« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その21、小安峡温泉「多郎兵衛旅館」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その23、2日続けての夕食を東鳴子温泉の焼肉屋「八兆」で美味い肉堪能 »

2009年8月11日 (火)

東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その22、鳴子温泉郷・川渡温泉「高東旅館」2連泊して怠惰な湯治生活

川渡温泉の湯はほとんど同じ傾向だが、座骨神経の痛みや脚の
しびれなどに入っていて効果が大きい感じがして、お気に入り
の湯で、その川渡温泉での最近の定宿になっているのが「高東
旅館」だ。今回は鳴子温泉に寄る予定はなく、青森中心にしよ
うとしていたが、あまりに雨ばかりで動くのもうんざりで、湯
治宿泊でのんびりだと急遽宿泊予約した。4月に宿泊以来。

東鳴子温泉などのいわゆる湯治系の宿での素泊まり料金は38
00円前後。この高東旅館も同じような料金だ。しかし、ほか
の鳴子温泉のほかの湯治宿がどうか知らないが、この高東旅館
では布団を持ち込みできて、その場合の料金が1000円ほど安
くなる。

長期湯治するときなどこの料金差はかなり大きい。今回のよう
に2泊でも価値大だ。いつも車のトランクに車中泊用も兼ねて
布団一式を積んでいる私にとってもありがたい宿。自分の布団
を使用できる方が気分もいいしね。

しかもこの宿は湯治宿の汚い、古い、設備が古いなどの欠点が
少なく、湯治棟も廊下は広く、トレーニングルームまであるの
だ。部屋にも洗面台、冷蔵庫、食器などもあり、廊下には自由
に使用できる台所設備もあり、自炊したい人には最高だ。自炊
しなくても、コーヒーやカップ麺程度を作るにもいつでも熱湯
を作れるので便利。ただし、部屋のテレビは1時間100円式
だが、あまりテレビを旅行中見ない私には好都合。

電子レンジも含め素泊まり料金にすべて含まれているのも良心
的。宿泊していた東京から頻繁に長期宿泊で来ると言う80歳
のおばあさんも10年来の定宿とかで、1年に1ヶ月程度の長
期湯治を3回ほどするほどお気に入りなのだとか。私も10日
間ぐらいここで長期湯治した方が体のためにはいいんだけど、
ついドライブで湯めぐりしてしまうんだよね。

ここの湯は新鮮なときは透明で少し緑っぽい色の硫黄の匂いが
心地良い湯だが、空気に触れると黄緑色に美しく白濁と見た目
の変化も楽しい湯だ。ただ、湯温はかなり熱く、夏場は長湯は
キツく、一日に何回も小刻みに入浴するのが体には良い感じで、
やはり宿泊してのんびりと湯治が一番。

というわけで、雨ばかりで外に出る気も起きないので、何回も
風呂に入っては布団でゴロゴロの怠惰な湯治生活を堪能した。

Takatou01_2

Takatou02

Takatou03_2

Takatou04

Takatou05

Takatou06_2

Takatou07

|

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その21、小安峡温泉「多郎兵衛旅館」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その23、2日続けての夕食を東鳴子温泉の焼肉屋「八兆」で美味い肉堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その22、鳴子温泉郷・川渡温泉「高東旅館」2連泊して怠惰な湯治生活:

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その21、小安峡温泉「多郎兵衛旅館」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その23、2日続けての夕食を東鳴子温泉の焼肉屋「八兆」で美味い肉堪能 »