« 足利事件で貴重な人生を警察・検察・裁判官に破壊された菅家さんの再審公判で無罪。しかし、人の人生破壊した奴らは何の責任もないノホホン人生 | トップページ | 正気の沙汰でない生方幸夫なるクズ議員のマスゴミの餌食状態。そのクズ生方幸夫をベタホメする大橋巨泉の耄碌廃棄物状態 »

2010年3月27日 (土)

鳩山首相の初の一部オープン形式の会見がようやく26日に実施されたが、記者クラブのクズ記者どもの勘違いぶりが笑えた

鳩山首相の初のオープン会見が26日に開かれた。JanJanNewsで
見ると
◆◆◆◆◆◆◆
官邸が開かれた日-鳩山首相がオープン記者会見
2010年03月26日
田中龍作

 鳩山由紀夫首相が半年がかりで“公約”を実現した。これまで大新聞やテレビ局などに限られていた首相記者会見を26日からネットメディアやフリーの記者にも開放したのである。
鳩山首相は「国民の声をもっと広く聞くために記者会見をオープン化した」と胸を張った。開放と言ってもカッコ付きである。大メディアによって構成される内閣記者会と彼らが所属する社の記者席は95席。これに対して日本インターネット報道協会、フリー、雑誌協会の割り当てはわずか18席だ。ネットは1社1席と制限された。フリー記者は資格を厳しく吟味され、ふるいに掛けられた。ネット記者もフリー記者も質問はできるが内閣記者会が優先される。

 それでもネットメディアとフリーの記者は2人ずつ指名された。ビデオニュース・ドットコムの神保哲生氏は会見のオープン化が省庁によってマチマチであることを指摘した。鳩山首相は「それぞれの省庁によって事情がある…」とかわした。

 筆者は官邸の調整能力のなさを指摘した。普天間、郵政などをめぐって鳩山内閣が迷走するのは、官邸が機能していないからだ。「個人の能力を超えたことを平野官房長官に求めるのは酷だし、国民にとってはもっと悲劇だ。平野官房長官をチェンジすることは選択枝にないのか?」と首相に質した。

 官邸との慣れ合いの上に立つ記者クラブの質問はまどろっこしくて仕方がなかった。これでは国民に真実を覆い隠すようなものだ。記者クラブの弊害である。官房長官に対する個人攻撃のような質問はしたくなかったが、筆者はあえて問うた。慣れ合いの枠を壊さなければ、ジャーナリストによる「記者会見」とは呼べないからだ。

 質問に対して首相は「官房長官は一生懸命やっている…」などと答えた。鳩山氏らしい緩いコメントだった。 

 鳩山氏は野党代表の頃から「民主党が政権を取ったら記者会見をフルオープンにする」と宣言していた。政権発足初日の昨年9月16日、筆者やジャーナリストの上杉隆氏ら総勢7名は、記者会見に出席するために首相官邸に足を運んだ。
 
 自民党政権下では、権力と一体化した記者クラブにより情報が独占されていた。政権交代により広く情報が開示される。『市民メディアにも活躍の場が与えられる』。こう思ったのが間違いだった。会見に出席しようとしたが、官邸の受付で「許可がない」と言われて追い返されたのだった。

 中堅の民主党議員によれば、記者会見の開放をめぐって大メディアから平野官房長官に圧力があった。「記者会見をオープン化すると内閣記者会として鳩山政権には協力できない」と。

 平野氏は「今は内閣記者会と戦争をするわけには行かない」として記者会見を閉ざすことを決めたのだった。

 ネットの普及などにより国民の多くは「官製・横並びの記者クラブ発ニュース」の胡散臭さに気付き始めている。それでも記者クラブという既得権益にしがみつく大メディアは、環境の変化についてゆけず死滅したマンモスを思い起こさせる。

 大新聞やテレビの記者たちには、そうした自覚などないのだろう。朝日新聞の記者は「そもそも記者会見は内閣記者会の主催という経緯がある」とこだわった。記者クラブの中でも最も権威的と言われる内閣記者会の威厳を誇示して首相やその周辺にクギを刺したつもりなのだろう。時代錯誤も甚だしく滑稽でさえあった。

