« 明日は太平洋戦争敗戦決定の日。戦後日本歌謡界の象徴美空ひばりの唯一の反戦歌「一本の鉛筆」がそんな日にぴったり | トップページ | 都税・国税を食いモノにする石原傲慢知事一家の小心ブラザーズ二人がドブ板選挙で必死なんだって。いくら馬鹿な都民もいい加減石原一家にはうんざりなんだよ »

2009年8月15日 (土)

神風特攻隊を支離滅裂論理で賛美するクソ記事を掲載するいかにもの産經新聞には毎度笑わせてもらえる

8月2日から10日まで北東北方面へのんべんだらりと温泉巡り
の一人旅ドライブしていたので、その間の新聞やネット情報が溜
まってチェックするのも疲れる。

今日は敗戦決定の日なのでちょっと戦争関連の記事ということで、
皇国日本マンセーのためなら歴史捏造するのも当たり前の産經新
聞だからこその大笑いクソ記事があった。
◆◆◆◆◆◆◆
【元気のでる歴史人物講座】(32)大西瀧治朗 神風特攻隊が遺したもの
2009.8.12 07:38
 日本はわれわれが思っている以上に世界の国々、人々から深く親愛され尊敬されている。
 世界が日本を尊敬する理由の一つに神風特攻隊がある。敗れはしたものの世界の覇権を握る米英に対して敢然と立ち上がり、神風特攻まで行い、死戦死闘した日本民族の勇気と気概に、世界の人々は今も心の奥底で畏怖(いふ)と尊敬の念を抱き続けているのである。
 この神風特攻隊を組織し指揮したのが大西瀧治郎(たきじろう)海軍中将である。大西は特攻を敢行した理由をこう述べている。
 「この神風特別攻撃隊が出て、しかも万一負けたとしても日本は亡国にならない。これが出ないで負ければ真の亡国になる」
 「ここで青年が起(た)たなければ日本は滅びますよ。しかし青年たちが国難に殉じていかに戦ったかという歴史を記憶する限り、日本と日本人は滅びないのですよ」
 比類なく尊く立派な歴史と伝統を有する日本を滅亡させないために、大西は心を鬼にし涙をふるって神風特攻作戦を推進し、最後に責任を取り割腹自殺した。
 特攻は玉砕戦とともに米軍を震撼(しんかん)させた。その結果、アメリカは講和条件を緩和、日本は辛うじて亡国から免れた。
 大西の言葉を銘記したい。日本はいざとなれば神風となって祖国を守り戦い抜く民族-世界の人々をかく思わせてきたことが、日本の存立にとり計り知れぬ力となっているのである。(日本政策研究センター主任研究員 岡田幹彦)
◆◆◆◆◆◆◆
イヤー凄いハチャメチャな展開をする文章だ。それより、この日本
政策研究センターって相当にいかがわしい存在ってことが分るだけ
だが。こんな記事で元気が出るわけねえだろうが。無駄死にするな
んて元気消滅するだけじゃん。

神風特攻隊で日本が世界から尊敬されているって、この記事書いた
ボケは何考えているのやら。命中確率も低い、単なる軍部のボケナ
スどもの自己満足だけの国民騙しの犬死に作戦だろうが。現代で言
えばいわば自爆テロだ。アラブゲリラなどの自爆テロの方がよほど
相手に与える恐怖は大きいし、確率も高いよ。しかも安上がりだ。
この岡田って馬鹿の論理はそういう自爆テロなんてものを賛美して
いるのとまったく同じなんだが、この馬鹿の思考回路は相当に腐っ
ているようだ。

しかも、何この大西ってキチガイ。若者を無理矢理無駄な死に追い
やっておいて、テメエは特攻せずに割腹かい。ただ、米軍に捕まり
たくないって逃げただけじゃん。

「日本はいざとなれば神風となって祖国を守り戦い抜く民族」だっ
て、どこまでアホこいてんだよ。コイズミなんてくそゴキブリは国
民には痛みを耐えろと言いながら、テメエはガキに利権世襲させて
甘い汁吸い放題と同じで、どうせ庶民だけが痛みを与えられるって
ことだろうが。誰が神風になって犬死にするか、ボケナス。だいた
いだ、戦時内閣の中枢にいて戦争を煽りまくったくせに戦後も無責
任にのうのうと生き延び、首相となってまでアメリカの狗として貢
献した岸信介なんてのが国民をコケにし続けた典型なんだが。

ならば、おまえがまず一番に特攻しろよ。それに、戦死者追悼なん
てものではなく、戦争責任者までを英霊として「顕彰」して賛美す
る戦争煽るだけの靖国神社にパフォーマンスだけ(まさに仰々しく
ミエミエのパフォーマンス。そんなに追悼したければ一人静かに毎
朝でも靖国に参拝しろよ)で今日15日に参拝した碌でなし野郎議
員どもも勝手に積極的に特攻しろよな。特攻なんて興味もなく日本
国憲法の平和主義で満足の国民は黙って見ていてやるから。ただし、
そのアベシンゾーらと一緒に北朝鮮にでも特攻をする場合は、日本
国籍を捨ててからにして、日本・日本国民には迷惑かけるなよな。

|

« 明日は太平洋戦争敗戦決定の日。戦後日本歌謡界の象徴美空ひばりの唯一の反戦歌「一本の鉛筆」がそんな日にぴったり | トップページ | 都税・国税を食いモノにする石原傲慢知事一家の小心ブラザーズ二人がドブ板選挙で必死なんだって。いくら馬鹿な都民もいい加減石原一家にはうんざりなんだよ »

コメント

ご無沙汰しております。大西中将などを讃美する人にユダヤ研究というか、リバティ何とかという、講演活動している方がいましたね。そのバックは、アメリカのネオコンがスポンサーらしいですが、産経掲載の日本政策研究センターの記事と、つながってるんでしょうかね。

野球ファンよ怒れ!

金鯱軍(元中日)だったかの石丸投手は、無限の抵抗を込めて、ボールを投げて、散華したのでしたね。特攻で。本日、ウエブで中国の特務機関(スパイ)で仕事をしていた方のHP読み、感動していただけに、こんな記事読まされた日には、耐えられないですね。

わたしも温泉めぐりできるような平穏な日々をめざします。

投稿: torayosa | 2009年8月15日 (土) 20時00分

torayosaさん、どうも。
誰も特攻隊みたいな無駄死にをしたいわけがない。
戦時中はマスゴミは完全に軍部翼賛だし、特高や憲兵
に人権蹂躙されて、愚かな軍上層部の言うがままに従う
しかなかっただけ。そういう軍部上層部なんてのは
兵士や国民には捕虜になるな天皇のために死ねと命令
しながら、テメエたちはのうのうと戦後も生き延びた
わけで、愛国だなんだと威勢の良いことを言うアホの
アベシンゾーらと同じ体質。道徳だ愛国だ国旗掲揚だ
と喚く奴らほど口先だけの腑抜けで、そんな奴らの
ために無駄死にすることは一切ナッシングが基本。

投稿: kabumasa | 2009年8月17日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/45933552

この記事へのトラックバック一覧です: 神風特攻隊を支離滅裂論理で賛美するクソ記事を掲載するいかにもの産經新聞には毎度笑わせてもらえる:

« 明日は太平洋戦争敗戦決定の日。戦後日本歌謡界の象徴美空ひばりの唯一の反戦歌「一本の鉛筆」がそんな日にぴったり | トップページ | 都税・国税を食いモノにする石原傲慢知事一家の小心ブラザーズ二人がドブ板選挙で必死なんだって。いくら馬鹿な都民もいい加減石原一家にはうんざりなんだよ »