« イーストウッド監督の新作「インビクタス」はあまりに素晴しい。産經新聞の究極のゴロツキ記者社会部長・近藤豊和のマスゴミ史上に残る小沢幹事長恫喝コラムを晒しておく | トップページ | マスゴミ界のゴミタメ産經新聞の「産経抄」は毎日民主党誹謗で大笑い。人権感覚ゼロは特高検察だけでなく、弁護士のはずの仙谷や社民党福島も同類 »

2010年2月 9日 (火)

いまだに国会審議無視して小沢幹事長へのネガキャンしか出来ない自民クサレ党のチャリンコ党首に比べて、度量の大きさを見せつける小沢幹事長

自民クサレ党のチャリンコ党首(この馬鹿の名前がいつも
思い出せない。まあ、クソの名前などどうでもいいが)が
9日午前の役員連絡会とかのクサレの集会で、不起訴とな
った小沢幹事長について「政治資金収支報告書の虚偽記載
の共犯の嫌疑が不十分なだけで、決してシロではない」と
述べ、今後も徹底追及していく考えを強調したんだとさ。
やはりネガキャンしか出来ない馬鹿の巣窟の代表らしいア
ホぶり発揮だ。これじゃ何年勉強しても司法試験に合格で
きるわけないわな。

この政治家としての器量ゼロの奴に比べてなんとも格段の
違いを見せつけたのが小沢幹事長だな。昨日夕方に(テメ
エたちの利権を守ることしか頭にない陰湿て卑屈な検察の
ようにお仲間の記者クラブのクズ記者どもだけ相手のヒソ
ヒソ会見するのでなく)いつものようにフリー記者もご自
由にどうぞのオープンな会見をしたそうで、その中のやり
取りで、これだけ小沢誹謗中傷報道溢れる中、そのクズ記
者どもに怒りを見せる訳でもなく、ユーモア溢れる回答に
は、小心で(自分たちの汚いカネ塗れのことはスルーして)
野党時代の鳩山や小沢のことばかりをまるで自分が正義の
存在だと思い込んだような(その手の発言を繰り返せば繰
り返すほど国民の支持が消滅して行くことがこのバブル自
転車好き爺には理解出来ない情けなさ)チャリンコ党首と
の人間の大きさの違い、存在感のあまりの違いが露呈して
いるね。

その昨日の小沢幹事長の会見の一部を取り上げて、マスゴ
ミのクズ記者どものクズぶりを笑おう。
◆◆◆◆◆◆◆
——その具体的なやりとりと、また週末の世論調査で幹事長の説明に納得できないという答えが8割前後を占め、幹事長辞任も7割前後を占めた、その受け止めについて。
(テエメたちが散々ネガキャン記事で誹謗した後のそんな世論調査にどんな意味があるのかこのクズ記者どもにはすでに理解を超えるものとなっているほど馬鹿のようだ)

 「はい。えー今日総理にお会いいたしましたのは先週末夕方遅くになりましたの
で、明けて本日おうかがいしました。一問一答を詳しく申し上げるわけにはいきませんけども、現在の参議院の候補者等の状況も選考状態もご報告しながら、今後私自身が国会や選挙、最大の夏の(参院)選挙が目標となりますが、まず予算を通す国会、そして選挙、その報告をしながら私がこの仕事をこういうことで続けていってよろしいか、というお話を申し上げました。総理からはぜひ一生懸命頑張って欲しいということでございました。それから、政治資金関連の団体の説明ということでございますが、この政治資金団体のことに関しまして、いろいろ他の方もたくさんおられましたけども、現実に検察当局の強制捜査を受けて、そしてあらゆること、捜査の対象となって、私自身2度事情の説明をいたしました。その結果が今申し上げましたような結果ですから、これ以上の説明はないんじゃないかというふうに自分としては思っております。それからもう一つは世論調査ですけども、ここ1カ月以上にわたりまして、小沢一郎は、水谷はじめその他のところからの不正なお金を受け取っていると、けしからん人物であるというたぐいの皆さんの報道がずっと続きました。そしてその後の世論調査でございます。今度そのような不正はなかったということが結果として明らかになったわけでありますので、私の願いとしては、小沢一郎を不正な献金は受けとっていなかった、潔白であったという報道を同じように続けていただいて、その後に世論調査をしていただければそのときにコメントいたします」


