« 産經新聞などマスゴミがNYタイムズに転載の鳩山論文で鳩山政権批判に必死だが、「報道ステーション」のフルイタチも便乗でシタリ顔批判 | トップページ | 産經新聞がネット上で民主党罵倒で謝罪。「不偏不党」が社是と失笑もんの言い訳 »

2009年9月 2日 (水)

9月1日発足の消費者庁で鳩山民主党代表の意向を完璧無視して強引に発足させた恥知らずの野田聖子と官僚ども

国民が民主党政権を選ぶ審判を下したんだから、あらたに政権に就く
民主党の意向で自民カルト癒着腐敗政権の政策執行は当然停止になる
ものも出て来る。そのためには円滑に新政権の意向に添うようにする
のが自民政権の義務ではないのか。しかし、自民カルト癒着腐敗政権
の閣僚にはそのような矜持もないようだ。そして、それを操って来た
官僚にも。

例えば、間もなく総理に就任する鳩山民主党代表がしばらくその人事
とスタートを待って欲しいとの意向を示しているのに、その意向をま
るでコケにするように、9月1日に消費者庁が従来方針のまま強行ス
タートした。その担当の野田聖子大臣、官僚どもは新政権に堂々と叛
旗を翻したかのようだ。

時事通信の記事で
◆◆◆◆◆◆◆
消費者庁がスタート=生活安全担う「司令塔」−長官も「真っすぐ進む」と表明
 消費者行政の「司令塔」として、製品事故や表示といった問題に一元的に取り組む消費者庁が1日発足し、野田聖子消費者担当相や内田俊一初代長官らが、入居する民間ビルで看板除幕式を行った。
 野田担当相は閣議後の記者会見で「行政のやり方を消費者重視に転換していく突破口となるよう、しっかりと取り組んでいく」とコメント。内田長官も除幕式で「消費者に向かって真っすぐ進む」と決意を述べた。
 午後には、民間有識者で構成する監視機関「消費者委員会」の第1回会合が開かれ、9人の委員の中から委員長を選任する。
 消費者庁は、食品偽装や製品事故、悪質商法などの情報を集約して対策を検討。各省庁に指示を出したり、新法を制定したりするなどして、被害の発生や拡大防止に取り組む。 
 同庁をめぐっては、消費者委員会委員長に就くとみられていた元検事で弁護士の住田裕子氏(58)が委員就任も含め辞退していたことが判明。長官人事についても、民主党が見直す方針を示唆している。
 野田担当相は住田氏の辞退について「政権交代や消費者庁への疑義ではなく、(委員会の前身となる)参与会での人間関係が理由と聞いている」と説明。「委員を補充するかどうかは委員会が決めること」とした。長官人事についても「長官の仕事の重さなどを考慮した手堅い人事。民主党はもっと別のことに力を注ぐよう期待されているのでは」と話した。(2009/09/01-12:35)
◆◆◆◆◆◆◆
だとさ。テレビニュースでもこれを放送していたが、その省庁看板の
字は野田聖子が書いたものだとか。しかしだ、8月30日に自民惨敗、
民主党圧勝が決まり、民主党政権になるのが決まったのだ。そのあと
の30数年ぶりの新官庁の発足だ。

民主党政権がスタートしてから発足するように変更することを考えら
れなかったのだろうか。しかも、担当大臣の野田は、閣僚の立場であ
りながら小選挙区で敗退し、比例区で拾われたいわば補欠ではないか。
新人候補ならそれでも良いだろう。しかし、閣僚の立場で補欠なら少
しは遠慮と言うものがあって良いのではないか、しかも新規発足の官
庁だ。その上、次期総理がスタートを遅らせて欲しいとの意向を示し
ている中でのスタート強行とはなんとも恥も感じない最低の女だ。官
僚どもも恥を知れ。

まあ、この女は郵政民営化反対を謳って当選したくせに、そのあと有
権者の意思を踏みにじって自民党に戻るようなゴロツキ同然の奴だ。
また、こんにゃくゼリー問題の時も偽善丸出しの対応をした最低議員
だ。今回の選挙中でも嘘泣きしたり、一族郎党揃って演説会場で空前
絶後の土下座ショーを恥も外聞もなくやってしまう女だ。元から恥と
言う概念自体頭の中に持ち合わせていないのだろう。普通なら、新政
権誕生が決まったあとの新官庁発足なんだから、新政権の意向を尊重
するだろう。それが、この女はなんと恥ずかしくもなく官庁の看板ま
でへたくそ極まる字で自分で書くことまでしている。よほど、大臣気
分を味わいたかったとしか思えない。まともな神経の持ち主なら、こ
の場合は官庁のスタートを遅らせ、看板も新大臣に譲ることだろう。
このクソ女にはその程度の常識もないようだ。


