« 山口県を象徴するボンクラ政治屋、アベシンゾーがあら探しでしかない鳩山首相批判の久し振りの御発言 | トップページ | 衆院内閣委員会審議で総選挙敗退直後に自民カルト癒着政権が敗退の意味を弁えずに多額の官房機密費を引き出していたコソドロ状態が発覚 »

2009年11月19日 (木)

事業仕分けに垣間見えるコイズミ似非カイカク志向の緊縮財政を忌避する動きなのか株式市場。経済音痴の民主党政権には理解出来ないか

NYダウは10400ドル突破で、昨秋以来ほぼ1年ぶり
に高値を記録なんだが、その米株追従のはずの東証株価は
毎日のように下落の情けない動き。19日終値は9549
円で、4ヶ月ぶりぐらいの安値か。チャート的に見るとど
うも美しい動きじゃない。米株追従なんて実はどこの話か
ってもので、米株が上昇しても上昇せず、下落すると下落
するとまあ単なるボンクラ市場でしかないのが東証なんだ
が。それにしても業績予想の良い企業もまるで関係なしで
下落ではお手上げだわ。

とくに拙いのは平均株価よりトピックスの動きがドツボ状
態だ。中小型株の多い持ち株なんて悲惨だね。まあ、06
年4月以降ずっと悲惨な中小型株なんだが。自民党政権以
来、民主党政権も株式市場の重要性ってのが今ひとつ分っ
ていないような政治屋さんばかりだからな。なんだかJAL
問題でJALの株価が下落しているのに関しても前原国交相
は「一喜一憂しない」とまるで売国奴コイズミと同じこと
を言っているんじゃどうしようもない。

事業仕分けでコイズミとタケナカの黒幕のようなフェルド
マンや自民党の応援団みたいな連中を起用しているんだか
ら民主党の経済音痴ぶりには絶望的な面もある。

そのフェルドマンなどに関して亀井静香が異議を申し立て
たのも、コイズミの隠れ信者みたいなのが多い民主党には
馬の耳に念仏だったようで、事業仕分けの責任者のような
仙谷行政刷新担当相「この人たち(民間仕分け人)には
(決定)権限がまったくない」とかノンキな父さんみたい
なことを吐いて、仕分け人外しを拒否するアホだし、官房
機密費でどん底馬鹿を証明中の平野官房長官は「(外国人
でも)スペシャリストとしての考え方を述べるだけで、権
力行使ではない。最終意思決定は刷新会議(の本体)が行
う」と仙谷を援護してそのアホーアッソー並の知力を晒し
ている。

その問題のフェルドマンは「私がなったのは(同会議事務
局長で構想日本代表の)加藤秀樹さんに頼まれたから。や
りたいと言ったわけではない。日本に貢献できるかと思っ
た。(仕分け人として)言われたことをやるだけだ」と事
業仕分けに出席したね。日本に貢献できるなんてコイツか
ら聞くと笑止千万。問題にされているんだから遠慮して辞
退するって言う謙虚さもないのがさすが日本資産強奪しか
目にないユダ金。それにしても、自民の狗みたいだった加
藤秀樹なんてのまで起用するんだから仙谷って狂っている
んじゃないの。

コイズミ以来の似非カイカクを推進した自民党政権が産ん
だ経済疲弊からの経済復活への政策をするべきなんだが、
事業仕分けなんかでやっていることは財政支出削減、緊縮
財政方向のまるで似非カイカク思想の踏襲みたいな雰囲気
だ。民主党に国民が望んだ方向性をまるで理解していない
のかな。亀井静香のがんばりだけではな。財務省誘導の緊
縮財政への忌避を株式市場が発しているんだが、決断力皆
無の経済音痴前原辺りが偉そうに「株価に一喜一憂しない」
なんてアホこいているんじゃどうしようもない。まあ、こ
れもアメリカ様の威光にハイハイ従っている奴らが多いっ
てことか。マスゴミはまさにそうだし、小沢幹事長の献金
問題などを検察の垂れ流し情報で煽るKYぶり発揮だし、国
民の求める景気、雇用、福祉、医療など基本興味ないんだ
ろうな。そんなに無駄な事業を廃止したいなら、まずは米
軍への思いやり予算なんてゼロ査定だし、防衛相予算も1
年ぐらい人件費と維持費だけにして浮いた予算はすべて福
祉、医療などへ回すとか思い切りな大胆さを発揮しろよ。

日本経済も寒いばかりだが、天気のほうも寒さが厳しい。
今日の東京も相当に寒かった。まるで冬本番のよう。しか
し、まだ11月なんだよな。庭は落ち葉がいっぱいで、車
のカバーの上は落ち葉でびっしり。寒さを余計に感じてし
まう。この寒さ、やはり温泉に行くしかないか。

|

« 山口県を象徴するボンクラ政治屋、アベシンゾーがあら探しでしかない鳩山首相批判の久し振りの御発言 | トップページ | 衆院内閣委員会審議で総選挙敗退直後に自民カルト癒着政権が敗退の意味を弁えずに多額の官房機密費を引き出していたコソドロ状態が発覚 »

コメント

■函館市長、市事業助成「廃止」を批判 職員向けメルマガで-本当は私たちは、財政ゾンビの手のひらで操られ遊ばされているだけだ!!

こんにちは。事業仕分けいろいろと軋轢を生んでいますね。これが、プラスの軋轢なら良いのですが、どうも実際にはそうでもないようです。こちら函館では、函館市長が事業仕分けのやり方について、「無礼」だとまで言っています。しかし、問題の本質はもっと別のところにあります。おそらく、今回の事業仕分け、私の考えではほとんど効果が出ないと思います。かといって、函館市長が擁護する函館市が推進する事業もうまくはいかないでしょう。多くの人は、本質を見失っています。実は、本丸は、私が財政ゾンビと呼んでいる、似非財政民主主義を信奉する財務省の高級官僚たち、および彼らの構築したインフラ、システムです。これを何とかしない限り、事業仕分けの委員や、函館市長も、結局は、財政ゾンビの手のひらで操られ遊ばれているだけに等しいです。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年11月20日 (金) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/46806873

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分けに垣間見えるコイズミ似非カイカク志向の緊縮財政を忌避する動きなのか株式市場。経済音痴の民主党政権には理解出来ないか:

« 山口県を象徴するボンクラ政治屋、アベシンゾーがあら探しでしかない鳩山首相批判の久し振りの御発言 | トップページ | 衆院内閣委員会審議で総選挙敗退直後に自民カルト癒着政権が敗退の意味を弁えずに多額の官房機密費を引き出していたコソドロ状態が発覚 »