« NHKの後期高齢者状態の紅白歌合戦が今年は60周年とか。しかし、知らねえ歌手ばかりだよ | トップページ | 前から1台欲しかったフォーサーズ規格一眼カメラだが、とうとう買ってしまった。買ったのはパナソニックのDMC-G1 »

2009年12月17日 (木)

ちょいと期待の映画「パブリック・エネミーズ」はウーンだったね。天皇会見1ヶ月ルール問題ではマスゴミのアホぶり満開だったが、一見まともに思われたいわゆるアルファーブロガーも馬鹿晒してます

今日は前から観たい映画のひとつだったマイケル・マン監督の新作
「パブリック・エネミーズ」を鑑賞。天気も快晴なので都バス1日
券利用で池袋や新宿、最後には浅草などぐるぐる徘徊して、家電量
販店とか中古カメラ店、書店などたっぷり見学。あまり歩き回って
しまって脚の痺れや腰が痛くなって来てしまって反省。最後は居酒
屋「天狗」でかなり飲み食い。映画も天狗も株主特権の優待券利用
の安上がり都内一日徘徊でした。

その「パブリック・エネミーズ」だが、主演のジョニー・デップが
来日もして話題を盛り上げていたのだが、この手のアクション映画、
しかも監督が「ラスト・オブ・モヒカン」「ヒート」などスタイリ
ッシュな映像のマイケル・マンなのでよけいに期待があったのだが、
140分ほどの長尺を観た感想はそれなりに面白かったが、それだ
けのもので、ウーンと言うしかないものだった。

デップが演じたのはアメリカ犯罪史上でも超有名なジョン・デリン
ジャーで、デリンジャー逮捕に執念を燃やす捜査官を「ダークナイ
ト」のクリスチャン・ベイルが演じてさらに期待感ある訳なのだが、
どうも空回り状態。この手の映画が醸し出すべきパッショネイトな
悲愴感、それに犯罪に生きる男の狂気と悲哀感などがまるで感じら
れない。「ラスト・オブ・モヒカン」などに顕著なスタイリッシュ
な映像美も希薄でかなりがっくりだった。まあ、普通の基準ではそ
れなりに面白いのだが、マイケル・マン作品として期待して観ると
外れなのだ。「マイアミバイス」も超がっくりだったし、マン監督
もうダメなのかな。マイケル・マン監督作としてはほとんど知られ
ていないのだが、初期の作品でホラー映画なのだが、単なるホラー
とは言い難い奇妙な味わいの映画に「ザ・キープ」と言う映画があ
り、私的にはマイケル・マン監督最高作。スコット・グレン、イア
ン・マッケラン、ユルゲン・プロホノフ、ガブリエル・バーンなど
男がほれる絶妙なキャストなんだよな。あれを越えるのは無理なの
かな。

ところで、デリンジャーを取り上げたものは多いが、文字通りにそ
のデリンジャーをストレートに取り上げた映画「デリンジャー」が
あるのだが、それがあまりに素晴しい傑作なので、今回もそれとの
比較になって、「ウーン」になるんだよね。マン監督も当然のこと
に「デリンジャー」を意識しただろうが、とてもじゃないが「デリ
ンジャー」の足元にも及ばなかった。なにしろ、「デリンジャー」
の主役ウォーレン・ウォーツの惚れ惚れとする一世一代の名演に、
捜査官役ベン・ジョンソン、恋人役ミシェル・フィリップス、そし
てデリンジャー一味のリチャード・ドレイファス、ハリー・ディー
ン・スタントン、ジェフリー・ルイスなど完璧すぎるのだ。それに
比較するとやはり厳しい出来だね。

閑話休題。まあそれにしてものあまりに馬鹿らしい限りの天皇会見
1ヶ月ルールを巡るごたごた騒ぎだった。基本は皇室破壊しか興味
がないようにしか見えないハゲタ宮内庁長官がたかが内規問題をこ
とさら大げさに会見までして民主党誹謗に結びつけた陰険極まりな
い官僚の反逆だったんだが、官僚支配OKの所詮は記者クラブなる利
権にどっぷりと浸るマスゴミ、官僚達の言いなりの政治しか出来な
かった愚かな自民クサレ議員が官僚の反逆に悪のりして騒ぎまくっ
ただけなんだがね。

