« 毎日新聞の重チンジャーナリストまがい、岩見隆夫がツイッターを「正統な言論でない」と必死。そらそうだ、ツイッターでは機密費バラマキ問題が書かれまくっている。その岩見より悲惨な「天声人語」」 | トップページ | ミヤネなるキモイ奴が司会の「Mr.サンデー」ではアメリカ様の日本洗脳の手先手嶋を解説者に呼んで海兵隊・米軍基地マンセーの売国放送、さすがフジテレビクオリティ »

2010年5月 9日 (日)

日本の恥産經新聞がいまだにあのアメリカの一地方紙のアホコラムでの鳩山首相を「ルーピー」と侮辱した記事を嬉しそうに無批判に大きく取り上げてその厚顔無恥をさらしている

例のアメリカの地方紙ワシントンポストのなかの一コラムの中で
使用された「loopy(ルーピー)」なる言葉だ。外交上重要
な関係にある他国の首相を最大限に罵倒する言葉を使用した馬鹿
記者のトンデモコラムなのだが,そのコラムを批判する(自国の
首相が外交で頑張っているときだぞ)でもなく,それを嬉しそう
に「鳩山首相がアメリカの新聞の記事で馬鹿にされてやんの」と
まるで愚かなイジメをするクソガキのように日本の新聞などが大
々的に無批判に記事にして,それがアメリカの真意であるかのよ
うに偽装したそれこそ「ルーピー」な日本のマスゴミの哀しむべ
き売国実態があった。

本来なら自国の首相のことをあしざまに他国のマスゴミに言われ
たら,反論すべきが本来の姿なのにそれを捏造まがいに拡散拡大
して恥と言うものを知らないのが日本のマスゴミなのだ。

その羞恥心皆無の実体を反省することもなく,いまだにその件を
蒸し返してテメエのルーピーそのものな厚顔無恥の実体を晒して
いるのがマスゴミの中の究極のクズ産經新聞だ。今日の【土・日
曜日に書く】という普段ならあのいかがわしいトンデモ野郎ども
が跋扈する「正論」が掲載される紙面にある大きめなコラムだ。

そこでワシントン支局長・佐々木類なる「正論」に蔓延る連中と
同類の典型的なクズ記者が『「ルーピー」と書かれた首相』とい
うタイトルのアホコラムを書いて自分自身がルーピーな売国マス
ゴミクズであることをさらしている。


その中で
◆◆◆◆◆◆◆
 ≪「冷めたピザ」よりひどい≫
 だが、日米関係筋は、「どんな形であれ、ポスト社の見解を踏み外したものが掲載されるわけがない」と語る。かつて、米紙ニューヨーク・タイムズが小渕恵三首相を「冷めたピザ」と揶揄(やゆ)したことがあった。首相周辺は「電子レンジでチンすればおいしい」などと切り返す余裕があった。
 これに対し、今回のルーピーは救いようのない罵詈(ばり)雑言で、「日本の首相にこんな辛辣(しんらつ)な言葉を使った記事は見たことがない」と、日米関係筋は悔しがる。それを国会答弁で認めた首相も首相である。
◆◆◆◆◆◆◆
なんてあり、「日米関係者は悔しがる」と書いているのだが,一
体どんな関係者なのだ。お前のような奴のことか、そうじゃない
よな。オマラクズは悔しがるんじゃなくて欣喜雀躍ションベン垂
れそうなほど喜び,そのくそコラムを記事にしたんだからな。そ
んなに首相のことを思って悔しがるなら,そのゴロツキコラムを
書いたクソ記者に真意を尋ねるなんてアホをしていないで,どう
してそのコラムに何の疑問も抱かず日本中に垂れ流したんだとい
うことになる。むしろ日本のマスゴミとしては反論をすべきでは
ないのか。

考えて見ればわかる。もし、日本の例えば、産經新聞程度のメデ
ィアがオバマ大統領のことを今回のように罵詈雑言表現でコラム
にしたのをアメリカのメディアが嬉しそうに自国でそのまま記事
にして伝えるかを。アメリカのメディアならお前ら産經新聞を叩
きまくるぞ。

さらにこの痴呆状態のキチガイ記者は「それを国会答弁で認めた
首相も首相である」とまだ書いていて,その知能のないことを晒
している。この記者日本語もまともに理解出来ない馬鹿のようで
ある。


あの党首討論での鳩山首相の「私は愚かな首相かもしれない」発
言をその部分のみをストレートにしか理解出来ない(いや意識的
にそのように曲解している悪質な奴なんだろう)で、発言全体の
文脈の中で読めばまったくそういう意味での発言ではない
のだが,
この日本語もまともに読めないクズ記者程度で特派員をできるの
がクズマスゴミ惨軽チンブンの哀しき実態か。

