« 地震情報をツィッターで積極的に発信したことを問題視する記事にしてしまう政府情報はマスゴミの独占だとの認識しかない愚かなゴミウリ新聞 | トップページ | 亀井静香金融担当大臣の会見が16日から甘えの構造の記者クラブのクズ記者どもとフリー記者合同の会見になるらしい、残念なことだ »

2010年3月 4日 (木)

東京新聞に掲載された精神科医斎藤学氏の「本音のコラム」がすごい。掲載した東京新聞度胸あるぜ

ネット徘徊していたら、東京新聞に掲載のコラムが紹介されて
いた。東京新聞のサイトを見ても見られないのだが、ネット上
に文章化されているそのコラムをそのまま転載。
◆◆◆◆◆◆◆
東京新聞「本音のコラム」(3/3朝刊)
「小沢氏の問題提起」(斎藤学)
 小沢一郎について語る際には「私もこの人物を好きではないが」という枕
ことばを付けなければならないようだ。が、それは原稿で食べている人たち
に課せられた規定らしいので私は気にしない。この人が図らずも(当人は
語らない)提起している二つの問題(①米国との距離の再検討②戦後天皇制
の再検討)は、旧帝国憲法の残滓(ざんし)に注目するという点で回避不能な
ことだと思う。
既に公刊されているように戦後日本は岸信介氏のようなCIAのエージェン
ト(金で雇われたスパイ)によって作られた「米国に貢献する社会」である
(『CIA秘録』上巻、百七十一〜百八十四ページ)。この暫定的体制が、
もくろんだ当人たちさえ驚くような長期間の効果を示したのは、日本人の
「おかみ(天皇・官僚)信仰」が並々ならぬものだったからだろう。
戦後体制作りの埒外(らちがい)にいた田中角栄が市民的嗅覚(きゅうかく)
からこの偏りの修正を試みると、米国は直ちに反応し、その意を受けた検察
によってつぶされた。
今回の小沢氏の一件も、この流れの中で生じた。彼は生き残らなければな
らない。今週の『週刊朝日』にある「知の巨人 立花隆氏に問う」という記
事に共感する。血の臭いに吸い寄せられる鮫(さめ)のように検察の刃(や
いば)で傷ついた者たちを一方的に批判してきた体制擁護の人は何故、「知
の巨人」に祭り上げられたのだろう。(精神科医)
◆◆◆◆◆◆◆
ネット上ではごく普通に語られていることだが、そんなことが
大マスゴミに掲載されたことはかなり画期的なことではないか。
平和憲法を破壊するために教育基本法を強行採決までし改悪した
オムツしている(そのことは日経サイトで知の巨人様がはっきり
と書いていた)アホのアベシンゾーの祖父である究極の売国奴岸
信介のことを「CIAのエージェント(金で雇われたスパイ)」と
言明する文章が大マスゴミに掲載されるなんてこれこそ自民クサ
レ党政権転覆なければあり得なかったことだろう。しかも今や
小沢問題の論争から逃げまくっている情けない限りの“痴の虚人”
である立花隆を「血の臭いに吸い寄せられる鮫(さめ)のように
検察の刃(やいば)で傷ついた者たちを一方的に批判してきた体
制擁護の人」と言い切る文章が新聞紙面に載るなんて。

やるね東京新聞。他の便所紙マスゴミの情けなさが際立つな。と
くにみのもんたなるゴキブリをいまだに多額ギャラまで支払って
起用して毎日のように民主党誹謗中傷をさせているTBS、その親
か子供か知らないが、検察様正義・小沢悪者独裁者論の幼稚極ま
る馬鹿文章を垂れ流す耄碌廃棄物状態のクズ記者牧太郎なる記者
もどきの馬鹿を定年後も雇い続けるアホの毎日新聞、自民の狗状
態のチンピラメディア惨軽やゴミウリは恥を知れと言いたい。


|

« 地震情報をツィッターで積極的に発信したことを問題視する記事にしてしまう政府情報はマスゴミの独占だとの認識しかない愚かなゴミウリ新聞 | トップページ | 亀井静香金融担当大臣の会見が16日から甘えの構造の記者クラブのクズ記者どもとフリー記者合同の会見になるらしい、残念なことだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47723788

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞に掲載された精神科医斎藤学氏の「本音のコラム」がすごい。掲載した東京新聞度胸あるぜ:

« 地震情報をツィッターで積極的に発信したことを問題視する記事にしてしまう政府情報はマスゴミの独占だとの認識しかない愚かなゴミウリ新聞 | トップページ | 亀井静香金融担当大臣の会見が16日から甘えの構造の記者クラブのクズ記者どもとフリー記者合同の会見になるらしい、残念なことだ »