——石川元秘書が起訴された。石川氏の処遇について考えは。
(かつての自民党政権時代なら自民クサレ議員はさらに悪質なものでも修正訂正で終わっていた程度のものだろう。お前らクズ記者どもは自民クサレ議員のことはどこまでもスルーなんだな、卑劣な奴らだ)

 「彼はいま、郷里の北海道へ帰って地元の後援会の皆さんに説明をし、話し合いをして近々上京するという風に聞いております。従いましてそのときにできれば本人とも会って、その後のことについて話をしたいと思っております。ですからその時に、また皆さんにご報告できると思いますけれども、前にも申し上げた通り、石川自身は国会議員の職務に関連して責任問われているわけではありません。ですから若干そこは違うとは思いますが、本人とできれば会って、今後の結果をどうするかを決めたいと思っております。決議案そのものについては、それは国会の国対なりなんなりのレベルで与野党で話していただくことだと思っております」

 ——厳しい世論の反応は抑制傾向になると考えるか。厳しい傾向が続いた場合、参院選に悪影響が懸念される場合、自ら身を引くこともお考えか。
(厳しい世論の反応ってね、昨年の衆院選前でもお前らはさんざん民主党ネガキャンしていただろう。だが、国民は民主党を選んだ。売国奴コイズミに騙されたような国民も少しは学習効果があったんだよ。学習効果ゼロな馬鹿はお前らクズ記者どもだろうが)

 「先ほど申し上げた通り、お聞きになっていなかった?ですから私が不正なカネを受け取って、そしてそれを土地購入やらなんやらかんやらに使ったという報道を、皆さんが毎日丁寧に報道していただきましたから、その直後の世論調査でお前どうだと言われても困るので、共同通信も含めてその点は検察の捜査で私の主張がこんなお金はとっていないもらっていないという主張が明らかになったわけですから、そのことを同じように国民の皆さんに報道した上でもう一度世論調査をして下さい。ですから私自身としては結果としてそのようなずっと報じられたような不正な献金は受け取っていないことが結果として明白になったわけですので、皆さんのご協力を得ながら、私自身も国民の皆さんにお話しして、支持と理解を得られるようにしたいと思います」

——世論調査ではラジオ・ネットの調査では7割から8割は幹事長は辞めるべきではない
という結果が出ている。記者会見の開放について。昨年の3月に小沢代表時代に政権をとったあかつきには政府の会見をオープンにすると約束した。政権交代して150日ぐらい経つが、政府・党の一元化をうたっているので党の幹事長として政府にそのような申し入れをしたことはあるか。また今後する予定はあるか。
(この質問はフリー記者の質問だな。マスゴミのクズ記者どもはこの手のテメエたちの民主党誹謗中傷報道に都合の悪い調査は一切無視だしな)

 「私たぶん代表の時だったかな?はい。ですから私はそのつもりでおりました。仮に選挙勝って政府を任されることになれば、そのつもりで言ったと思います。ですから私自身は今も考え方は変わっておりません。しかし鳩山総理に、いま話し合ったように、ご自身もそうしたらいいんじゃないかという話を直接まだ言ったことはありません。何かの機会にそういうみなさんの要望が強いということを伝えておきたいと思います」
◆◆◆◆◆◆◆
イヤー。マスゴミのクズ記者どものアホな質問には大笑いだ。
コイツラは精神的にはほとんどネットウヨのあの腐敗臭漂う
ばかりの「博士(ヒロシ)の独り言」あたりと同類のようだ。
それに反して、フリー記者がどんだけまともかということだ。
亀井静香の二つの会見のうちでも、フリー記者相手のほうが
実に質問も鋭く、やり取りが面白いのにすでにマスゴミのク
ズぶりは証明されているのだが。

