« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その8、奥薬研温泉「隠れかっぱの湯」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その10、ヒバ湯が御機嫌な七戸町「東八甲田温泉」 »

2009年8月11日 (火)

東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その9、下風呂温泉「つぼた旅館」で味わう濃厚な硫黄泉

かっぱの湯から薬研温泉を通って、国道279号線を左折して、下
風呂温泉までは約23キロほど。午後3時頃到着。漁港の駐車場も
ガラ空きだ。郵便局の裏に駐車して温泉街へブラブラ。

5月に来たときは「まるほん旅館」に宿泊したのだが、今回は日帰
り入浴だけ。北東北温泉本で8軒もの旅館に無料入浴できるのだが、
5月のときも多くの旅館で日帰り時間内でも入浴を断られた(以前
来たときも日帰り入浴がしずらかった温泉地だが)ので、今回も期
待せず、どこかに1カ所でも入浴できたら良いやの気持ちで温泉街
を散策。

午後3時過ぎなのですでに日帰り入浴時間帯を過ぎている旅館もあ
るしで、とにかく当って砕けろで、「日帰り入浴できますか」の声
かけ運動。

やはり期待と言うか危惧した通りに、ダメの連続。一番入浴したか
った数年前に宿泊している「さつき荘」は入り口自体カギがかかっ
た状態。それにイカ姿の入浴可能・不可能表示看板(旅館組合で決
めている表示なのにまったく徹底されていない)が出ていない旅館
も多く、とにかく日帰り入浴には積極的じゃない温泉街だ。

「大湯」「新湯」と二つの共同浴場があるので、それを利用して欲
しいってところなのだろうな。

まあ、そんなことでめげていても仕方ない。三浦屋は5月宿泊時も
そうだったが、看板がいつも入浴不可状態。日帰り入浴時間が午後
1時から8時になっているのにまったくやる気がないよう。ならば
最初から日帰り入浴はしないほうが良いのでは。

5月に宿泊した「まるほん」は今回は入浴断られてダメ。別に客も
いそうもなかったけどね。ということで、ようやく入浴できたのが
「つぼた旅館」さん。

以前一度入浴したことのある旅館で、大きめの湯舟にたっぷりと注
がれた硫黄泉の新湯源泉を楽しめる。ここは湯口の湯の花取りが面
白い。前回入浴した時にはストッキングを利用したものだったが、
今回はまだら模様のストッキングまがいのものが付けられていて、
湯の花がたっぷりと溜まっている形がユーモラスだ。

1軒だけでも入浴できたので結果オーライで、今回は大間には行か
ずに、国道279号線をむつ市経由で一気に南下。午後5時20分
頃に道の駅「横浜」に到着。すぐに横にローソンがあって便利な道
の駅なのでここで車中泊でも良かったのだが、まだ時間的にも早い
と、野辺地町経由国道4号線を走って、七戸町の道の駅「七戸」に
午後6時40分ごろ到着。

時間的にもちょうどいいので4日はここで車中泊に。国道4号線が
すぐそばだが、交通量が少なく、駐車の車も少なく静かな夜を過ご
せた。道の駅の多くがそうだが、トイレが和式がほとんどでここも
洋式が1カ所しかないなど設備面がいまいち。お気に入りの岩手の
道の駅「雫石」が良すぎるのだろうな。


Tubota01_2

Tubota02

Tubota03

|

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その8、奥薬研温泉「隠れかっぱの湯」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その10、ヒバ湯が御機嫌な七戸町「東八甲田温泉」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その9、下風呂温泉「つぼた旅館」で味わう濃厚な硫黄泉:

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その8、奥薬研温泉「隠れかっぱの湯」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その10、ヒバ湯が御機嫌な七戸町「東八甲田温泉」 »