« 想像以上に楽しめるレンズ交換式一眼カメラパナソニックG1。レンズ遊びの楽しさにすっかり嵌り込んでしまいそうだ | トップページ | パナソニックG1でのマニュアルレンズ遊びのために古いレンズ欲しくなり、ヤフーオークションなるものに初めてアクセス »

2009年12月24日 (木)

日本のマスゴミは今やアメリカ政府の広報紙に過ぎない哀しい現状を鮮明に示した「米国務長官が米大使呼び強い不快感」なるゴロツキ報道

まあ、日本のマスゴミは自民クサレ党政権下で甘い汁を吸い放
題(記者クラブ制度なんてのはアゴ足付き取材体制みたいなも
んだし、新聞何ぞはテメエらはコイズミマンセーして規制緩和
しろと喚いていたくせに新聞自体は再販価格維持制度なる規制
にお守りさせれている体たらくなんだがね)だったんで、記者
クラブ制度廃止などゴミ記者には都合の悪い方針を持つ民主党、
それに小沢一郎が大嫌いなもんで紙面、テレビ見ていたら良く
分かるが、とにかくどうでもいいことを針小棒大にして民主党
バッシングへ結びつけたいようだ。

その民主党バッシングしかしていないマスゴミ中の典型的ゴミ
産經新聞の政治関連記事などまさに見出しだけ見れば中身が分
るほどのワンパターン(まるでアホのアベシンゾーの戯言を聴
くようなもの。そういえば産經新聞にはアベシンゾーのお稚児
さんもいたよな)なのは頭脳の空っぽぶりがまるでネットウヨ
どもと同じなのでお笑いのタネでしかないのだが。

その日本マスゴミの針小棒大報道の典型的報道のひとつが最近
あったね。21日の夕刊で垂れ流しされた「米国務長官が米大
使呼び強い懸念」なんていう報道(?)だ。大体どこのマスゴ
ミも同じような内容で(っていうか、藤崎米大使が国務省から
出て来たところをちょいと一言聞いて、現場にいたゴミ記者連
中がどんな内容にするか話し合ったんだろう。いつもの日本の
ゴミ記者のやり方だ)、クリントン米国務長官が国務省に藤崎
駐米大使を急きょ呼び、米軍普天間飛行場移設問題に関して考
えを伝達したって訳だ。そして、大使を突然に国務省に呼び出
すのは極めて異例と、適当なこと付け加えて、「移設先決定先
延ばしについて、米側が懸念を持っていることを裏付けた」な
んて、国務長官本人などに直接取材もしていないくせに(いつ
もの関係者によるとと同じクソパターン)、テメエたちの民主
党バッシング方針にあわせてテメエたちの願望を書いている訳
だな。

産經新聞なんてもっともその典型で、まあ記事が出るのが夕刊
がないのもあって、22日朝刊になるので、そのゴミ記者連中
の打ち合わせ内容をさらに大げさに針小棒大を大きくして、2
2日朝刊の一面にデカデカと「米国務長官、藤崎米大使呼び、
強い不快感」の見出しだ。その横の一面トップはこれまた大笑
いの「日米の溝、首相やっと認識?」なる大ボケのまさに売国
マスゴミの真骨頂発揮記事だ。さらにはその米大使関係では3
面に中身なしの解説風記事まで掲載して、アメリカ様の御機嫌
伺いに精出している。(まったく、産經新聞ってのは日本のメ
ディアじゃないんだろうね。あの岡田外相と面談した米駐日大
使が激怒したなんて捏造記事を書いたくせに、今回はアメリカ
では日本の大使が呼ばれてお小言頂戴かい。まるで産經新聞の
ゴミ記者どもはアメリカの植民地気質丸出しだわ)

しかしね、この普天間基地移設問題に関しては、クローリー国
務省次官補がすでに15日の会見で、日本政府が態度を保留し
ていることについては「日本政府は、もう少し時間がほしいと
伝えてきた。われわれは、喜んで待ちますよ」と言ってんだろ
う。それでアメリカの態度ははっきりしてんじゃん。基本的に
別にどうでもいいんじゃないの奴らにとっては、ただただ日本
からカネを巻き上げることができれば良いんだろう。

それにしても、この米大使の特別の用もないのに国務省へ行き、
おしゃべりをして、帰り際にゴミ記者どもに「重く受け止めて
いる」とか一言言っただけだ。それもさもテメエの動きが重大
なんだとアピールしたいがために大げさにね。それを、なんか
記事にでっち上げるために、ゴミ記者連中が、国務長官本人に
取材もしていないくせに「強い懸念」とか「強い不快感」とか
適当な記事に作り上げたのがあまりにミエミエで悲惨だよな。

この米大使のテメエの存在感アップのお芝居に関して、鳩山首
相は22日にそんなことがあったようですね、みたいなことを
言っているので、藤崎米大使からは報告は入ってないんだよな、
ということは報告するまでもない単なるどうでもいいおしゃべ
りに国務省へ行ったってだけだろう。それをミエミエのゴミ記
者向けの芝居をして、気に食わない民主党バッシングの片棒を
担いでみた(天皇会見1カ月ルールでのハゲタ宮内庁長官の会
見と同類の自民党シンパ官僚の情けない抵抗の一種だな)って
どうでも良いことをアメリカの狗丸出しのマスゴミがわざと日
米関係悪化と誤認させるためのゴロツキ記事だったお粗末だ。

P.S.:
いつも記事リンクくださる「晴天とら日和」さんブログの23
日記事を夕方見てみたら、そののタイトルがずばり「マスコミ
が『マスゴミ』と言われる由縁ここにあり」だ。そのなかにそ
のゴミの例証となる記者会見の模様などが書き起こされている。
その中でも小沢幹事長の会見で朝日新聞の記者が「小沢代表が
前面に出ることについて女性アレルギーの懸念はないのか」な
んてで始まる質問はこれぞまさしくゴミ中のゴミの典型的発言
で、朝日新聞の記者なんてのもすでに産經新聞の政治関連のク
ズ記者と同列に堕した証明みたいなものだな。

|

« 想像以上に楽しめるレンズ交換式一眼カメラパナソニックG1。レンズ遊びの楽しさにすっかり嵌り込んでしまいそうだ | トップページ | パナソニックG1でのマニュアルレンズ遊びのために古いレンズ欲しくなり、ヤフーオークションなるものに初めてアクセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47101975

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のマスゴミは今やアメリカ政府の広報紙に過ぎない哀しい現状を鮮明に示した「米国務長官が米大使呼び強い不快感」なるゴロツキ報道:

» 「デマゴーグ、みんなで書けば怖くない」 [誰も通らない裏道]
新聞の定期購読をやめた私は、今日もとある場所で昨日と今日の日経をチェックした。 [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 17時35分

« 想像以上に楽しめるレンズ交換式一眼カメラパナソニックG1。レンズ遊びの楽しさにすっかり嵌り込んでしまいそうだ | トップページ | パナソニックG1でのマニュアルレンズ遊びのために古いレンズ欲しくなり、ヤフーオークションなるものに初めてアクセス »