« 高地で温泉三昧で2泊3日した万座温泉はやはり最高の避暑地だった。帰宅してあまりの蒸し暑さにぐったり。予算委審議聞いてさらに蒸し暑さ倍加 | トップページ | 非実在高齢者が全国で増加中で、これらの家族のいい加減さと役所の怠慢がますます鮮明になって来たようで »

2010年8月 3日 (火)

衆院予算委が始まってますます鮮明になって来たのが菅直人なる人物が哲学・理念なき政治家ということで、野党政治家としてやじることしか能のない実質的には官僚の操人形だということだね

昨日の衆院予算委中継をなんとなく見てしまったのだが、カン首
相の生気がないと言うか自分の理念を実現したいために首相をし
ているものをまったく感じさせない答弁を聞いていると、昨夏の
盛り上がった衆院選は一体なんだったんだと思うしかない幻滅を
感じるばかり。市民派、人権派などというものの如何わしさを再
確認したかのようだ。あの脳無しの典型千葉景子をそのまま法相
として議員落選後も大臣継続させた認識の甘さもカン首相の頭の
悪さを示すものだが、だいたい「最小不幸社会」などというネガ
ティブなスローガンを言い出した時にその馬鹿ぶりに「これはあ
カン」と絶望的だったんだが。

だいたい、菅直人は国家戦略担当大臣だった時も実質的にはなん
の成果というか仕事をまったくしていなかったのと同然だったし、
財務大臣を引き継いだあとも結局は財務官僚の操人形に堕しただ
けというのが総理になってからの数々のボケ発言で晒されてしま
ったし、基本的に菅直人には哲学・理念のある政治なんて元から
なく、野党政治家として実態はやじることしか出来ない人物だっ
たってことがますます鮮明になって来ただけなんだよな。小沢一
郎をあれほどしつこく攻撃して来た(現在も誹謗中傷報道をさら
し続ける)マスゴミの扱いと比べて、カン首相の扱いのあまりの
違いにいかに菅直人がマスゴミ、官僚、財界、その裏のアメリカ
様が扱いやすい木偶の坊だというのが分る訳だ。

今日のツイート

児童虐待:相談件数は激増しているのにまともな立入検査はほとんどなし。100歳以上とかの高齢者の実態把握もまともにせず。児童、老人ともにその担当である役人たちは事なかれ主義そのもののように書類上で適当に処理するだけで責任ある仕事として取り組んでいない実態がさらけ出て来たような最近
posted at 21:49:03

夏の怪談として楽しめる高齢者非実在問題で、八王子市でも102歳とされる男性の所在が確認できていないことが3日分ったんだってさ。男性は息子(故人)の妻と2人暮らしだが、100歳となる07年8月末職員がお祝いで自宅訪問を訪ねたら家族に「いない」と言われそのまま。戸籍制度もうボロボロだ
posted at 13:55:32

国会の予算委は今日もやっているようだが、昨日見て蒸し暑さますだけなので今日はスルー。ニュースでは公明党の井上義久が鳩山、小沢の政治資金問題をまだグダグダ質問したようで、「国会での説明責任を果たしていない」とうんざり馬鹿発言。ならばお前らとカルト本体のカネ問題の説明責任を果たせよな
posted at 13:48:08

足立区の111歳都内最高齢男性が30年以上前にすでに死亡発覚で、杉並区が113歳都内最高齢女性を調査したらあっさりと非実在が露見してしまったほどだから、この手の類似案件が全国に遍在しているのは確率から見ても相当数ありそう。戸籍制度などの根幹が問われているな。夏の怪談として面白いが
posted at 13:40:28

4万人以上の100歳以上がいるらしいが、かなりの数が実在を確認できていないらしい。これも懐の痛まない役人の怠慢だな。保険受診(なりすましも出来るが)や介護利用などを調査するればある程度は把握できるはず。その結果を元に直接確認などすれば良い訳で、その程度のことさえしていない役所な訳
posted at 13:36:14

113歳最高齢非実在事件なんてのは「コールドケース」の反対みたいで面白い。次男と住んでいるはずのアパートはすでにないわでミステリー度倍増。朝日新聞の記事の中で、区から毎年「長寿祝い」カタログが来たが、「母がいないのにいただくのはどうか」とはがきで断ったと。つまりは役人の職務怠慢も
posted at 13:29:30

杉並区の都内最高齢女性非実在判明事件だが、長女と現住所に住民票を移したのに、長女は「最初から母と一緒に暮らしていない」と説明。さらに問題の113歳女性は公的年金を受け取っていないし、医療保険や介護保険料の支払いを長女名義で支払われていたなど年金詐取などもなく実にミステリアス。
posted at 00:32:50

|

« 高地で温泉三昧で2泊3日した万座温泉はやはり最高の避暑地だった。帰宅してあまりの蒸し暑さにぐったり。予算委審議聞いてさらに蒸し暑さ倍加 | トップページ | 非実在高齢者が全国で増加中で、これらの家族のいい加減さと役所の怠慢がますます鮮明になって来たようで »

コメント

【変節は今に始まったことではない】
下記の文章は『蟷螂舎斧助』サンのブログ(2010.06.11)にエントリーされた記事『市川房江と菅直人』です▼この記事は全く注目されていませんが,あらためて読むと「市川房江さんの精神を引き継いで」というのが口癖の菅の変節が今に始まったものではないということがよくわかります▼世の中口先人間が結構いますが,このような哲学も理念もない人間を総理としていただかないといけない我々国民は悲惨です(>_<。)▼いったい昨年の総選挙による政権交代は何だったのでしょう。当初より感じていたことですが,当選回数の多寡とは関係なく,当の民主党議員の中に政権交代の意味が全くわかっていないと思われる輩が多々見られたことです。これはいったい何を意味するのでしょうpaper▼初めから彼が「市川房江の精神を引き継いで」いないことは誰の目にも明らかであり,市川房江の名前を出すことは彼女に対する冒涜以外の何ものでもありません。広く拡散をお願いします。

http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/227248/220480/34702991

投稿: ご隠居 | 2010年8月 4日 (水) 16時50分

今日の国会では、自民の西田昌司氏が、『これまでの多額の脱税で告訴された例は無いんですか?』みたいな質問したら、この簡単明瞭な質問にさへ、国税庁側はなんとも間の抜けた返答、だいたい小学生の国語レベルで分かる質問にも明瞭に返答しようとしない出来ないこの政権は何なんでしょう。こりゃ~ダメですわ!

投稿: 京 | 2010年8月 4日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/49050533

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院予算委が始まってますます鮮明になって来たのが菅直人なる人物が哲学・理念なき政治家ということで、野党政治家としてやじることしか能のない実質的には官僚の操人形だということだね:

« 高地で温泉三昧で2泊3日した万座温泉はやはり最高の避暑地だった。帰宅してあまりの蒸し暑さにぐったり。予算委審議聞いてさらに蒸し暑さ倍加 | トップページ | 非実在高齢者が全国で増加中で、これらの家族のいい加減さと役所の怠慢がますます鮮明になって来たようで »