« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その5、六ヶ所村泊漁港の民宿「うえの」で海の幸満載の料理堪能 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その7、自然の中のせせらぎを間近に見ながらの奥薬研温泉「かっぱの湯」はやはり御機嫌だね »

2009年8月11日 (火)

東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その6、またまたやって来ました絶品の「恐山」温泉

4日火曜日は泊漁港から国道338号線で一気にむつ市へ出て、青
森県での屈指の素晴しい温泉を味わえる恐山へ一直線。1時間ちょ
っとで午前11時過ぎに恐山到着。泊漁港から約50キロ。

今回の旅行中は雨が多くて、とにかくうんざりするような気分ばか
りなのだが、境内を散策する恐山にいる間は運良く雨も降らずのん
びりできて、気分良く霊場散策、共同浴場2カ所入浴、昼食などで
2時間半以上も滞在した。

澄んだ空気も気持ち良いし、いつまでも境内をブラブラして、お風
呂に何回も入りたい極上の天国だ。それが入山料(何回も来ている
私にとっては基本的に入浴料金だが)500円は極上温泉入浴付き
テーマパーク入場料としては激安か。

受付で入山料払って、すぐの山門をくぐると一種独特の雰囲気が眼
前に広がる。信仰心なくてもなぜか敬虔な気持ちになる独特の魅力
あるお寺だ。2つの山門をくぐると、石畳の参道の右側に1軒、左
側に2軒のいかにも温泉好きの心をくすぐる典型的な共同浴場造の
木小屋が並ぶ。

観光客は意外に無視して行く人が多く、なんだろうと興味もって覗
く人もいるが意外に入浴して行く人は少なく、のんびりと入浴が楽
しめる場所でもある。

左側の2軒は右が男湯の「冷抜の湯」、左が女湯の「古滝の湯」で、
まずは「冷抜の湯」へ突入。すべて木造で、入り口入ってすぐが脱
衣所。浴室とは一体構造で、一段下がって2つに仕切られた湯舟が
並ぶ。湯は典型的な硫黄泉で白濁、硫化水素の気持ち良い匂いが満
ちる。窓が開け放たれているので、湯気の充満もなく、吹き込む風
が気持ち良い。湯温はかなり熱めだ。

参道右側の「薬師の湯」は現在男性用なので当然それも入る気だっ
たのだが、なんと改装工事中でがっくり。

ということで、1泊12000円なりの超豪華宿坊の裏側のガレ場
にぽつんとある「花染の湯」へ。ここは分かりにくい場所にあるこ
と、唯一の混浴のためもあってか空いていることが多く穴場。今回
も誰もいなくて独占状態がしばらく続いた。入っている間に入浴に
来たのは横浜から東北の大きな夏祭りすべてを6日間かけて2人で
ドライブ旅行して見物のおじさん2人だけ。

ここは最近内装の板を張り替えたばかりのようで、木の匂いも気持
ち良く、3層に分かれた湯舟の微妙の湯温の差をじっくりとのんび
り味わえた。

Osorezan01

Osorezan02

Osorezan03

Osorezan04

Osorezan05


Osorezan06

Osorezan07


Osorezan08

Osorezan09


Ssorezan10


Osorezan11

Osorezan12

Osorezan13_2

Osorezan14

|

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その5、六ヶ所村泊漁港の民宿「うえの」で海の幸満載の料理堪能 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その7、自然の中のせせらぎを間近に見ながらの奥薬研温泉「かっぱの湯」はやはり御機嫌だね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その6、またまたやって来ました絶品の「恐山」温泉:

« 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その5、六ヶ所村泊漁港の民宿「うえの」で海の幸満載の料理堪能 | トップページ | 東北方面温泉巡りの一人ドライブ旅行その7、自然の中のせせらぎを間近に見ながらの奥薬研温泉「かっぱの湯」はやはり御機嫌だね »