« 女性秘書を長時間監禁尋問のゴロツキ検事民野健治の件を記事にした週刊朝日の山口一臣編集長が検察庁とのやり取りを事細かに開陳 | トップページ | イーストウッド監督の新作「インビクタス」はあまりに素晴しい。産經新聞の究極のゴロツキ記者社会部長・近藤豊和のマスゴミ史上に残る小沢幹事長恫喝コラムを晒しておく »

2010年2月 7日 (日)

トヨタの世界的リコール騒動は下請け・労働者いじめのコストカット車量産のトヨタの体質がもたらした自業自得

トヨタのリコール騒動だが、起るべくして起きたような話だ
ろう。だいたい、これまで自動車の欠陥問題でいつもいけに
えにあげられてきたのが三菱自動車。しかし、どう見たって
三菱自動車にあるならば他の自動車メーカーにも同じような
問題があるのは当然のこと。

日本の自動車はその品質の良さで世界に冠たるものであり、
メーカーによってそれほど技術が変わるとも思えない。むし
ろ、下請けや従業員まで虐めて極限まで価格を下げて、他社
を販売で圧倒して来たのがトヨタであり、あの売国奴コイズ
ミの黒幕的に振る舞って、自社のためだけのように円安誘導
の政策を取らして利益を貪り、車なんて5年持てば良いとか
ほざいて品質なんてどうでも良いようなことを言った馬面オ
クダが主導したトヨタの車が品質で他社の車を凌駕できる訳
がないのだ。

かつて70年代排ガス規制問題の時などトヨタがもっとも技
術面で遅れを取り、エンジンがまるでダメになった過去があ
るように、トヨタは技術ではそんなに凄い企業ではない。当
時のDOHCエンジンにしてもヤマハが作っていたと言われる
ほどで、ただただ営業で車を売って来た企業だ。そして、売
りは安い車でも走る・曲がる・停まるの車の基本要素とは関
係ない外見やインテリアが一見豪華に見えるってことだった。

車を初めて買ったのは1977年で、その時どの車を買おう
かといろいろ試乗や他の人の車を運転させてもらったのだが、
トヨタの車のあまりの走りの情けなさに幻滅、以来トヨタの
車は買ったこともないし、自分で運転しようと思うこともな
かった。

三菱自動車ばかりをいけにえにして来たマスゴミだが、オー
トマ車のよくある事故なども多くがトヨタ車(事故写真を見
れば一目瞭然だ。それに道路を走っている車などトヨタだら
けだから確率から言ってもトヨタが多いのが当たり前)なの
に、なぜかマスゴミはそういう事故でもトヨタの名前を出さ
ない場合がほとんどだ。そらそうだよな、広告費で牛耳られ
ているマスゴミだしね。

そして、コイズミ以降とくに顕著になったのが、労働者の賃
金の抑制で、その先頭を切って労働者搾取に走っていたのが
トヨタのオクダ。ならば、重労働を強いられて奴隷扱いされ
る従業員(とくに非正規)がかつてのように愛社精神など発
揮したいと思うだろうか。その結果は当然のことにギリギリ
のコストカット車に顕現するだろう。

そういう、トヨタの自社の利益だけを追求して来た(とくに
オクダら)結果が今回の世界的なリコール騒動って訳で、ま
さに自業自得。自民クサレ党と同じようなものだ。プリウス
の新型にしても、ホンダのハイブリッド車を追い落とすため
に極端にまでコストカットして安売り(しかも自民クサレ党
のインチキ施策とあわせて)した結果だろう。それでもその
安売り車で利益が増えたって言うんだから、他のトヨタの車
(とくにぼったくり車のレクサス)なんてのはどんだけボッ
タクリなんだよということじゃないのか。

|

« 女性秘書を長時間監禁尋問のゴロツキ検事民野健治の件を記事にした週刊朝日の山口一臣編集長が検察庁とのやり取りを事細かに開陳 | トップページ | イーストウッド監督の新作「インビクタス」はあまりに素晴しい。産經新聞の究極のゴロツキ記者社会部長・近藤豊和のマスゴミ史上に残る小沢幹事長恫喝コラムを晒しておく »

