« あまりの暑さに元からない思考力がアホのアベシンゾー並に激減。最近のツイート羅列でご機嫌伺い | トップページ | あのゴミウリ新聞にさえ日本振興銀行事件で逮捕の木村剛との関係を「蜜月関係」と書かれているのに、「木村容疑者と個人的な付き合いはない」とシラ切る哀れなタケナカヘーゾー »

2010年7月21日 (水)

wikipediaに“誠実な金融ゴロ木村剛”がコイズミ似非カイカク賛美推進で作った大笑い賞「誠実な企業賞」が書かれていて、アホな受賞企業一覧もあった

コイズミ似非カイカクの腐敗の象徴、日本振興銀行事件で逮捕さ
れた金融ゴロ木村剛とマスゴミ界の究極のゴミ産經新聞がつるん
ででっち上げたお笑い賞「誠実な企業賞」てのをどんな企業が受
賞したのかなと思っていたら、wikipediaに“誠実な金融ゴロ木村
剛”がコイズミ似非カイカク賛美推進で作った大笑い賞「誠実な
企業賞」が書かれていた。
◆◆◆◆◆◆◆
誠実な企業賞
誠実な企業賞(せいじつなきぎょうしょう; Key Firm of Integrity Award)とは、産業経済新聞社とKFi株式会社が主催し、毎年開催している賞である。コンプライアンスや内部統制に関して積極的に取り組んでいる企業が表彰される。

2002年に設立され、第1回が2003年に開催された。大賞、事業法人部門賞、金融機関部門賞の3つに分かれ、それぞれの部門においてコンプライアンスや内部統制に関して積極的に取り組んでいる企業が表彰される。受賞企業の選考プロセスとしては、まず株式会社インテグレックスが実施しているアンケート調査を元に推薦企業を決定し、KFi株式会社が更に推薦企業の調査を行って受賞候補企業を選定する。最後に審議委員会で審議を行い、各部門の受賞企業を決定する。大賞を連続して受賞することはできないものの、部門賞を受賞した企業が翌年に大賞を受賞することは可能である。 なお第1回大賞の三菱地所は受賞後、大阪アメニティパーク(OAP)の分譲マンション販売に際して、土壌汚染の事実を顧客に告げずに販売していた問題が発覚し、2005年に宅地建物取引業法違反(重要事実の不告知)の容疑で、共同事業者の三菱マテリアル、大林組などと共に書類送検された。そのため、賞そのものへの批判も一部投資家の間であったようだが、結局賞の剥奪等はなされなかった。

受賞企業
開催年       大賞       事業法人部門賞   金融機関部門賞
第1回(2003年) 三菱地所株式会社 株式会社ダイセキ みずほ信託銀行株式会社
第2回(2004年) 株式会社なとり    日本電気株式会社 株式会社滋賀銀行
第3回(2005年) 大日本印刷株式会社 麒麟麦酒株式会社 信金中央金庫
第4回(2006年) 花王株式会社 イオン株式会社 株式会社新生銀行
第5回(2007年) エーザイ株式会社 凸版印刷株式会社 株式会社大垣共立銀行
◆◆◆◆◆◆◆
まったく世話ないアホな企業どもだ。コイズミ似非カイカクなる
国民騙しの詐欺に加担したクズ、金融ゴロ木村剛なる“誠実なる
犯罪者”に褒められて喜んで受賞していたんだからどんだけアホ
なのか。まあ、産經新聞や金融ゴロ木村剛なんかに簡単に騙され
てしまうのが日本企業クオリティってとこか。コイズミの郵政詐
欺選挙に簡単に騙されたB層国民と変わりやしない。

|

« あまりの暑さに元からない思考力がアホのアベシンゾー並に激減。最近のツイート羅列でご機嫌伺い | トップページ | あのゴミウリ新聞にさえ日本振興銀行事件で逮捕の木村剛との関係を「蜜月関係」と書かれているのに、「木村容疑者と個人的な付き合いはない」とシラ切る哀れなタケナカヘーゾー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/48934763

この記事へのトラックバック一覧です: wikipediaに“誠実な金融ゴロ木村剛”がコイズミ似非カイカク賛美推進で作った大笑い賞「誠実な企業賞」が書かれていて、アホな受賞企業一覧もあった:

« あまりの暑さに元からない思考力がアホのアベシンゾー並に激減。最近のツイート羅列でご機嫌伺い | トップページ | あのゴミウリ新聞にさえ日本振興銀行事件で逮捕の木村剛との関係を「蜜月関係」と書かれているのに、「木村容疑者と個人的な付き合いはない」とシラ切る哀れなタケナカヘーゾー »