗し、首相を放り投げし、現在の大逆風に至ったのはそんなデタラメ政治をしてきたからだ、というものである。そのような、人人が拒絶し、破産した政治を掲げて選挙で正面突破をはかろうというのであるから、人人には「そんなことをやられたら日本は大変なことになる」という心配とともに、「昔の人」「終わった人」と映ることになる。それが世の中で通用するならヒットラーも顔負けの大権力者であるが、常識的には大破産とならざるをえない。首相を放り投げた人が「民主党には政権担当能力がない」と叫ぶ。常識人間は考えつかないことである。
 自慢話の宣伝カーを回すことに、安倍派のほとんどの人が「逆効果なのに」と眉をひそめている。しかし、忠告するもの、しかるものもいない。「人も恐れる権力者」であるが、「ひとりぼっちの権力者」の観も強めている。最近安倍派のショックは、4四月の市長選で、安倍派の市長、県議、市議の3人の現職を犠牲にして市長ポストを林派にわたしたことであった。もっとも身近な忠臣ほど、親分の選挙のために犠牲を払う羽目になる。「子分たちの面倒を見るから親分」というのは古い戦後レジームであり、「一将功成るために万骨枯れよ」が最新の新自由主義レジームのようだ。
 いかなる政治も大衆を動員するのが政治である。ところが近年では大衆のいうことに聞く耳がないのが「立派な政治家」という風潮がはびこってきた。国民が頭に来ることを平気でやるのが政治家というわけである。教育は低学力であるが政治家は劣化である。メディアの宣伝に乗って、オール与党のなれあい関係を上手にこなし、財界のいいなり、最大基準はアメリカのいいなりになったら出世できて、国益など売り飛ばすヤツほど出世できるという戦後政治を貫く売国構図が、どうしようもない政治家の劣化をつくってきた。それは自民党が代表しているが、民主党も同じようなもので、オバマに認められようと色目を使う「確かな野党」と自称する「日共」集団もしかりである。
 山口4区の選挙構図は、選挙常識的には疑いもなく安倍圧勝構図である。前回13万票を獲得し、今度は10万票がメンツを保つラインといわれていたが、最近では8万5000票ともいわれ暴落気味である。公明党はずっと昔から安倍派でよそでは民主についている連合も安倍派で、自民党の安倍派、林派の連合軍となる。その上に「日共」集団も候補を立て安倍批判票の票割り役を担う。民主党といえば市会議員は1人もおらず、二井県政(自民党林派)与党の県議が1人いるだけで、政治勢力としては態をなしていない。しかし大衆的な世論はそういうものとは関係なく動いている。大衆の底力が発揮されて選挙圧勝構図が崩れているのが、小泉代理の横須賀市長選であり、静岡県知事選、東京都議選などである。それは「どこも思っていることは同じ」という確信を持たせ、「4区もやれるかもしれない」という明るい空気が強まっている。
 安倍代議士が首相になったあいだに下関は散散に疲弊した。安倍代理の江島市政を引きずりおろしたと思ったら、「市民派」といって市民をだまして当選した中尾市政はチャンと安倍、林代議士の代理となってあらわれた。このような下関の現状は日本全体の縮図である。ここで山口4区の有権者の真価が問われている。下関をはじめ4区の市民の苦難を仕方がないとあきらめるのか、打開に立ち上がるのか。それは同時に、売国と貧困、聞く耳のない独裁者政治と戦争の政治を容認するか、独立と繁栄、民主主義と平和な日本の建設か、という全国を励ます共通の要求である。山口4区の有権者の1票は日本の進路に相当に大きい意味を持つ。
◆◆◆◆◆◆◆
民主党もコイズミの馬鹿ガキ、女スキャンダル中川、タケベ、カ
ルトの太田などと並んで日本の平和を破壊する元凶のようなアベ
シンゾーを徹底的に叩き潰すつもりでやってもらいたいもんだ。

|

« 自民の狗テレビマスゴミの中でも最近とみに劣化著しいTBSが「ニュースキャスター」に中川秀直のみ生出演させる超偏向ぶり | トップページ | 暑いこの時期はエアコンかけて冷えたビール飲みながらテレビで大相撲観戦が一番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/45671903

この記事へのトラックバック一覧です: 日本政界最凶のヘタレクズ政治屋安倍晋三撲滅で戦う「長周新聞」の山口4区記事:

« 自民の狗テレビマスゴミの中でも最近とみに劣化著しいTBSが「ニュースキャスター」に中川秀直のみ生出演させる超偏向ぶり | トップページ | 暑いこの時期はエアコンかけて冷えたビール飲みながらテレビで大相撲観戦が一番 »