31日の夜、ぶら下がり記者に鳩山民主党代表が消費者庁について話
している。
◆◆◆◆◆◆◆
――消費者庁が明日、発足するが、受けとめと長官人事をめぐる今後の対応は
「これはもうすでに民主党から発信しておりますけれども、なぜこの時期にと。すなわち、予測される選挙の後の事態というものを考えたときに、なぜ民主党がいよいよ政権をとるというようなときに駆け込みでですね、消費者庁、発足をさせて人事を決めるのかということでございまして、私どもとすれば、もっと先に、この人事などは延ばすべきだということを主張しておりました」
「しかし、そのことが必ずしも現在のところ、かなっておりませんが、決して消費者庁というものをつくるべきではないとか、そういう意味で申し上げているわけではありません。ご案内の通り、仙谷由人議員をはじめとして私どもの思いというものがかなり中に入る消費者庁になってきておりますので、その実現に向けては前向きに考えていきたいとは思っておりますが、しかし、なぜ、あのような人事というものを急いでなさる必要があったのかと。われわれが政権をとった暁には、もっともっと、いいかたちにすることができたのになと。そう思っておりまして、できれば思いとどまってもらいたいという思いは今でも感じているところでありますが、しかし、発足するということであれば、それを今、止めるということはなかなか難しい現実じゃないかと思います」
◆◆◆◆◆◆◆
実に紳士的に語っているではないか。なにも官庁を潰すと言っている
のではない、人事等に疑義があるので待って欲しいと言っているだけ
だ。それさえコケにする官僚の傲慢さは国民をコケにするのと同じな
のだが、傲慢気質が体に染み付いた官僚どもには分らないようだ。

|

« 産經新聞などマスゴミがNYタイムズに転載の鳩山論文で鳩山政権批判に必死だが、「報道ステーション」のフルイタチも便乗でシタリ顔批判 | トップページ | 産經新聞がネット上で民主党罵倒で謝罪。「不偏不党」が社是と失笑もんの言い訳 »

コメント

消費者庁の前倒し発進は麻生さんの最後っ屁、いやがらせ以外の何ものでもありませんね。立ち上げたのは良いけど、ほとんど機能していないという体たらく。そのくせ「日本一の卑怯者」野田聖子さんの晴れやかな顔を見ていると虫酸が走ります。何でもあの「消費者庁」の看板を書いたのが野田さん本人だそうで、民主党政権が正式に動き出した暁には、即刻償却処分にして新たに書き直していただきたいものです(笑)。

投稿: やきとり | 2009年9月 2日 (水) 10時03分

たびたび失礼します。勢い込んでコメントしたら、kabumasaさんが本文でほとんど書いておられましたね。いやはや失礼しました。別のエントリに関連して、私も保坂さんの落選は実に惜しいと思います。例の「かんぽの宿」問題だって、保坂さんが発見したことで火が点いたんですよね。後からしゃしゃり出てきた死神が、まるで自分の手柄のようにしてしまいましたが(苦笑)。それにしてもつくづく残念・・・。

投稿: やきとり | 2009年9月 2日 (水) 11時25分

野田って女の性格ブス振りにはほとほとあきれますね。
比例区で拾われたあとのレイなど着けて馬鹿喜びしていた
んですが、ほかの比例区で拾われた自民の候補者は
もう少し忸怩たる表情を浮かべていたのに、この女と来たら。

看板は確か木だったから、鉋で削って新大臣が新しく
揮毫すればいいだけですね。民主党政権決定後の
発足官庁なんだから、自民の馬鹿女の揮毫看板自体
がふざけている。

投稿: kabumasa | 2009年9月 2日 (水) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/46094591

この記事へのトラックバック一覧です: 9月1日発足の消費者庁で鳩山民主党代表の意向を完璧無視して強引に発足させた恥知らずの野田聖子と官僚ども:

« 産經新聞などマスゴミがNYタイムズに転載の鳩山論文で鳩山政権批判に必死だが、「報道ステーション」のフルイタチも便乗でシタリ顔批判 | トップページ | 産經新聞がネット上で民主党罵倒で謝罪。「不偏不党」が社是と失笑もんの言い訳 »