コメント

秋葉原で元派遣工の加藤が暴れた頃。
加藤のいた工場製の宮内庁向けリムジンにトラブルがつづいてた様です。
当時対策をとっておれば良かったんですよ。

投稿: ローレライ | 2010年2月 8日 (月) 05時33分

私のお家芸であり、口すっぱくネタにしていますが、まさにおっしゃるとおりです。見てくれさえよければよいと言う考え方で長年やってきましたし。レクサスの水準でようやく「当たり前のことをした」です。
「販売の神様」、神谷正太郎の負の遺産ですね。地場資本を基本としたため、地方紙・地方局と関係が深い。各地の有力企業の子会社に地方局とトヨタの販売会社が並ぶことも多い。広告面でも言うに及ばず。

トヨタは、事務系派遣も多数使っています。パソナ、テンプ(旧ピープルスタッフが名古屋が本拠地のため)、リクルートと。北米トヨタセクハラ事件で失脚した大高英昭は今はパソナにお世話になっています(何度もお目にかかりましたし、話も伺いましたが)。
警察庁の公費パトカーがトヨタばかり、葛西敬之・JR東海会長(安倍晋三のお友達で言うまでもなく超タカ派・右派)が4年前に国家公安委員に就任(当時の警察庁長官が漆間巌、小泉内閣末期でしたね)。JR東海の大株主にトヨタ。社外取締役に張富士夫・トヨタ会長。これって随意契約とか「天の声」ですね。

投稿: ゴルゴ十三 | 2010年2月 8日 (月) 07時02分

こんにちは
大学生の頃だから1981年頃ですけど
まだFRだったいすゞジェミニに乗っていました。
とてもいいクルマだったと自分では気に入ってました。
徳大寺有恒もこのジェミニは絶賛していましたね。
幅は1590mmしかなかったのですがそれが取り回しの
よさにつながりましたし。
当時売られていたFRのカローラ、後に母の足代わりにと
中古で20万で買いましたが、ひどいクルマでしたね。
割り箸一本でドアロック解除できるし。トランク浅いし。

トヨタが営業力や、中古車を高く引き取るからと言う
本来の車の性能以外の部分で売ろうとしてきたことは
歴史的事実ですからね

投稿: 江草乗 | 2010年2月 8日 (月) 07時47分

1月31日に他のブログに投稿した原稿を貼り付けします。

空前の規模であるが、同情の声はほとんど聞かれない。それは何故なのか。それはトヨタが人(国民)よりカネ(利益)を尊重する強欲な経営思想の会社であったからではないか?必要がなくなれば労働者を厳寒の師走に解雇して放り出すような非人道的なことを平然と続けてきたからだ。国民の多くは、むしろ「ざまぁ見ろ」と思っているのではないか?労働者の血と汗と涙で絞り出して蓄えた数十兆円の留保利益を吐き出してリコール費用に充てれば良いだろう。リコールに必要な労力は新規採用で雇用創出すればベターだ。モノやカネは人のために存在することを経営の基本に据えなければトヨタの再生は不可能であろう。

投稿: 風林火山 | 2010年2月 8日 (月) 10時22分

トヨタの問題点、それは「トヨタに悪気はないのだろうが、結果的に弱い者いじめを撒き散らしてしまっている」という点にあるのではないでしょうか? 下請企業が如何に理不尽かつ無理な取引環境に置かれているか? 真の王者として真の尊敬を受けるに値する振舞いに欠けているようです。トヨタに対して本当に言いたい事がある人々は、同時にトヨタに対して言えない立場の人々でもあります。トヨタに本当に気持ちよく協力しようという協力会社が果たしてどれだけいるのだろうか? トヨタが大きな川の流れならば、関連企業は小さな川の流れ、小さな川の流れが理不尽すぎるような問題を抱えさせられているようでは如何なものだろうか? トヨタの従業員一人一人に罪などないが、大げさに言えば毎日飴玉をもらえる子です。傘下企業関係者は盆と正月にしか飴玉をもらえない子です。自由競争とはいえ、少しは食わせてやったらどうか? このまま本当に天運を失えば、トヨタといえども数年内に崩壊し得るのかもしれません。天運の流れ、時流とはそういうものだと思います。