そのクズ記者どもの集団の典型的存在であるマスゴミ界の究
極のゴミである産經新聞の今日の一面の記事にはこのクズど
もの卑しい心根がウミのように吹き出たようで吐き気を感じ
てしまった。

そのタイトルは「小沢夫妻総資産19億円」というもので、
昨日発表された衆院議員の資産公開に関する記事のひとつだ
が、このマスゴミ界のゴロツキどもには小沢幹事長が資産を
たんまり持っているのがよほど気に入らないのか、羨ましい
のかそのクズ記者どものあまりに卑しいサモしい心根が暴露
されたような記事である。そらそうだよな、毎日毎日卑しい
限りの国民を愚弄するだけの民主党ネガキャン記事を書きま
くっては購読者を激減させて、フジテレビからの援助でかろ
うじて息をしているような棺桶に両脚を突っ込んでいるよう
な会社(なんだかボーナスもまともになくて、カネが欲しく
てカネ塗れの自民クサレ党に媚びている訳か)だもな。さっ
さとくたばって倒産するのが日本にとっての清々しい出来事
となる訳だ。

|

« イーストウッド監督の新作「インビクタス」はあまりに素晴しい。産經新聞の究極のゴロツキ記者社会部長・近藤豊和のマスゴミ史上に残る小沢幹事長恫喝コラムを晒しておく | トップページ | マスゴミ界のゴミタメ産經新聞の「産経抄」は毎日民主党誹謗で大笑い。人権感覚ゼロは特高検察だけでなく、弁護士のはずの仙谷や社民党福島も同類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47523187

この記事へのトラックバック一覧です: いまだに国会審議無視して小沢幹事長へのネガキャンしか出来ない自民クサレ党のチャリンコ党首に比べて、度量の大きさを見せつける小沢幹事長:

» 回答はなかったというレトリック [雑感]
  時事通信の記事が、昨日から話題になっている。記事の内容そのものは後に触れるとするが、「 国会議員の個人資産が 8日公開され 」それに対し「 小沢氏事務所には 文書で回答を求めたが、8日までに回答はなかった 」とした部分に非難が集まっている。 これだけであれば、読み手にもよるが、「 8 日までに回答なかった 」故に「 小沢は怪しい 」ととられかねない。一歩ゆずって 「 8日公開され 」て「 8日までに回答はなかった 」との違和感に気がついたとしても、「 まぁ~1日中返事を待ったんだが返事を小沢氏側... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 22時26分

» 【小沢続投】官僚主導の利権談合政治の復活を企む守旧派を徹底的に粉砕しよう【田村入党】 [ステイメンの雑記帖 ]
 一連の東狂痴犬特騒部による小沢幹事長失脚を狙った違法捜査は、ありとあらゆる手練手管を駆使しながらも結局のところは 小沢幹事長に関しては「不起訴」という結果 に終わった。  だがこの1ヶ月余りの間、 「下野なう」惨経などの翼賛マスゴミどもは、小沢幹事長や鳩山政権に対する徹底したネガキャン を行ってきた。  そして先週末、殆どの翼賛マスゴミが一斉に世論調査を行った結果は、鳩山政権の支持率と不支持率の逆転、そして小沢幹事長辞任すべしとの意見が7割前後という数字となって現れた。  その結果を踏まえて8日の... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 23時08分

« イーストウッド監督の新作「インビクタス」はあまりに素晴しい。産經新聞の究極のゴロツキ記者社会部長・近藤豊和のマスゴミ史上に残る小沢幹事長恫喝コラムを晒しておく | トップページ | マスゴミ界のゴミタメ産經新聞の「産経抄」は毎日民主党誹謗で大笑い。人権感覚ゼロは特高検察だけでなく、弁護士のはずの仙谷や社民党福島も同類 »