 2010年3月26日、首相官邸での総理記者会見にネットメディアやフリーの記者18名が初めて参加した。フルオープン化に向けて第一歩は記された。
◆◆◆◆◆◆◆
ってことだったようで。しかし、ヒラノ官房長官更迭を進言した
(始まってから47分ほどのところ)のは愉快だね。ヒラノはど
んな表情でこの質問を聞いていたんだろう、想像するだけで楽し
い。オープン化らしい質問だ。しかし、記者クラブ以外の席がわ
ずか18席ね。どこまでふざけた奴らなんだクズ記者どもは。こ
の会見場自体がお前らのカネで維持管理している訳でもなく、税
金で賄われているものだ。

というわけで、実際はどんな会見が行われたかをUSTREAMって
いうビデオニュースですべて見てみた。
でもね、いつものことだ
が、鳩山首相のあまりに丁寧すぎる話し方はイライラするばかり
だね。「〜でございます」とか「国民の皆様のお暮らし」とかも
う少し普通に言えないのかな。誰か進言してやれよ。

傲慢質問の朝日新聞の馬鹿記者は「アリマ」という名前だったな。
元々朝日新聞の記者ってのはマスゴミの中でももっとも勘違いし
まくっている上から目線のクズどもが多いのは実体験なので、コ
イツの馬鹿質問には実に納得で、テメエらの捏造そのものの支持
率なるまがい物を持ち出しての鳩山首相の進退問題とかあまりの
アホな質問には笑えた。

読売新聞の記者の質問だが、もううんざりするしかない「カネと
政治」の問題。お前らそういうことしか興味がないのかよって気
分で、偉そうにしている内閣記者会ってのは所詮は政局問題と永
田町界隈の井戸端会議程度のことしか興味が無いってのが良く分
かる。記者クラブサイドが自分たちの既得権益死守でいるなら、
それはそれで良いんじゃないのかな。首相や閣僚の会見にしても
亀井静香みたいに記者クラブ相手のものと、海外や雑誌、フリー
などの記者相手の会見と二つ実施すれば良いだけだ。むしろその
ほうが外野見物としては楽しいね。亀井静香の会見読んでみても
記者クラブの会見はまったく面白くもない。二つの会見実施すれ
ば記者クラブで利権塗れのマスゴミのクズ記者どもがますます馬
鹿にされて行くだけなわけだ。

フリーの上杉隆は何だかオープン会見実施への感謝ばかりで、結
局は質問ありませんってことでどっちらけ。せっかくようやく参
加できたんだから厳しい楽しい質問をしろよ。何だかナーだ。ま
あ、以前から上杉隆なる人物にはあまり大きな期待はしてはいな
いんだが。

|

« 足利事件で貴重な人生を警察・検察・裁判官に破壊された菅家さんの再審公判で無罪。しかし、人の人生破壊した奴らは何の責任もないノホホン人生 | トップページ | 正気の沙汰でない生方幸夫なるクズ議員のマスゴミの餌食状態。そのクズ生方幸夫をベタホメする大橋巨泉の耄碌廃棄物状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/47922524

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相の初の一部オープン形式の会見がようやく26日に実施されたが、記者クラブのクズ記者どもの勘違いぶりが笑えた:

» 官邸記者会見のオープン化 いささか遅きに失した感ありですが [偏西風にのって]
 官邸記者会見のオープン化の第一歩が昨日開かれたようです。これが、陸山会土地取引問題でマスゴミネガキャンの最中なら、あの酷い偏向捏造洗脳報道も違った展開になっていたかもしれないのに。それもこれも官邸の... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 16時53分

« 足利事件で貴重な人生を警察・検察・裁判官に破壊された菅家さんの再審公判で無罪。しかし、人の人生破壊した奴らは何の責任もないノホホン人生 | トップページ | 正気の沙汰でない生方幸夫なるクズ議員のマスゴミの餌食状態。そのクズ生方幸夫をベタホメする大橋巨泉の耄碌廃棄物状態 »