あそうそう、野中広務発言で暴露された官房機密費賄賂として評
論家まがいやゴロツキマスゴミ連中にバラマキの件だが,本当に
まったくマスゴミは追跡記事にしないね。つまりはマスゴミ連中
にもたっぷりと賄賂がばらまかれていたってこと。とくにコイズ
ミ以降のあからさまな自民クサレ党ヨイショ報道見れば自明なん
だが。そして、このゴロツキクズマスゴミ惨軽を褒め讃えるアホ
のネットウヨどもも官房機密費バラマキは黙して語らず状態。よ
くわかるね。ネット上でも自民クサレ党がはした金にすり寄るネ
ットウヨゴロツキに工作金をばらまいていたってことだ。自民ク
サレ党にはその手のネット工作専門が確かいたよな。

|

« 毎日新聞の重チンジャーナリストまがい、岩見隆夫がツイッターを「正統な言論でない」と必死。そらそうだ、ツイッターでは機密費バラマキ問題が書かれまくっている。その岩見より悲惨な「天声人語」」 | トップページ | ミヤネなるキモイ奴が司会の「Mr.サンデー」ではアメリカ様の日本洗脳の手先手嶋を解説者に呼んで海兵隊・米軍基地マンセーの売国放送、さすがフジテレビクオリティ »

コメント

私もそのときの言葉聴きました。「私はおろかな首相かも知れません」の後に続く言葉があるのですよね。愚かな、を覆す言葉なのに、意図的に無視する態度は呆れ果てるばかりです。 ハトさんも揚げ足取りされるような不用意な言葉を出さないようにとハラハラしています。
あの人は一言、余計な言葉が多いです。民主党の中にもウブとかヨコとかマエとか気に入らない連中はいますが、なんとか支えるつもりです。

特に基地問題の当事者は、日本の国民です。我が市にも基地があります。他人事ではありません。どんなことがあろうとも、私は日本の総理大臣の背中を押していきたいです。 

投稿: ばーば | 2010年5月 9日 (日) 14時34分

ばーばさん、こんにちは。
そう、あの愚か発言はいわゆる反語表現。〜だが、しかし・・・・・
であり、言いたいことは・・・・の部分なんですよね。〜の部分は
それをより強調するため。そんな日本語の微妙な表現も理解でき
ない馬鹿が記者している悲惨さです。

まあ、それもそうですが、鳩山首相もあのイライラさせる馬鹿丁寧
すぎる喋りもどうにかして欲しい。ぶら下がり会見でもあまりに
丁寧すぎるし,表情も硬くて生真面目すぎ。ぶら下がりなんて止めれば
良いのですが,止めなくてもあの記者連中は所詮新米ばかり。
もっとざっくばらんに余裕を持ってユーモア入れて,馬鹿質問には
韜晦表現で返すぐらいの言語能力が欲しい。しかし、結局のところ
鳩山首相ってのは解がひとつしかない理科系の思考しか出来ない
上に,生真面目すぎ、悪人になれないんでしょうね。つまりは
政治家には向かない人なんです。まあ,それでも頑張っているから
見守るしかないんだが。

投稿: kabumasa | 2010年5月 9日 (日) 15時19分

ゴロツキ産経新聞は売国奴ではないか。自国の総理大臣がバカ呼ばわりされているのを、しつこく報道する新聞の下劣さ、鬼の首を取ったように記事を書く糞ガキ記者、自分の顔に唾を吐きかけているようなものだ。日本国民何百万読者に記事を売って生活しているなら、もう少し日本国民としての矜持を持った記事を書いて貰いたい。

投稿: ヤス | 2010年5月 9日 (日) 21時10分

日本人は戦後60年のあいだに呆けた、アメリカ文化に汚染され、もし中国、韓国が日本に攻め込んでも助けてくれると思っている、夢、アメリカは自国の経済利益で動く、尖閣諸島、竹島問題でもアメリカは我関さずの態度、むしろ日本が滅びたらアメリカは債権の問題が解決する、泣くのは国民、政治家は外交で遊んででいるのでは、各自治体の議員も同じ、むしろ怖いのは中国、外交が上手、人件費の安い国に工場を、いずれ日本は空洞化する、中国に多くの工場を、技術は盗まれる、我々がMade in Japanと思っている製品も、東南アジアで製造された部品が多く、どこで組み立てらているのか分からない実態、いかなる巨大な国も亡びる、日本人も一旦貧乏になり再スタート。日本は昔フランスがアルジエリア?で傭兵をそれと同じ事をアメリカ軍人に仕事を提供しているだけでは。政治、外交で強くなって欲しい、

投稿: 武内 弘久 | 2010年5月22日 (土) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/48313569

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の恥産經新聞がいまだにあのアメリカの一地方紙のアホコラムでの鳩山首相を「ルーピー」と侮辱した記事を嬉しそうに無批判に大きく取り上げてその厚顔無恥をさらしている:

« 毎日新聞の重チンジャーナリストまがい、岩見隆夫がツイッターを「正統な言論でない」と必死。そらそうだ、ツイッターでは機密費バラマキ問題が書かれまくっている。その岩見より悲惨な「天声人語」」 | トップページ | ミヤネなるキモイ奴が司会の「Mr.サンデー」ではアメリカ様の日本洗脳の手先手嶋を解説者に呼んで海兵隊・米軍基地マンセーの売国放送、さすがフジテレビクオリティ »