« サミットで会見を逃げ回って、ようやく終了段階の会見したのだが、会談相手の肩書きさえ認識出来ていなかった薄のろ馬鹿のアッソー | トップページ | 車の怖さ、命の大切さにあまりにも無自覚な悲惨な交通事故に唖然 »

2009年7月11日 (土)

ジャーナリズム精神ゼロの自民の狗でしかない自称政治評論家田勢康弘が自分の番組で選挙前日に恥知らずな自民応援

明日はアホーアッソーが「都議選はたかが地方選、国政とは関係
ネエ」と強がりを言いながら、立候補陣営から来てほしくもねえ
よと嫌われているのも我関せずで押し掛け応援した言っているこ
ととやっていることがチンプンカンプンのこの頭脳活動ゼロの馬
鹿らしさな。とにかく国政と関係ネエとアッソー以外の自民党ク
サレ議員どもも都議選の価値陥れに必死なんだが、自民カルト癒
着腐敗政権にコケにされ続けられたくないなら、都民は投票して
こそこいつらが吠え面をかくのを見ることができる楽しみが味わ
えるのだ。カルト政党のクソどもやコイズミにキンタマ抜かれて
以来腑抜け状態で、野党のどうでもいい問題を重箱の隅を突いた
ように攻撃することしか能のない自民のクズどもが奈落の底に落
ち込むのを楽しめるのは、投票してこその楽しみだ。ドンドン投
票に行って開票速報で自民カルト癒着腐敗政権のクソどもが青ざ
めるのを楽しもう。アッソーは都議選応援で「惜敗を期して」と
すでに力強い予言をしているんだから、あとは有権者が棄権する
ことなく投票することがアッソーの惜敗予言を実現してやる手助
けになるってことだ。

ところで、やきとりさんのブログを見てみたら、日経新聞の傍流
の掃き溜め政治部でシコシコと自民党に媚を売り続けていたらし
く、そのおかげか自民党の狗政治評論家としてめでたく金づるに
ありつけているらしい田勢康弘がテレビ東京でキャスターを務め
るらしい(この手のクソ番組は基本的に見ない)自民カルト癒着
腐敗政権支援番組「週刊ニュース新書」(土曜日午前11時から)
で、なんと選挙前日なのにヒステリー症状丸出しで野党攻撃しか
できない耄碌政治屋の自民のホソダ幹事長一人をご招待して自民
の狗丸出しを晒したとか。

そのやきとりさんブログの記事をそのまま掲載しておく
…………

自称ジャーナリスト、本業自民党の犬でおなじみ田勢康弘さんがホストを務める体制翼賛番組『週刊ニュース新書』は、テレビ東京の番組である。そして言うまでもなく明日は東京都議選の投票日だ。投票日前日という政治的に最もデリケートであるべき日(本日)のゲストに、自民党の細田幹事長を単独で招くという、なりふり構わぬ偏向報道に打って出た。番組では「お久しぶりです。細田さんと初めてお会いしたのは25年前のワシントンでしたねえ。あの時はこうやって番組で話をするなんて想像も云々」と、のっけから田勢さんの「ベテラン自慢」が炸裂した。その後はニヤニヤと馴れ合いながら、麻生降ろし、東国原問題、解散時期についてダラダラと喋らせる始末であった。

いくらニュース・ショーとは言え、ジャーナリストの良心(つーか常識)があれば、少なくとも投票日前日に政治の話題は避けるべきだろう。都議選はしょせん地方選挙だからという言い訳は通用しない。明日の都議選は解散総選挙の前哨戦とまで言われているのだ。繰り返すが、そういうデリケートな日に自民党の幹部だけをゲストに招いて好き勝手に喋らせるというのはいかがなものか。明日の自民党、公明党議員の惨敗はすでに規定路線だが、それにしてもジャーナリストでございとメディアにバカ顔をさらし愚行を繰り返す田勢康弘よ。恥を知れ。
…………
まったく、日本のジャーナリズム精神を喪失したマスゴミの
ゴミの典型の一人である田勢康弘っていう自民党と財界の機
関紙でしかない日経新聞のなかでの掃き溜めセクション政治
部から湧き出た記者崩れらしい所業だ。

P.S.:
夕方のテレビニュースを見たら、都議選応援演説の模様を放
送していた。その中で自民党の応援演説をしている人物とし
て取り上げていたのが石原傲慢都知事の馬鹿ガキのノビタロ
ーだ。やはり相当の馬鹿らしく、小沢一郎・鳩山民主党代表
のでっち上げ献金問題で攻撃していた。どこまでKYな奴なん
だろうか。そういう攻撃しか出来ない胡散臭さに有権者がう
んざりしているのが分らないようだ。哀れを誘う。アホの集
積であるネットウヨ連中と変わらないボケ状態だ。ならば、
二階、与謝野ら自民の賄賂まがいの献金がよほど悪質なのだ
が、それらは完璧にスルーしてまさに如何わしいばかりの善
人面だ。そんなことはいくらコイズミに騙されたB層国民で
もいまでは見抜けるほど学習しているぜ。学習効果がないの
は権力に居座り、美味い果実を食い尽くすことしか頭にない
自民カルト癒着腐敗政権のゴキブリどもってことか。

|

« サミットで会見を逃げ回って、ようやく終了段階の会見したのだが、会談相手の肩書きさえ認識出来ていなかった薄のろ馬鹿のアッソー | トップページ | 車の怖さ、命の大切さにあまりにも無自覚な悲惨な交通事故に唖然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/45599014

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリズム精神ゼロの自民の狗でしかない自称政治評論家田勢康弘が自分の番組で選挙前日に恥知らずな自民応援:

» 都議選前日 [謙遜と謙譲の音楽]
自称ジャーナリスト、本業自民党の犬でおなじみ田勢康弘さんがホストを務める体制翼賛番組『週刊ニュース新書』は、テレビ東京の番組である。そして言うまでもなく明日は東京都議選の投票日だ。投票日前日という政治的に最もデリケートであるべき日(本日)のゲストに、自民... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 01時10分

» 麻生首相、14日、火曜日にも衆議院解散か [Variety Information]
フジテレビ系情報番組の『サキヨミ』で時事通信の解説委員長が明後日14日にも解散に打って出る可能性があると予測。 与党過半数は困難=政府高官(時事通信) goo ニュース 政府高官は12日夜、東京都議選について、記者団に「与党の過半数確保は厳しいだろう」と述べ、自民、公明両党での過半数(64議席)確保は困難との見通しを示した。 『2009年7月12日(日)22:03』付けの時事通信によると、自民、公明両党での過半数確保は困難な見通し。 NHKは11時現在のニュースで民主党が、自民党の獲... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 23時16分

« サミットで会見を逃げ回って、ようやく終了段階の会見したのだが、会談相手の肩書きさえ認識出来ていなかった薄のろ馬鹿のアッソー | トップページ | 車の怖さ、命の大切さにあまりにも無自覚な悲惨な交通事故に唖然 »