« 「国民に感動を与えたい」と傲慢かますさすが筋肉脳のバンクーバー五輪参加の馬鹿選手。石川議員は離党 | トップページ | どうでもいい五輪の中のさらにどうでもいいスノーボード競技の国母なる馬鹿選手の服装で大騒ぎのマスゴミ »

2010年2月12日 (金)

毎度おなじみマスゴミ界の究極のゴミ産經新聞で、「主張」のファンタジー世界に妄想するキチガイぶりが大笑いできる

冗談としか思えないトンデモお笑い論説を毎日披露してくれるマスゴ
ミ界の究極のゴミ産經新聞を象徴するお馬鹿コラムには「産経抄」と
(産經新聞では社説ではなくあくまでも“主張”である)「主張」があ
るが、昨日の主張の「建国記念の日 神話が生きる国誇りたい」には
書いたクズ記者の頭のカイロが完全にショートしてしまっているのに
ゲラゲラ笑ってしまった。

一部を引用してみるが、想像世界の産物である神話と現実世界が一致
してしまった妄想世界に生きるキチガイが公器である新聞の社説を担
当している怖さがジワーと伝わって来るおぞましさを感じてしまうば
かりだ。
◆◆◆◆◆◆◆
新しい国づくりの地を東方に求め日向国を出た神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)は、瀬戸内海を進んで難波、熊野へと至る。
 そして大和を平定すると橿原(奈良県)を都に定め、「天地四方に住むすべての者が、一つ屋根の下の大家族のように仲良く暮らそう」という理念に従って天下を治めることとなった。これが「日本書紀」に描かれた初代神武天皇の即位の物語である。
 明治の新政府は、天皇を中心とした近代国家の建設をめざし、神武即位の「2月11日」を紀元節と定めた。紀元節は先の大戦後に廃止させられたが昭和42年、「建国記念の日」として復活した。今年で44回目を迎える。
 世界を見渡してみても、大半の国々は植民地から独立した記念日や、革命の記念日をもって「建国の日」としている。血なまぐさい戦いと引き換えに国家が造りあげられ、王朝の興亡によって歴史は断絶している。日本のように連綿と歴史が続き、神話的な物語に基づいて国の誕生を祝うという例は、むしろ例外なのである。
・・・・・
建国当初の国家がそのまま現在につながり、神武天皇以来125代の長きにわたって皇統も継承されてきた。この歴史に、国民はもっと誇りを持ってよいのではないか。その誇りがひいては、日本の国を愛し、日本の伝統文化や国語を大切にする心を養うことにもつながるだろう。
◆◆◆◆◆◆◆
この妄想世界を書いた記者には神武天皇が2700年前に日本国家を
平和裏に樹立し、それがそのまま国家として継続されて来たと本気で
妄想しているのだから怖いものだ。この馬鹿記者は日本歴史を学習し
たことがないようで、縄文時代も弥生時代なんてのも吹き飛んで存在
しないようなのだ。相当に脳細胞が溶解状態でアホのアベシンゾー並
の虚ろな中身になっているようだ。御愁傷様というしかない。このク
ズ記者にはギリシャなんかもきっとオリンポスの神々が作り上げた国
家なんだろうな。名付けてファンタジー記者ってとこか。

その虚ろな脳細胞の中身の奴が書く「主張」は今日も妄想をたくまし
くしていてお笑い世界を現出してくれている。

題して「石川議員 離党はけじめにならない」と来た。まあ、他のマ
スゴミも似たようなものだろうが、産經新聞の小沢誹謗中傷報道まっ
しぐらの破れかぶれ路線には辟易するしかない。
◆◆◆◆◆◆◆
行政刷新担当相に起用された枝野幸男氏は、就任前に「国民の理解と納得が得られなければ、けじめをつけてもらわなければいけない」と、小沢氏に出処進退の決断を促していた。10日の就任会見でも「立場が変わっても政治的スタンスは変わらない」と強調したが、「党内の問題について見解は答えない」とも語った。
◆◆◆◆◆◆◆
と、こういう神武天皇日本国家樹立の妄想世界に生きるキチガイに
このように都合良く引用されてしまうようなことを正義漢ぶって言
ってしまう枝野の胡散臭さ。どこから見ても隠れトロイの馬だな。

そして、この妄想世界に生きるキチガイは「小沢氏の政治的・道義
的責任は明白かつ重大なのに、これにほおかぶりしている点が民主
党だけでなく政治への信頼を失っていることを、枝野氏はじめ政権
関係者は重く受け止めてほしい。」とどこまでも小沢誹謗中傷に邁
進する訳である。ならば、お前らの報道の説明責任を一度ぐらい真
面目に果たしてみるのはどうか、特高検察の説明責任を追及するジ
ャーナリズム精神を発揮してみてはどうかと問うてみても、このキ
チガイには無駄なんだろうな。虚しさばかりが漂う日本のマスゴミ
事情。

|

« 「国民に感動を与えたい」と傲慢かますさすが筋肉脳のバンクーバー五輪参加の馬鹿選手。石川議員は離党 | トップページ | どうでもいい五輪の中のさらにどうでもいいスノーボード競技の国母なる馬鹿選手の服装で大騒ぎのマスゴミ »

コメント

コメントしたいけど塵産経のくだらん記事に言う言葉がありません。唯一言、産経潰れろ

投稿: ヤス | 2010年2月12日 (金) 21時20分

産経の記事を本気で見ていると腹が立ちますが、馬鹿かそれこそ自己の妄想を言っているだけ、まともな思考回路が存在しない、と思えば腹も立ちません。
産経は1ヶ月の部数では「赤旗」にも負けているとか。もうすぐ潰れるのではないでしょうか。一日も早くお馬鹿の戯言を聞かなくてすむ日々が来る事を待っています。

投稿: もじもじ | 2010年2月13日 (土) 17時55分

クズ新聞の信憑性は、

赤旗>サンスポ>ゴミ売り>東京スポーツ>(北朝鮮)労働新聞>惨稽  です。

投稿: podam | 2010年2月13日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47547497

この記事へのトラックバック一覧です: 毎度おなじみマスゴミ界の究極のゴミ産經新聞で、「主張」のファンタジー世界に妄想するキチガイぶりが大笑いできる:

« 「国民に感動を与えたい」と傲慢かますさすが筋肉脳のバンクーバー五輪参加の馬鹿選手。石川議員は離党 | トップページ | どうでもいい五輪の中のさらにどうでもいいスノーボード競技の国母なる馬鹿選手の服装で大騒ぎのマスゴミ »