« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その12、「谷地温泉」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その14、「さるか荘」の予定は無に帰し、「さるか荘」前の猿賀公園で「蓮の花祭り」見物 »

2009年8月11日 (火)

東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その13、ほのかなオイル臭が魅力いっぱいの平川市「新屋温泉」再訪

谷地温泉のあとは久しぶりに温泉ファン垂涎のオイルの香り漂う
美しい薄緑色の湯が満ちる「新屋温泉」を再訪することに。場所
がちょっと分りにくいこともあり、黒石あたりをドライブしても
ついパスしてしまった公衆浴場だが、今回は夏場もあり、温泉巡
りの数を抑制してのんびりと湯めぐりしているので、こういう時
にのんびりと入るには極上の湯だと再訪することに。

国道102号線を温湯温泉入り口から弘前方面へ走り、県道13
5号線へ左折して、カーブの多い街中を走ってようやく到着。左
側をよく見ていないと見逃してしまうのだが、八幡宮があるのが
目印。

神社の左斜め前に目立たずに存在する。玄関上にあった新屋温泉
の字もなくなり、駐車場の立看板がなければ風呂屋さんとは分ら
ない佇まい。入浴料金は350円。以前入ったときは確か300
円だったのでちょっと値上がり。仕方ないね。原油価格も上がっ
たり下がったり大変だし、かなり深く掘削してポンプアップして
いる湯だし、これだけ大きな施設を維持して行くだけでも大変だ。

玄関を入ると真っ正面に受付。左にあるソファーでおばさんたち
がおしゃべりをしている。その中に女将さんも。それにしてもお
ばさんたちの会話がまるきり何を喋っているのか分らない。暗号
でやり取りしているようだ。しかし、独特のリズムがあって音楽
のようで、しばらく耳を傾けて楽しんでしまった。

浴室は左が女性用、右が男性用。だだっ広い脱衣所に真ん中に小
判型の湯舟と典型的な公衆浴場スタイルで、青森の公衆浴場のな
かでもかなりシンプルな公衆浴場だ。

浴室に入るとほのかなオイルの香りと微妙なほどわずかな硫黄臭
が満ちていて、鼻腔を気持ち良くくすぐる。その上品さは青森県
の数多い公衆浴場の中でも唯一の存在。窓が大きいのもあって浴
室内がカラッと明るい雰囲気なのも良い。

ここの最大の特徴は湯の色だ。美しく透明な薄緑色で、国見温泉
のあのバスクリン色を薄くしたような独自の色。これを見ている
だけで惚れ惚れするほどだ。

浴槽中央に20センチほど突き出たパイプから湯がドバドバと掛
け流されている。湯は姉戸川温泉ほどではないが、ツルツル感が
かなりあり、ほどよい湯温もあっていつまでも入っていたい極上
の湯だ。

Araya01

Araya02

Araya03

Araya04

Araya05_2

Araya06

Araya07_2

|

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その12、「谷地温泉」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その14、「さるか荘」の予定は無に帰し、「さるか荘」前の猿賀公園で「蓮の花祭り」見物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その13、ほのかなオイル臭が魅力いっぱいの平川市「新屋温泉」再訪:

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その12、「谷地温泉」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その14、「さるか荘」の予定は無に帰し、「さるか荘」前の猿賀公園で「蓮の花祭り」見物 »