« 久し振りの病院通いが一日仕事となりぐったり。普天間基地移設などはブッシュの狗コイズミ一家マンセーの横須賀に引き受けさせれば解決だよ | トップページ | あの押尾学にヤク譲渡容疑で逮捕状。噂の大物政治家のゴロツキガキへの波及などあれば大笑いの年末年始のお楽しみになるのだが。波及が期待だね »

2009年12月 5日 (土)

マスゴミ界の真性ゴミ産經新聞が普天間基地移設問題で「米大使が激怒」とまるでアメリカ政府公報宣伝紙並の恥さらし記事

自民の狗ならまだしも、最近はその腐敗状態をさらに悪化させて
いるのがマスゴミ界の中でももっとも真性ゴミ的存在の産經新聞
だが、今日も一面トップで大きく普天間基地移設問題で交渉が暗
礁に乗って「米大使一変、激怒」なるタイトルの記事を掲載して、
産經新聞がアメリカ政府の公報宣伝紙であることをさらに鮮明に
している。
◆◆◆◆◆◆◆
ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で
2009.12.5 01:38

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり鳩山由紀夫首相が年内決着を断念したことに、米国側が激怒した。
 4日午後、日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)移設を念頭にした、日米閣僚級作業グループ(WG)の検証作業が開かれた外務省4階大臣室隣りの接見室。
 関係者によると、少人数会合に移った後、米国のルース駐日大使がそれまでの穏やかな語り口を一変させた。「いつも温厚」(防衛省筋)で知られるルース氏は、岡田克也外相と北沢俊美防衛相を前に顔を真っ赤にして大声を張り上げ、年内決着を先送りにする方針を伝えた日本側に怒りをあらわにした、という。
 いらだちを強める米国側の姿勢は、会合後、首相官邸を訪れた岡田、北沢両氏から鳩山由紀夫首相にも伝えられたとみられる。
 伏線はあった。鳩山首相は4日、「グアムに全部移設することが、米国の抑止力ということを考えたときに妥当か検討する必要がある」と記者団に語り、年内決着どころか、グアム移設も含め検討する考えを示していたのだ。福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「選択肢の幅が明確に広がったことを大変歓迎している」と強調した。
 もともと日米合意に基づく普天間移設計画は、普天間の米海兵隊ヘリコプター部隊を辺野古の代替施設に移し、司令部機能などはグアムに移設させることが柱だ。ヘリ部隊も一緒にグアムに移設した場合、有事の際にグアムからヘリ部隊が県内に展開する地上部隊をピックアップしに沖縄に立ち寄る手間がかかる。政府関係者は「ヘリ部隊と一体のグアム案は想像をはるかに超える」と語る。
 これまでの米軍再編協議で議論された案は、いずれも県内が対象だった。移設先に県外を持ち出せば日米作業グループの検証作業は困難になる。岡田外相が米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)への統合を主張する事情でもある。
 一方、海兵隊の戦闘機とヘリを分散移設させる案も政府・与党内にある。ヘリ基地を辺野古に隣接するシュワブ、ハンセンいずれかの陸地に建設し、海兵隊の戦闘機については嘉手納に統合する案だ。ただ、米側は部隊運用上の理由から日米合意が唯一の選択肢との立場。与党内からは「実現可能だったら、とっくにやっている」(政務三役)と嘆きの声も出ている。
◆◆◆◆◆◆◆
たかが一大使の反応をそれもまるで見て来たようなことをアメリカ
の立場を代弁するかのようなこんな記事を書いていて、この記事を
書いた「大谷次郎、赤地真志帆」という二人の記者は日本人として
恥を感じないのか、そしてこのクソ記事を掲載した産經新聞の売国
奴ぶりはまさにタケナカ級。

さらに、産經新聞はその紙面の下に「デフレの恐怖、市場発、鳩山
政権への警告」とする記事で民主党攻撃。自民党政権時代にはまる
でスルーしたような視点の記事だ。

社説では普天間基地移設問題で「年内決着へ再考が必要だ」とアメ
リカ奴隷根性丸出しを見せ、


3ページ目には普天間基地移設問題で「首相は『日本の盧武鉉』と米
国 社民党に引きずられ同盟に亀裂」と、これはあのアホのアベシン
ゾーマンセーのお笑い記者“阿比留瑠比”がまさにアメリカの奴隷根性
丸出し記事を書いて、
お前らはアメリカの政府御用達メディアかと疑
うばかりの売国奴ぶりを発揮している。これほどの売国マスゴミはも
うつぶれるしか再生の道はないのだろうな。こんなクゾマスゴミを持
ち上げるネットウヨ「ヒロシの独り言」あたりもまあアメリカのご用
聞きなのだろう。日本には現時点では右翼には真に日本を愛する奴ら
はゼロってことで、売国野郎ばかりなのだろう。

|

« 久し振りの病院通いが一日仕事となりぐったり。普天間基地移設などはブッシュの狗コイズミ一家マンセーの横須賀に引き受けさせれば解決だよ | トップページ | あの押尾学にヤク譲渡容疑で逮捕状。噂の大物政治家のゴロツキガキへの波及などあれば大笑いの年末年始のお楽しみになるのだが。波及が期待だね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/46941046

この記事へのトラックバック一覧です: マスゴミ界の真性ゴミ産經新聞が普天間基地移設問題で「米大使が激怒」とまるでアメリカ政府公報宣伝紙並の恥さらし記事:

» 【普天間移設】属国根性丸出しの惨経はともかく、脅しに安易に屈するべきではない【米大使激怒?】 [ステイメンの雑記帖 ]
 沖縄県宜野湾市にある米海兵隊普天間基地に関しては、橋本内閣当時の1996年12月に「5年後から7年後までの全面返還」が日米両政府間で合意されたものである。  それから既に13年が経過し、名護市辺野古移転で合意してからでも3年が経過している。  さて、その普天間基地の移設問題については越年することが確定したわけだが、これを受け鳩山政権に対するネガキャンにより歴史の流れを反転させたい 惨経などが「ルース大使が激怒した」だの「年内決着させろ」などと属国根性丸出しの記事を掲載 している。  だが、これまで... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 16時31分

« 久し振りの病院通いが一日仕事となりぐったり。普天間基地移設などはブッシュの狗コイズミ一家マンセーの横須賀に引き受けさせれば解決だよ | トップページ | あの押尾学にヤク譲渡容疑で逮捕状。噂の大物政治家のゴロツキガキへの波及などあれば大笑いの年末年始のお楽しみになるのだが。波及が期待だね »