« フルイタチがアメリカの医療保険問題で白々しいこと言ってます | トップページ | データ転送スピードで伝書鳩に敗退した南アフリカの通信会社。フロッピーアッソー並の会社かいな »

2009年9月11日 (金)

政権交代すると駐米大使も豹変するものなのか、米高官発言に「決めるのは日本」と不快感表明とか

駐米の日本大使なんてのはアメリカ様の意向をハイハイと承
り、そのご命令を日本に発信するだけのアメリカのご用聞き
並の存在のようだったが、政権交代するとなんだか突然に豹
変、アメリカ政府の官庁高官の発言に「政策を決めるのは日
本政府だ」と不快感を表明して、なにげにこれまで持ち合わ
せていなかった自主自立精神を発揮です。

時事通信の記事で
◆◆◆◆◆◆◆
給油継続要請に不快感=駐米大使「決めるのは日本」

 【ワシントン時事】藤崎一郎駐米大使は10日の記者会見で、米国防総省のモレル報道官が海上自衛隊によるインド洋での給油活動の継続を求めたことに対し、「どういう(国際)貢献をするかまず決めるのは日本だ」と述べ、不快感を表明した。
 藤崎大使は給油活動について、「日本が主体的に判断した国際貢献で、(米国に)要請されてやってきたのではない」と指摘。今後の対テロ活動の在り方については「新政権が発足した時に日本政府として検討されることだ」と述べ、政権発足前に米政府が言及すべきではないとの考えを示した。
 藤崎大使はまた、モレル氏の発言に関し「日米にはこれまで築いてきた信頼関係もあり、報道官を通じてやり取りする関係ではない」とも述べた。(2009/09/11-08:51)
◆◆◆◆◆◆◆
アメリカ政府の言いなりにはならないぜなんて、矜持ある発
言をこれまで駐米大使がしたことあるかな。これなんかも政
権交代の小さいながらも大きなステップかな。

ちなみに、そのモレル発言を同じ時事通信の記事で見ると
◆◆◆◆◆◆◆
海自給油継続を強く要請=「経済大国の国際責務」−米国防総省

 【ワシントン時事】米国防総省のモレル報道官は9日の記者会見で、日本の海上自衛隊のインド洋での給油活動について、「われわれは日本の参加により、多大な恩恵を受けてきた。日本がその取り組みを継続することを強くお願いしたい」と述べた。また、在日米軍再編の確実な履行の重要性も強調した。
 衆院選後、国防総省が公式の場で、民主、社民、国民新3党による連立協議の中で給油活動の中止が話し合われ、在日米軍再編の見直しでは合意がなされたことを受けて、政権が交代しても、安全保障・外交政策の強固な日米関係の維持を求めたものだ。
 モレル報道官は「日本は経済大国であり、国際的な責務もある」と指摘し、アフガニスタンの平和と治安のために貢献をすべきだとの考えを強調。給油活動を続けることが、米国だけでなく、日本や同盟国へのテロ攻撃を防ぐことにもつながるとの認識を示した。
 在日米軍再編に関しては、在沖縄海兵隊のグアム移転を含め「合意を履行するために連携していきたい」と述べた。 
 また、「われわれが協議を始めるまで、(新政権に対する)先入観は持たない」とし、政権発足後の日米防衛会談に期待感を示した。さらに「選挙中に多くの発言があったことは承知しているが、選挙運動と国を治めることは異なる」とも語った。(2009/09/10-11:49)
◆◆◆◆◆◆◆
アメリカにとっては無料ガソリンスタンドがあるのは便利
極まりない訳なんだろうが、ブッシュの尻舐め狗コイズミ
が日本売国に精出していた時代とは政権の内容も国民の意
識も変化したのが、従来からの日本の飼い主だと思ってい
るアメリカ高官にはまだ理解できていないようだ。

|

« フルイタチがアメリカの医療保険問題で白々しいこと言ってます | トップページ | データ転送スピードで伝書鳩に敗退した南アフリカの通信会社。フロッピーアッソー並の会社かいな »

コメント

管理人さま

駐米大使も保身に走ったのでしょう。
あれは鳩山次期総理に対する
「僕をクビにしないでね」ポーズでしかないと思います。外務官僚は特にその辺は上手いですから。
多分、米国防省とも事前に話し合いがあっての発言だと思います。

投稿: さとし | 2009年9月11日 (金) 18時14分

さとしさん、まあそうでしょうね。役人なんてのは
小心者の象徴のようなものですからね。

投稿: kabumasa | 2009年9月11日 (金) 18時59分

はじめまして(?)。私には、摩擦を起こすだけの発言に聞こえました。
鳩山さんたちは、オバマさんとの信頼関係を作って、一つ一つ解決していくと言っているのに、波風を立てるだけでしかない駐米大使の発言に、私は悪意を感じました。

投稿: 散策 | 2009年9月11日 (金) 21時47分

オバマ政権の副大統領は、アフガンへの増兵に強く反対しているそうです。民主党の下院議長も、大統領のアフガン政策に懐疑的であると報じられています。日本の新政権がこれまでの「ポチ政策」に懐疑的になるのは、国際的に理解されないことではないでしょう。

投稿: 森 宏 | 2009年9月11日 (金) 21時48分

http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/rank20090911.mp3

1月の期限切れで即撤退でいいんじゃないですかね。官僚の保身第一主義はもちろんあると思いますが、デイキャッチで面白いニュースを聞きました。ちょっと文字起しすると。

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなど8ヶ国の中で、毎月この給油活動を、補給を受けているのはパキスタンだけだったんですこれまで。ところが、えー8月の補給回数を見てみると、アメリカが3回、イギリスも2回補給を受けている。つまり駆け込みで補給をやっていて、事実を作ってしまえというね、こういうねえ(セコイ)やり方をやってるんですよ。

そもそもインド洋給油って、ライスがらみのシェブロン石油から買った油をわざわざ日本の給油艦で運んでるんですよね。ブッシュの犬どもをこれ以上儲けさせることはもうヤメましょうよ(笑)。

投稿: やきとり | 2009年9月12日 (土) 01時06分

あの発言は保身の為という可能性もありますが、もう一つの可能性としては、政権が変わった事でようやく言いたい事が言えたという事かもしれません。
今までがストレスを感じながら保身の為にアメリカに愛想笑いをしていたのかもしれません。
いずれにしろ民主党としては藤崎大使を評価すべきだと思います。
そうする事で他の官僚も政府に協力的になるでしょうから。

投稿: けの字 | 2009年9月13日 (日) 03時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/46180676

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代すると駐米大使も豹変するものなのか、米高官発言に「決めるのは日本」と不快感表明とか:

« フルイタチがアメリカの医療保険問題で白々しいこと言ってます | トップページ | データ転送スピードで伝書鳩に敗退した南アフリカの通信会社。フロッピーアッソー並の会社かいな »