« 自民クサレ党の狗、マスゴミ界の粗大ゴミ産經新聞が記事中で「小沢容疑者」とやってしまい、謝罪・おわび記事のクズぶり発揮 | トップページ | マスゴミは小沢幹事長の任意の事情聴取を意識的に陥れるような報道で呆れるだけ »

2010年1月23日 (土)

ノーベル賞受賞のIPCCが地球温暖化関係の報告書で誤りを陳謝とか。胡散臭い環境保護団体などは所詮その程度

アメリカのメディアが日本の検察の小沢幹事長捜査などはおか
しいとかの記事を書いていて、さすが調査報道をするまともな
ジャーナリズムだと思わせるのだが、日本のマスゴミと来たら、
テメエらの利権(記者クラブ制度、クロスオーナーシップ等々)
を破棄しようとしているまさに敵対勢力である民主党(国民の
選挙によって選ばれた政権)を潰すことしか頭にないヤクザ並
状態の民主党・小沢誹謗中傷報道まっしぐらのキチガイ状態で、
もうマスゴミの政治関連記事なんて見る気も読む気もない。す
でにマスゴミのクズ記者どもの書く民主党誹謗中傷記事の内容
は読む必要もないほど最初からベクトルが決まっているからだ。

そんなもんで、ネットニュースでは科学関係などのジャンルを
ちょいと見てみた。民主党潰しにひた走るマスゴミの中でも自
民・アメリカの狗として産經新聞と並ぶ政治的ゴロツキメディ
アのひとつ読売新聞サイトの科学記事や環境記事を見ていたら、
環境関連の記事の中に面白いのがあった。
◆◆◆◆◆◆◆
ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝
 【ワシントン=山田哲朗】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝した。

 世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。

 欧米の気象学者らが20日、独自に発表した分析によると、報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用した。WWFは英国の一般向け科学雑誌ニュー・サイエンティストが1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用した。しかし、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかった。

 「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという。分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」と指摘している。

(2010年1月21日10時22分 読売新聞)
◆◆◆◆◆◆◆
というものだ。まあそんなものでしょう。地球温暖化という
が、その実態ははっきりしない。長い目で見たらむしろ間氷
期にあって寒冷化(温暖化などより人類に取っては危険なも
の)に向っているという説もある。

最近流行(というかマスゴミが垂れ流すだけだが)の温暖化
CO2説なんてのも相当に怪しいもので、ゴアなんていう特定
分野のエネルギー関係のためにするだけの活動をしていると
しか思えない胡散臭い奴がノーベル賞なんてのはまさに糞味
噌状態だ。

このIPCCなんてのもどこまでまともな団体なんだろうね。だ
いたいグリーンピースやSSみたいな自然保護を錦の御旗にす
る利権団体のひとつなんだろう。環境・自然保護みたいに一
見正義で逆らえないようなものこそその裏側には大きな利権
と汚いカネが動いているものだ。まあ、現状の特高検察など
がその典型例だ。いかにも表面は正義面、しかしその裏の実
態は単に官僚組織の利権と自民党利権政治を守護し、復活さ
せることしか考えていない国民の敵でしかない訳だ。

国民の敵であることは足利事件を見れば一目瞭然だ。その再
審でも菅家さんの訴えにも当時の担当検事は謝罪など一切し
ていない。一人の人生を破壊し尽くした冤罪を惹起した実質
大犯罪者にしか過ぎないくせに、警察や検察はその責任は一
切取ることはない。検察に起訴される、そのことだけで人の
人生はマスゴミが書く(しかし、冤罪であることがわかって
もキチガイのマスゴミもテメエたちの人生破壊に陥れた記事
の責任を取ることはない)ことで狂わされる。今回の特高検
察の捏造情報垂れ流しの小沢誹謗中傷報道はその典型。そし
て検察の取り調べとか云々があるだけでイメージダウン・政
治生命破壊へ繋がる訳で、自民とアメリカ様の特命を受けた
ような特高検察とマスゴミにとっては実態などはどうでも良
いのだ。とにかく検察が捏造し、それをマスゴミが垂れ流す
だけで。地球温暖化CO2説垂れ流しなんてもの同じパターン
だな。

|

« 自民クサレ党の狗、マスゴミ界の粗大ゴミ産經新聞が記事中で「小沢容疑者」とやってしまい、謝罪・おわび記事のクズぶり発揮 | トップページ | マスゴミは小沢幹事長の任意の事情聴取を意識的に陥れるような報道で呆れるだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47368604

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞受賞のIPCCが地球温暖化関係の報告書で誤りを陳謝とか。胡散臭い環境保護団体などは所詮その程度:

« 自民クサレ党の狗、マスゴミ界の粗大ゴミ産經新聞が記事中で「小沢容疑者」とやってしまい、謝罪・おわび記事のクズぶり発揮 | トップページ | マスゴミは小沢幹事長の任意の事情聴取を意識的に陥れるような報道で呆れるだけ »