« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その3、いつも賑わうボロ浴舎の中の極上湯「八甲ラジウム温泉」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その5、六ヶ所村泊漁港の民宿「うえの」で海の幸満載の料理堪能 »

2009年8月11日 (火)

東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その4、新装なって露天風呂完備の清潔感のある施設の「東北温泉」の超濃色紅茶色湯

八甲ラジウム温泉から県道8号線をさらに5キロほど北上、国道
394号線との交差点の少し先にあるのが昨年全面的に新築改装
した「東北温泉」で、駐車場も広く使いやすい。

まるでオシャレなホテルのような外観にリニューアルされて気持
ち良い公衆浴場。豪華仕様になったのに入浴料金は250円から
わずかに20円だけ値上げの270円と実に良心的。

ネット上で「黒湯」と噂の温泉がその名もズバリ「東北温泉」だ。
東北にあるのに東北温泉って、そのまんまじゃんと思うが、その
東北は東北町から来た温泉名。

黒湯と言えば大田区など東京の公衆浴場にわりにある温泉で、こ
こもその黒湯に似た湯だ。ヌルヌル度は姉戸川などに比較すると
それほどではないが、湯の色がまさに黒湯と言える濃厚な紅茶色。
八甲ラジウム温泉もかなり黒っぽいがそれ以上の色の濃さだ。

モール湯との説明書きが張られていたが、私にはそのモール湯と
いうのがどうも良く分からない。ネット上の温泉マニアサイトに
はモール臭などの表現もあるが、どんな匂いなのか今ひとつ。ま
あ、それはともかく、見るからに効能ありそうだし、人気度相当
に高いようで、駐車場にも車の数たくさん。一緒に露天風呂(内
湯は混んでいるのに露天はガラ空きだった)に入っていた人は八
戸から頻繁に通っているとか。

その料金の安さにもかかわらず、内湯は大きめの湯舟の他に、電
気風呂、泡風呂、熱め湯舟、子供用、水風呂と多彩でカランも十
分の数。しかも庭園に囲まれたような露天風呂も完備で、設備的
には東北町(上北町含む)では一番かな。

露天風呂は少し階段を上がった庭園風の中に作られていて雰囲気
あり。岩作りの湯舟は小さめだが、内湯より熱めの湯(一緒に入
っていた常連によると、普段は露天はかなり温いときが多いそう
だが)が満たされており、湯気が満ちて、熱気ムンムンの内湯よ
りこちらの方が気持ち良く、ずっとこちらでまったり。設備面、
泉質でもかなりお勧め度高い。特徴のある色を別にすれば、姉戸
川のヌルヌル感触が絶品だが。

Touhoku01_2

Touhoku02

Touhoku03

Touhoku04_2

|

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その3、いつも賑わうボロ浴舎の中の極上湯「八甲ラジウム温泉」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その5、六ヶ所村泊漁港の民宿「うえの」で海の幸満載の料理堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その4、新装なって露天風呂完備の清潔感のある施設の「東北温泉」の超濃色紅茶色湯:

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その3、いつも賑わうボロ浴舎の中の極上湯「八甲ラジウム温泉」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その5、六ヶ所村泊漁港の民宿「うえの」で海の幸満載の料理堪能 »