投稿: dmbsgrmncah | 2010年2月10日 (水) 05時40分

トヨタの利益が2兆円強あったりしたのですが、これについて一言、二言。2兆円というのは、1万円札の厚みで表現すれば20kmです。(100万円がほぼ1cm) 自動車という高額商品を相当数製造販売するのですから 利益も相当な額になるのは当然ですが。たとえになりますが、もし神様がいるとすれば、儲けたお金をどのように使うかという点が一番見たいのかもしれません。誰かが1万円札を支払った時点で、その1万円というお金のバトンタッチが半永久的に始まるのかもしれませんが、誰かがその流れを止めるならばそこで終わりです。人間社会の太い幹の成長、大きな川の流れたる景気の循環を少なからず停滞させているフシが確かにトヨタにはあるのです。現実は大変でしょうが、どんな反省よりも まさに天運を失いつつあるという状況をトヨタ自身が受け止める事でしかトヨタ再生はあり得ません。人情論のようではありますが…。

投稿: dmbsgrmncah | 2010年2月10日 (水) 05時41分

平成9年にトヨタのカローラを買いました。当時、私の周りでは、『トヨタ車は、面白みは無いが、壊れない、基本性能はしっかりしてる。』という評価が一般的だったからです。で、奥田のアホには悪いけど、走行距離がそろそろ32万キロになるそのカローラに、いまでも乗り続けています。大したもんだとおもいます、当時のトヨタさんは。そのトヨタを奥田が殺しました。トヨタは死にました。次は、トヨタには乗らないと思います。合掌

投稿: おやぢ | 2010年2月11日 (木) 13時52分

「おやじ」さん、コメントどうも。
平成9年というと1997年ですね。車は長く使うのが地球に優しい
訳で、全然エコじゃないプリウス(高額で馬鹿でかいバッテリーは
5年ぐらいで数十万円出して買い替えになるアホ車)なんかにし
ないでカローラに大事に乗り続けて下さい。当時はまだトヨタも
まだ社員に愛社精神はあったでしょうから。オクダはその後
車なんて5年持てば良いと傲慢かまして、安物部品でボロ車
生産に変更したようですから。
ところで、日本の車なんてのはどのこの社の車も基本しっかり
していますよ。私の現在の車は1994年に買ったマツダの
ランティスという誰も知らない車ですが、超快調です。

投稿: kabumasa | 2010年2月11日 (木) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47507992

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの世界的リコール騒動は下請け・労働者いじめのコストカット車量産のトヨタの体質がもたらした自業自得:

» 石川議員が再逮捕されなかったわけ + 江川紹子さん [晴 天 と ら 日 和]
  当  ブ  ロ  グ  へ  の     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!    お詫び!!!!!    まことに申し訳ありません!    本日、午後2時までに、    頂けたコメントを手違いで全部削除してしまいました。    最....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 19時03分

» 【プリウス】信頼感とブランドイメージを回復させるため、トヨタは傲岸不遜さを捨てるべきだ【リコール】 [ステイメンの雑記帖 ]
 全世界で延べ910万台に達するリコールやその後の稚拙な対応により、今や1950年の経営危機による工販分離以来の最大の危機に遭遇しているトヨタだが、日本時間の先週5日夜になって ようやく豊田章男社長のによる会見が行われ事態を陳謝 した。  だが、この遅きに失した会見に対する欧米メディアの反応といえば、   ・「突然の通知で、しかも東京から2時間もかかるところ(名古屋)でなぜ?」(CNNテレビ)   ・「車のオーナーと米政府幹部に高まる懸念を鎮めるにはほど遠い」(ニューヨーク・タイムズ)   ・「彼(... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 00時18分

« 女性秘書を長時間監禁尋問のゴロツキ検事民野健治の件を記事にした週刊朝日の山口一臣編集長が検察庁とのやり取りを事細かに開陳 | トップページ | イーストウッド監督の新作「インビクタス」はあまりに素晴しい。産經新聞の究極のゴロツキ記者社会部長・近藤豊和のマスゴミ史上に残る小沢幹事長恫喝コラムを晒しておく »