« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その19、水沢温泉郷「ホテルニュースカイ」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その21、小安峡温泉「多郎兵衛旅館」 »

2009年8月11日 (火)

東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その20、地震後、まだ往時のにぎわいが戻っていない「栗駒山荘」

6日夜は道の駅「雄勝」で車中泊して、翌日7日は北東北温泉
本で須川温泉、小安峡温泉・大湯温泉、泥湯温泉の合計5カ所
が無料入浴できるので、当然のことに、道の駅「雄勝」から4
キロほど国道13号線を北上、県道51号線へ右折して小安峡
温泉方面へ。

すべて回ろうかなと思っていたが、蒸し暑いし、雨模様で、そ
んな気力も湧かず、栗駒山荘と小安峡温泉のひとつに入浴する
だけにして、あとは6日に突然宿泊する気になり電話予約した
鳴子温泉・川渡温泉の「高東旅館」に早めにチェックインして
ゆっくりと湯治することに。

まずは大好きな栗駒山荘へ直行。昨年の岩手地震で道路破壊な
どで一時営業を中止していた須川温泉の人気宿「栗駒山荘」は
鳴子・花山方面からの国道398号線が依然不通もあって、宿
泊予約を取るのも困難な人気宿だったここも、いまだに往時の
にぎわいを取り戻していないようで、駐車場も空いていた。隣
のこれまた栗駒山荘に源泉を供給している人気宿「須川高原温
泉」も駐車がガラ空きだ。地震前ならここも予約を取るのも困
難な人気宿で、日帰り入浴も凄く、駐車場は空きを探すのも難
しかったのが嘘のようだ。

栗駒山荘の受付で聞いたところ、今年秋にも国道398号線は
開通の可能性があるとのこと。しかし、それでも片道通行など
の部分が多そうだとのこと。あの素晴しいドライブコースだっ
た花山から小安峡への国道398号線の全面復旧を祈るだけ。

栗駒山荘も北東北温泉本での無料入浴、ありがとうございます。
そのお礼に売店でお土産を買っておきました。

露天風呂からの眺望が抜群のこの宿。しかし、この日も雨模様
で、雲でまったく遠望なし。快晴なら遠くに鳥海山も見えるの
だが。

まあ、天気が悪い分客も少なく、内湯は1時間ほど滞在中ほと
んど人影なし。少ない入浴客のほとんどが露天風呂でまったり。
それも5〜6人程度で、これほど客が少ない栗駒山荘は初めて
だった。でも、入浴客としては大歓迎なのだが。

肌にまとい付くような硫黄泉はまったく素晴しい。そして、抜
群の眺め。万座温泉とまさに双璧の絶景露天風呂。源泉の須川
高原温泉より味わいが柔らかくなっていて、いつまでも出たり
入ったりを繰り返していたくなる極楽湯だ。

Kurikoma01

Kurikoma02_2

Kurikoma03

Kurikoma04_2

Kurikoma05

Kurikoma06_2

Kurikoma07

Kurikoma08_2

Kurikoma09

|

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その19、水沢温泉郷「ホテルニュースカイ」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その21、小安峡温泉「多郎兵衛旅館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その20、地震後、まだ往時のにぎわいが戻っていない「栗駒山荘」:

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その19、水沢温泉郷「ホテルニュースカイ」 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その21、小安峡温泉「多郎兵衛旅館」 »