« 酒井法子馬鹿夫婦、押尾学のふたつのヤク中事件のマスゴミのあまりの扱いの違いになるほど、なるほど | トップページ | やっとというかとうとう衆院選公示に。自民カルト癒着腐敗政権を終焉させる国民の逆襲の始まり »

2009年8月18日 (火)

毎日眠い目こすってテレビで世界陸上。ジャマイカ勢の強さが圧倒。イシンバエワが屈辱の敗退

ベルリンでの世界陸上選手権の放送が毎日深夜にあるので連日の
睡眠不足だ。やはりライブで見なくちゃスリリングな面白さがな
いしね。競技結果が分かってから見るのとは大違いだしね。

で、昨夜も女子100メートルの決勝(男子100メートルは眠
くて見ることなく不覚にも寝てしまった)を見たくて眠気を我慢
して見た。男子100メートルもボルト、パウエルとジャマイカ
勢が凄かったが、女子も決勝にはジャマイカ勢がなんと4人、他
はかつての短距離王国アメリカ2人にバハマが2人と極端な国の
偏在。アジア系は勿論、もうロシアやドイツの白人も短距離では
お呼びでない時代のようだ。

北京オリンピックで優勝のフレーザーが1位、スチュワートが2
位とジャマイカ勢がダントツの強さを見せた。アメリカが3位。
フレーザーは160センチほどの小柄で歯列矯正もしている可愛
い女の子。その高速ピッチの走行は迫力満点。人口300万人も
いない小国ジャマイカの短距離での強さの秘密は一体なんなんだ
ろう。

ジャマイカと言えば、ボブ・マーリーに代表される大好きな音楽
レゲエの国だったのが。あのレゲエの心地良い弛緩リズムとこの
短距離の強さがまったくリンクしないのだが。

それにしても、あの絶対的数値で強さが鮮明に決まってしまう陸
上競技の面白さは格別だ。今日もまた深夜見てしまうのかな。

昨夜もいくつかの番狂わせがあったが、昨夜の最大の大番狂わせ
は世界記録を1センチ刻みで更新する女ブブカとも言えるイシン
バエワが3連覇達成ならないばかりか記録なしで敗退したこと。

女子棒高跳びのフィールドではいつものように他の選手が競技し
ている間、顔にバスタオルを掛けて寝転んで余裕いっぱいの雰囲
気。そして、おもむろに4メートル75から初試技。しかし、バ
ーを越えることなく途中で断念。

3週間前に負けているポーランドのロゴフスカがその4メートル
75をすでに1回の試技で飛んでいるので、4メートル80にバ
ーを上げて2回目の試技。それも失敗し、3回目の追いつめられ
た試技をするが、バーに体を引っかけて失敗して記録なしの屈辱
の結果に。イシンバエワは落下地点でしばらく顔を両手で覆って
茫然自失の模様。そのあと、コーチと喋るシーンでは目に涙。

今季のベストは4メートル85。女子で唯一の5メートルジャン
パーとしては、よほど調子が悪いのか、全盛期を過ぎたのか、タ
カピーなプライドの高いイシンバエワとしては最悪の日だったね。

|

« 酒井法子馬鹿夫婦、押尾学のふたつのヤク中事件のマスゴミのあまりの扱いの違いになるほど、なるほど | トップページ | やっとというかとうとう衆院選公示に。自民カルト癒着腐敗政権を終焉させる国民の逆襲の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/45962045

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日眠い目こすってテレビで世界陸上。ジャマイカ勢の強さが圧倒。イシンバエワが屈辱の敗退:

« 酒井法子馬鹿夫婦、押尾学のふたつのヤク中事件のマスゴミのあまりの扱いの違いになるほど、なるほど | トップページ | やっとというかとうとう衆院選公示に。自民カルト癒着腐敗政権を終焉させる国民の逆襲の始まり »