« 7泊8日の青森方面温泉巡りドライブ旅行から無事帰宅。kojitakenなる馬鹿がJUNKさんと私を批判のお粗末 | トップページ | 加藤和彦、南田洋子と華やかな人生を送った人間の異形な死に方はさらなる寂寥感が漂う »

2009年10月20日 (火)

八ツ場ダムで石原ら6知事が無駄なパフォーマンス。しぶとすぎる郵政の西川社長がついに辞任。次は西川社長、タケナカ、コイズミと証人喚問だ

旅行から昨日帰宅したんだが、8日間ネットを見ていないと読
まないといけないニュースやブログが山のようにあって大変だ。
でも、読まないと何があったのかサッパリだしね。

民主党政権になってから相変わらずメディアの民主党陥れ傾向
は変わらずで、自民クサレ党なら問題にもしなかったことを口
うるさく重箱の隅を楊枝でほじくるような記事が目立つ。

昨日は石原傲慢都知事やら無所属偽装青春病知事ら1都5県の
知事がお揃いで八ッ場ダム見学したそうで、ダム建設中止の白
紙撤回を求める共同声明を出したとか。まあ、コイツラの選挙
民向けのポーズだね。負担金を返還してもらえたらコイツラに
はどうでもいい話だろ。民主党がはっきり建設中止を公言して
いるものを白紙撤回するなんてそれこをあり得ないだろうが。

それにしても、石原傲慢都知事は都民の税金がまるでテメエの
カネと勘違いしてるのかヘリコプターで乗り込んだとさ。そん
ことじゃ現地の事情など分る訳ないだろうが。電車で行くなど
して、その土地のリアルな感触を大事にするのこそ自称作家な
んだじゃないのかい。

まあ、当初予算からさらに膨大に増額された(その増額の旨い
汁を吸ったのは誰なんだ?)予算額の7割を費消しながら、い
まだに工事進捗率自体は低く、ダム本体工事に及んでは全く着
工もされていない冗談のような計画から50年以上が経過の存
在自体が無意味なダムの工事を続ければ現状の予算残額で一番
工費のかかる本体ダム工事が出来る訳もないんで、この馬鹿知
事どもはテメエらの無責任さが分っていないようだ。

この八ツ場ダムと並んで自民クサレ党の利権の巣の代表的存在
郵政民営化に関して、亀井静香が頑張っているが、売国奴コイ
ズミらの悪逆ぶり隠蔽のために居座り続けていたユダヤ金融の
日本支所住友銀行上がりの西川社長がとうとう辞任表明とか。

共同通信の記事によると
◆◆◆◆◆◆◆
西川日本郵政社長が辞任表明へ 本社で記者会見

 日本郵政の西川善文社長(71)は20日午後、郵政本社で記者会見し、辞任を表明する。これを受けて政府は、後任人事の作業を本格化させる。新社長には郵政事業の公共性を理解し、経営能力に優れた経営者を選ぶ方針。鳩山由紀夫首相は「亀井静香郵政改革担当相のところで大変素晴らしい方を考えている」と述べ、後任の絞り込みが順調に進んでいることを強調。政府は候補者の意向を最終的に確認し、早期に内定したい考えだ。

 郵政民営化見直しを最大の選挙公約に掲げた国民新党の亀井代表が、鳩山内閣で郵政改革担当相に就任。亀井担当相は内閣の意思として郵政民営化の見直しを進める姿勢を強調するとともに、水面下で後任人事の選定作業に入っていた。

 関係者によると、政府は財界関係者らを介して候補者を照会。公益事業のトップや元トップ、財界人や若手経営者らが候補とみられる。

2009/10/20 17:27 【共同通信】
◆◆◆◆◆◆◆
しかし、しぶといジジイだよな。テレビニュースでは午後6時
半頃からの会見をライブでやっていたが、カメラのフラシュの
音がうるさい(確かにうるさすぎる。こんなジジイの顔を何百
枚も撮る必要ないだろうが。質問も聞こえやしない)から会見
止めるみたいなことをあの悪代官顔歪めて演技していたね。あ
とは、西川、タケナカ、コイズミなどすべて国会へ証人喚問だ。

|

« 7泊8日の青森方面温泉巡りドライブ旅行から無事帰宅。kojitakenなる馬鹿がJUNKさんと私を批判のお粗末 | トップページ | 加藤和彦、南田洋子と華やかな人生を送った人間の異形な死に方はさらなる寂寥感が漂う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/46537140

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムで石原ら6知事が無駄なパフォーマンス。しぶとすぎる郵政の西川社長がついに辞任。次は西川社長、タケナカ、コイズミと証人喚問だ:

« 7泊8日の青森方面温泉巡りドライブ旅行から無事帰宅。kojitakenなる馬鹿がJUNKさんと私を批判のお粗末 | トップページ | 加藤和彦、南田洋子と華やかな人生を送った人間の異形な死に方はさらなる寂寥感が漂う »