自民とアメリカの狗である産經新聞なんて騒ぎまくることで結局は
天皇をコケにし続けていることなんか興味なしのようで、ネットウ
ヨどもと同じ品性下劣さを見せている訳だ。

ネット上でも「ヒロシ(博士)の独り言」のようなキモイばかりの
ネットウヨどもが産經新聞とつるんで民主党、小沢幹事長バッシン
グするのはあまりにも当たり前でどうでもいいのだが、少しはまと
もにおもえたいわゆるアルファーブロガー(笑)なんかが何を勘違
いしているのか民主党・小沢バッシングに精出し、自民党支援状態
なのが全く失笑ものだ。

その例としていくつか

いつもシタリ顔満開の「極東ブログ」の16日付け「習近平副主席
訪日の天皇特例会見のこと」・・・1ヶ月ルールをさも昔から知悉
していたかのように書き、結局はハゲタ擁護、鳩山・小沢批判のま
さにナニコレ的なネットウヨと変わらない論調。

自分がすべて正しいんだよの上から目線満載のゲロゲロ記事で毎回
笑わせてくれる「世に倦む日日」の16日付け「野党(自公共)は
『1か月ルール』を国会決議せよ - 小沢一郎と戦え」なる記事はま
さに“ナニコレコレ????”丸出しの、やっぱりコイツは自民隠
れ支持者でしかなかったのが分るトンデモ記事。山のようにある役
所の内規のうちのどうでも良いひとつを国会決議せよってどこまで
トチ狂っているのやら、アッソー並のボケかコイツは。

もうひとつ挙げると、これまた知識人面満開の「天漢日乗」もこの
ところ連日に渡って小沢幹事長バッシング一直線状態。まあ勝手に
やってればってとこかな。

まあ、似非知識人ヅラするには現状の政治状況では悪の権化で
ある(大笑い)小沢一郎を批判しているのが一番楽で自らの正
義漢気分を満足させられるんだろうな。毎日新聞のロートル記
者牧太郎なんかも小沢が大嫌いだと書いているが、小沢批判は
基本的にやりやすいんだよな。それやっていれば自分で安心も
出来るんだろうな。コイズミマンセー状態になったのはまさに
その正反対みたいなもので、コイズミマンセーしていれば安心
気分だったんだよな。しかし、そのコイズミ政策が大失策の結
果でしかなかったことに関してはマンセーした奴らは一切自分
の発した言葉には責任取らないんだよな。お気楽な世界なんだ
よな。

|

« NHKの後期高齢者状態の紅白歌合戦が今年は60周年とか。しかし、知らねえ歌手ばかりだよ | トップページ | 前から1台欲しかったフォーサーズ規格一眼カメラだが、とうとう買ってしまった。買ったのはパナソニックのDMC-G1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47047569

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいと期待の映画「パブリック・エネミーズ」はウーンだったね。天皇会見1ヶ月ルール問題ではマスゴミのアホぶり満開だったが、一見まともに思われたいわゆるアルファーブロガーも馬鹿晒してます:

» 「天皇の政治利用」騒動―問題は、記者クラブと宮内庁にあり。 [ふじふじのフィルター]
 民主党が、宮内庁勝手ルールである「一か月前予約ルール」を破って、天皇と中国副主 [続きを読む]

受信: 2009年12月18日 (金) 21時07分

» 「パブリック・エネミーズ 」ジョニー・デップが挑む純愛と銀行強盗 [soramove]
「パブリック・エネミーズ 」★★★☆ ジョニー・デップ、マリオン・コティヤール、クリスチャン・ベイル出演 マイケル・マン監督、141分 、公開日:2009年12月12日、アメリカ (原題:PUBLIC ENEMIES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1930年代前半のアメリカ。 銀行強盗と捕まっても脱獄を繰り返す ジョン・デリンジャーはPublic E... [続きを読む]

受信: 2009年12月25日 (金) 07時45分

« NHKの後期高齢者状態の紅白歌合戦が今年は60周年とか。しかし、知らねえ歌手ばかりだよ | トップページ | 前から1台欲しかったフォーサーズ規格一眼カメラだが、とうとう買ってしまった。買ったのはパナソニックのDMC-G1 »