« スティーヴン・キングが「レンタルで借りたくなる映画20本」なんて記事があったので、お遊びでマイ20本選出 | トップページ | なんとアッソーの選挙応援のための移動距離は鳩山代表を上回る距離だったとか。落選支援お疲れさまでした »

2009年8月29日 (土)

久しぶりに聴いた「大宅映子辛口トーク」で相変わらず自民の狗の寄生虫評論家風情を発揮していた大宅婆さん

以前はラジオを目覚まし時計代わりに使用していたのだが、その
ラジオの目覚まし機能が壊れてから最近はラジオを朝方聴かなく
なっていた。今日はたまたま朝方午前7時過ぎに目が覚めて(起
床するわけでなくちょっとのどが渇いた感じで)しまい、久しぶりに
ラジオをオンし、寝ながら聴いてみた。

大体TBSに合わせているので、元NHKアナ堀尾正明と元水泳選
手で自称スポーツコメンテーター(訳わからん)とか言っている田
中何某なる女性が進行する番組で、7時半ごろから自称評論家
の大宅映子の「辛口トーク」が流れてきた。

この自民と財界の寄生虫婆さんなんで、どうせしゃべることは偉
そうな口調で民主党批判でもするんだろうなと思っていたら、あま
りの予想通りの批判で失笑ものだった。

ただただ親父の威光だけで生きてきて何の自称評論家的実績も
ないのに、その親父の娘だと言うまさにそれだけのいわば世襲の
コネで自民政権の下で政府審議会の委員をしたり、大企業の社
外取締役に滑り込んだり、旨みをたっぷり味わってきた婆さん。そ
れだけに売国奴コイズミマンセーに精出したり、自民ヨイショの典
型的な寄生虫評論家の一匹。

だからこそか、コイズミの似非カイカク政策こそが現在の日本の
悲惨な経済状況や医療、福祉などの破壊の基因なのだが、この
婆さんはそんなことは以前からスルー、コイズミ批判などしたこと
もない恥知らずな存在だ。

今朝もコイズミ以降の政策失敗の総括・批判もしないで、民主党
誹謗中傷しか出来ないゴロツキ体質の自民のことはまるで無視
で、最初から民主党批判に終始。外交や安全保障など国家の全
体像が見えない(ならばコイズミ以降の自民党政治にそれがこの
婆さんには見えていたとでも言うのか、ふざけきった論旨)とか、
民主党政権になるとよほど旨みが消えてしまうのか、自民クサレ
党の森シンキローやホソダピアノマン、アホーアッソーらと同じベ
クトルの聞き飽きた批判の羅列。

このアホ批判に堀尾も田中もしたり顔で同調し、筋肉脳なのかい
つもあほなしゃべりの田中何某が民主党を未熟みたいな言い方
で馬鹿にする始末。公共の電波使ってこいつら選挙妨害同然の
ことして恥ずかしくないのか。まあ、大宅婆さんなんてあのタカピ
ーなKYな物言いはアッソー並みなのでまあどうしようもないがね。


朝日新聞の29日付に「米紙に寄稿の「鳩山論文」相次ぎ批判 
米国内の専門家ら」なるタイトルの記事があり、その中のリード部
分で
★★★★★★★
民主党の鳩山代表が27日付の米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)に寄稿した論文をめぐり、米国内に波紋が広がっている。「米国主導」の世界経済の体制を批判的にとらえ、アジア中心の経済・安全保障体制の構築を強調した内容が、米側の目には「現実的でない」と映るようだ。専門家らの間には日米関係の今後に懸念を抱くむきもある。

 鳩山氏は論文のなかで、「冷戦後、日本は米国主導の市場原理主義、グローバリゼーションにさらされ、人間の尊厳が失われている」と指摘。自ら掲げる「友愛」の理念のもと、地域社会の再建や、東アジア地域での通貨統合と恒久的な安全保障の枠組みを作る考えを強調した。
★★★★★★★
と書かれているように、鳩山民主党代表はアジア中心の安全保障
体制構築をアメリカ向けにアピールしているんだが、この寄稿論文
を大宅婆さんは知らないのだろうかね。まあ、このアメリカサイドの
批判を紹介するのは他人の言葉を引用して批判ベクトルをかもし出
す(直接批判しない)朝日新聞のいつもの卑劣な手法だが。

また、この婆さん、テレビメディアで酒井法子のヤク中事件ばかりを
垂れ流していることを偉そうに批判していた(その垂れ流しの背景に
は選挙隠蔽の狙いがあるかもなどは一切指摘なし)が、まさにこの
婆さんのテメエのことは棚にあげての民主党誹謗中傷にまい進の
自民党風味の味わいが出ていた。なぜならば、この婆さんだが、そ
のヤク中事件ばかり報道すると批判するテレビのワイドショーもどき
のゴミ番組にコメント役で出演していたんだがね。

|

« スティーヴン・キングが「レンタルで借りたくなる映画20本」なんて記事があったので、お遊びでマイ20本選出 | トップページ | なんとアッソーの選挙応援のための移動距離は鳩山代表を上回る距離だったとか。落選支援お疲れさまでした »

コメント

おはようございます。土曜早朝のTBSラジオ、堀尾&田中コンビになってつまらなくなったので聞いていませんが、中村&古瀬コンビの時はよく聞いていました。その頃からあった大宅さんの「(自民党に)甘口コラム」のコーナーだけは、ボリュームをゼロにしていましたが(笑)。

それにしても番組が変ったのに、この老婆を出し続ける意味が分りません。「ストリーム」の打ち切りと言い、社会派色を薄めようとするTBSの思惑が透けて見えるようです(陰謀論?)。早朝の時間帯は創価学会のCMばかりでうんざりですが・・・。

投稿: やきとり | 2009年8月29日 (土) 09時59分

老婆と言いながら、大宅さんと書くギャップの大きさ。
ボリュームゼロにしたら甘口か辛口かもわかりまへん。(笑)

TBSはこの時間帯は月〜金曜日の森本のスタンバイは
面白いんですけどね。ただ、伊藤洋一なんてのはいらないけど。
土曜日は前の中村と言うのもババアの話ご拝聴するだけでしたけどね。
とにかくこのババア、いつもタカピーな私が唯一正しいの
よ的傲慢なしゃべりするんだけど、アッソーと頭脳構造
同じようなもの何でしょうね。

投稿: kabumasa | 2009年8月29日 (土) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/46058232

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに聴いた「大宅映子辛口トーク」で相変わらず自民の狗の寄生虫評論家風情を発揮していた大宅婆さん:

« スティーヴン・キングが「レンタルで借りたくなる映画20本」なんて記事があったので、お遊びでマイ20本選出 | トップページ | なんとアッソーの選挙応援のための移動距離は鳩山代表を上回る距離だったとか。落選支援お疲れさまでした »